雑記という名の好きかって書いた記事たち

夏休みの読書感想文に最適!アニメ化もされた「ざんねんないきもの事典」をレビュー

 

2018年8月某日、わたしはある1冊の本と衝撃的な出会いを果たしました。

おもしろい!進化の不思議 ざんねんないきもの事典

 

もうタイトルからして興味をビンビンに引きやがるこの本、わたしの頭の中は言葉では言い表すことのできない妙な興奮に包まれていました。

調べてみたところ、2016年に今泉 忠明さん監修で発行されたようで、内容が、生物の進化の仕方が残念なものについてわかりやすく解説しているとのこと。

そそる。非常にそそります。

こう見えてわたくし、生き物が好きすぎて小学校の時は「いきもの係」を4年間勤め上げた程の生き物大好きっ子。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
だれだ!微妙って言ったやつ!

 

その気持ちは40歳目前になった今も変わらず、暇があれば水族館やら動物園やらに出かけるくらいです(つたわる?)

そんな生き物大好きっ子のわたしが、「ざんねんないきもの事典」があまりにもおもしろすぎたので勝手にレビューさせていただきます!

子供にねだられているあなた!買うべきかどうかはこのレビューを読んで判断してくださいね。


 


ざんねんないきもの事典は買い

まず最初に言いたいのは、生き物が好きとか嫌いとか関係なく、「ざんねんないきもの事典は買うべき!」です。

理由としては、単純に読み物としてのおもしろさ、雑学が増える楽しさ、ページをめくる手が止まらないくらいに引き込まれるわかりやすい解説、どれをとっても読者をひきつける要素が満載の1冊なんです。

ざんねんないきもの事典は、2018年現在で3冊発行されています。

・ざんねんないきもの事典

・続ざんねんないきもの事典

・続々ざんねんないきもの事典

本シリーズのなにがすごいって、子供たちの支持が圧倒的なところです!

初版は2016年と、2年ほど経過しているのにもかかわらず、2018年度の「こどもの本総選挙」ではざんねんないきもの事典が堂々の第1位!

さらに、続ざんねんないきもの事典もさりげなく4位にランクインしています。

そして、監修を務めた今泉 忠明さんは、日テレの人気番組「世界一受けたい授業」に出演するほどです。

これだけ各方面で評価されている本シリーズが、それだけ内容も素晴らしいということは容易に想像できるかと思います。

もうこの時点で買わない要素が見当たらない!

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ちょっとゴリ押ししすぎだってばよ

 

実績面では、かなりの功績をあげているわけですが、実はこれだけではないんです!


2018年8月にはEテレでアニメ化もされた

さらに圧巻だったのは、2018年8月にEテレでアニメ化までされちゃったんですよ。

アニメ化ですよ?すごくないですか?

この手の書籍がアニメ化されるのはかなり異例なんじゃないですかね。

年間にどれくらい書籍が発行されているのかは分かりませんが、少なく見積もっても数千冊単位ですよね。

その中からアニメ化されるのは、ほんのごく一部の書籍だけです。

そのごく一部に選ばれた本シリーズがいかにすごいか、考えただけで震えます。

アニメはリアルタイムでは見られなかったんですが、なんとか再放送を見ることができました。

本を読んで知っていたのにもかかわらず、「へぇ~」と思わずつぶやいてしまいましたよ。

もうすっかりファンですねわたし(笑)

初版から年単位で時間が経っていても、いまだにこれだけ人気があるのは、本シリーズが本当におもしろいからだとわたしは思っています。

ちなみに、このアニメ化されたざんねんないきもの事典ですが、2018年10月26日にはDVDがリリースされます!

 

amazon限定バージョンが2,267円と若干お得に購入な上に、なんとステッカーまでついてきます!(いる?)

今でもEテレでは、ときどきざんねんないきもののミニバージョンは再放送していますが、全てを見ることは今現在できません。

全放送を見るのであれば、DVDが一番手っ取り早いです。

小さなお子さんがいるご家庭でも、動物の映像として見ることができるのでおすすめです。


おっさんがざんねんないきもの事典を読んだ素直な感想

40歳目前のうす毛のおっさんが読んだ素直な感想としては、「おもしろい」の一言です。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
語彙力(笑)

 

初めは、どうせ子供向けの本なんだろうと、なめてかかっていましたが、開始5ページももたずにどっぷりざんねんないきものたちにドはまりしていました。

わたしたちが普通に生きているこの世界には、まだまだ知らない多くの謎が隠されています。

その中でも、人間以外の生き物のことを、わたしたちはほとんど知らないって知ってました?(ややこしい言い回し)

たとえば、ざんねんないきもの事典を読んで得た知識の中に「てんとう虫は鳥でさえ吐き出すほどまずい」というのがあります。

あなたは、てんとう虫が捕食者である鳥に吐き出されるほどまずいと知ってましたか?

ほとんどの人が、知らないはずです。(かくいうわたしも、もちろん知りませんでした)

てんとう虫なんて、恐ろしく身近な昆虫の1種ですよね。なのにわたしたちは、てんとう虫の味すら知らないんです。

もうひとつ例にしてみると、「アライグマは食べ物を洗わない」って知ってました?

思わず「えっ?!アライグマって、食べ物洗わないの!?」ってなりますよね?

なんだったら、「じゃー、なんでアライグマって名前ついてんだよ!」と、思わずツッコミたくなるはずです。

このように、ざんねんないきもの事典は、読み手に「おもしろい」と「だれかに言いたい雑学」を次から次に投げてきます。

これがまた凶悪なんですよ。

ほんと、読み始めたら手が止まらない止まらない。「早く次をくれ!」と、指と脳がよだれをたらしてしまうほどです。

本シリーズを読むことで、生き物への関心と知識が深まり、ついついだれかに内容を話したくなる衝動を得ることができます。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
合コンのネタにも使えるし、会社の飲み会でひけらかすのもいいかも!

 

そしてもうひとつ。読んでいると、なにか懐かしさを感じるんですよ。

なぜだかはわかりませんが、ざんねんないきもの事典を読んでいると、生き物たちと触れ合っているような、そんな不思議な感覚になるんです。

幼いころはあんなに好きだった生き物たちも、大人になるにつれてどんどん触れる機会が減りました。

かといって、このご時世に自然と触れ合う機会もなかなかありません。

そんな心の隙間を、ざんねんないきもの事典はきっちり埋めてくれます。

わたしの変態的な感想はアレとして、おもしろい本であることは間違いありません。

まだ読んでない人は、これを機会にぜひ一度読むことをおすすめします。

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

子供の読書感想文に最適

最後に、本シリーズは子どもの読書感想文に最適であることをお話していきます。

理由としては、まずなによりも読みやすいことにあります。

むずかしい言い回しや文章がひとつもなく、小学生くらいになればそこそこ理解できる内容です。

現にわたしの子供も、全ては理解できていなくても、う○こにそっくりな虫がいることは理解していました。

高学年であれば、充分内容を把握できるでしょう。

また、解説も丁寧で、わかりやすくかみくだいて説明しているのもポイント。

読書感想文は、本のチョイス次第で非常に苦戦する課題です。

さらに、読書は子供特有の飽き性が発生しやすいのも痛いですよね。

しかし、本シリーズは、内容が一貫していることと、読み手をぐいぐい引きつける吸引力がありますので、最後まで読み切ることはそれほど難しくありません。

感想文にまとめあげるときも、ひとつ、ふたつを例にとってそれに対する感想と意見を述べるだけで、楽に文字数を稼ぐことができるはずです。

毎年、読書感想文に苦戦しているご家庭には、非常におすすめの1冊となっています。

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

まとめ

ざんねんないきもの事典についてお話してきましたが、このシリーズは本当に魅力あふれるシリーズです。

読み終わったとき、「あ~、おもしろかった!」と口から自然と感想がもれてしまうこと間違いなし。

子供ときゃっきゃしながら読むこともできますし、ひとりでふむふむなるほどしながら読むこともできます。

最近おもしろい本に出会えてないな~」と思ったら、ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger