生活が充実するちょっとしたライフハック

副業が会社にバレる理由は税金のせい!バレないための方法を解説

 

サラリーマンのおっさんたち、今日も元気に副業してまっか?

わたしも元気に副業しましたよ。

今月から、いつもお仕事をくださるクライアントさんが新しい分野を切り開きたいということで、わたし自身新しい分野と新しい試みで挑戦させてもらっており、エブリデイがフレッシュな副業ライフでございます。

そんな充実した副業ライフですが、いつも気になっているのは、今以上に稼ぐ方法と「会社にバレたらやっべーぞ!」ってことですよね。

というか、8割以上がこれですよね(笑)

わたしも実は気になっておりまして、どうやったら会社にバレないようにすることができるかと死にものぐるいで逃げ道方法を探しておりました。

今回は、いつもとは少し方向性を変えて「副業がどうやったら会社にバレないか」について、学びたてほやほやの知識を披露していこうと思います!

 


会社に副業はバレたくない!副業をバレないようにする方法はめんどうだけど簡単

 


そもそもなんで副業ってダメなの?

 

そもそも、副業禁止の理由って知ってますか?

わたしは正直なところ知りませんでした。

これですね、個人的には会社側のただのわがままだと思います。

以前から憲法でも「公共の福祉に違反しない限り、誰でも居住と職業は好きに決めていいよ」としています。

簡単に言うと「みんなに迷惑かけないなら住む場所と仕事は好きにしてね」ってことです。(多分)

さらに、労働法でも副業を禁止する的なことは一切明記していません。

公務員は公務員法に副業はダメよって、書いてあるらしいけど。

憲法的には副業について触れていないのに、会社がNGをだせる理由、それは就業規則です。

就業規則(社内規定とも言う)とは、会社が社員に対して定めてる会社内の約束事のことを言います。

その就業規則の中で、ほとんどの会社が副業を禁止するとしているわけです。

憲法が明確に副業OKと言えば会社側は抗うことができませんが、良いとも悪いとも言ってない分、会社側で規則として副業を禁止することができてしまうんですよ。

会社つえええええええ!!!

では、会社が副業を禁止する理由とは?

本来、会社員が優先するべきことは、勤め先の業務ですよね?

ここでみなさんに質問です。

仮に、副業が波に乗ってきて、本業以上の収入を得ることができるようになってきました。

みなさんならどうしますか?

わたしなら「本業を辞めて、副業を本業にします」です。

当然ですよね?

手取り25万しかない本業と、手取り100万の副業だったら、副業を取るのが当たり前です。

もし、本業の時間を副業に当てることができたら、150万まで収入が伸びるかもしれません。

つまりは、そういうことです。

会社側は、本業を疎かにして、副業に熱を入れられるのがおもしろくないんですよ。

だから副業を禁止するんです。

副業が禁止の理由って、めっちゃちっちゃい理由なんですね・・・

・働き方改革は副業を推している

 

最近よく話題になってた「働き方改革」、賛否両論があっておもしろかったですよね。

わたしが務めている会社でも、その影響は大きくて、今年から休日が異様に増えました(笑)

繁忙期とか残業時間が70時間オーバーでしたからね・・・

私的なお話はおいといて、その話題の働き方改革では、実は副業を推してるんですよ。

政府が発表した「働き方改革実行計画」の中の「副業・兼業の推進に向けたガイドラインや改訂版モデル就業規則の策定」では

「副業・兼業を希望する方は、近年増加している一方で、これを認める企業は少ない。労働者の健康確保に留意しつつ、原則副業・兼業を認める方向で、副業・兼業の普及促進を図る

太字のところ注目してください。

めっちゃ認めるって書いていますよね。

これのおかげで、今年から条件付きではありますけど、副業OKの会社が増えたんですよ。

でも、多分9割くらい(わたしのあてにならない体感)の会社が副業はダメなはずです。

早くこの働き方改革が浸透してくれることを強く願うばかりでございます。


副業が会社にバレる理由

 

こっそりやってる副業が、なんで会社にバレるんですかね?

わたしはこれが非常に疑問でした。

その疑問を解決するべく、早速ネットで検索したところ、その理由や経緯はいくらでもでてきますが、何せその出てくる言葉が難しすぎます。

なんでもっと簡単な言葉で解説してくれないの?って思ったので、ものすごく噛み砕いた、わたしなりの言葉で解説していきます。

・住民税のせいでバレる

 

わたし、社会人歴約20年なのに「税金」とかさっぱり理解してないんですよね。

とりあえず本来もらえるお給料から、税金という名の悪魔がわたしのお金をめっちゃ抜いてるってことは理解しています。

副業が会社にバレる理由の多くは、その「税金」のせいなんですね。

難しい言葉にすると「住民税」です。

住民税がもしかしたらわからないって方もいるかもしれません(わたしです)ので、軽くご説明申し上げますね。

みなさんが住んでいる地域では、環境を維持するためにお金がかかっているわけですよ。

ゴミの処理とか、イベント事とかですね。

それらは、市町村の収入だけではとても賄うことができない、大きな金額となって市町村の財政を苦しめます。

それを町の住人たち、つまり我々パンピー(古い)に一部負担してもらおうというものが住民税です。

話を戻しまして、住民税のせいでなぜ副業がバレるのかと言いますと、税金の徴収方法が原因です。

また難しい話になりますが、自営業(自分でお店をやってる人)ではない、サラリーマン(会社に雇用されている人)は、会社が確定申告というめんどい作業をやってくれます。

確定申告とは「あなたが1年間でこれだけ稼いだから、税金はこれだけね」という、我々の税金の支払額を確定することです。

副業の確定申告についてですが、「副業の収入が20万円を超える」場合、これに税金が発生しちゃうので、確定申告をする必要がでてきます。

この確定申告を個人で行うとなると、非常に手間がかかるわけですが、サラリーマンの場合はそれを会社が一括して行ってくれてるわけです。

ですが、副業の場合は確定申告をかわりにやってくれる人がいないので、当然、自らの手で行うわけですが、実はこの時にバレてしまうんですよ。

確定申告の結果は、自分の所在地の役場(市役所的なもの)に通知されます。

その通知を受けた役場は、それを元に税金を計算して、勤め先の会社に通知します。

勘の良い方なら、この時点でご理解いただけかもしれませんね。

自分の勤め先のお給料の確定申告(会社が行ってる) + 副業の収入(自分で行ってる)

2つの収入が役場に届き、役場は住民税を計算します。

勤め先だけの収入であれば、住民税が10万円のところ、副業分がプラスされているので、12万円になったとします。

その結果が会社に届くんですよ?

そりゃ、バレるわ(笑)って話です。

難しい言葉がいっぱいでしたけど、要約すると、本来の収入(本業)以上の収入(副業)が役場に届くので、そこから会社側にバレるってことです。

つまり、役場が諸悪の根源ということですね!

・同僚に副業をしてることを言うのはNG

 

副業が会社にバレる理由として、同僚の密告が考えられます。

どういうことかと言うと、お酒の席で「実はオレ、副業してんだよねー」なんて口が避けても言うんじゃない!ってことです。(やっべ、わたしこの間おもいっきり同僚に言っちゃったよ・・・)

人の口に戸は立てられぬと申しますとおり、気のおけない同僚に軽い気持ちで告げたが最後、みなさんの楽しい副業ライフは暗雲に閉ざされることでしょう。

わたし個人からの注意勧告ではございますが、副業を行っていることは、できるだけ秘密裏にしておくことをおすすめいたします。

なんというか、妬み嫉み的なものって、わたしたちが想像している以上にパワーが強いんですよ。

「俺が手取り20万で毎月苦しいのに、あいつは30万近い収入があるなんて!」って、普通に思われちゃいますからね。

この嫉妬から繰り出される行動力とエネルギーには、ほんと気をつけてくださいね!

結論:副業は黙っているのが吉

・副業の収入が手渡しならバレない?

 

先程の住民税の部分でもありましたが、副業を自らの手で行っている(転売など)ものだとしたら、会社側にバレることはないのではないでしょうか。

自分で商売しているわけだし、それで発生した利益も、どこを介すことなく自分の口座に振り込まれるわけですから、会社にバレる理由はひとつもないように思えます。

ですが、それは落とし穴です。

会社は役場に毎年1月ごろに確定申告の内容を通知するので、会社以外の収入で確定申告があれば、その時点で会社側との差がでてしまいます。

簡単に言うとバレます。

基本的には、何をやっても、どんなタイプの副業でも会社側にはバレると考えておけば良さそうですね。


副業を会社にバレないようにする方法

 

会社に副業がバレる確率はかなり高いことがわたし調べでわかりました。

ですが、全てのサラリーマン副業ニストたちはそんなことはどうでもいいと思っているはずです。

我々がもっとも欲している情報、それは「会社に副業がバレない方法」ですよね?

血眼になって調べた結果、結論から言ってしまうと「手段はあるけど面倒」です。

面倒ではありますが、我々の選択肢は1つしかありません。

やらなきゃ(隠さなきゃ)やられる(会社にバレる)

この合言葉を胸に秘めて、早速隠ぺい工作についての知識を得ることにしましょう。

・住民税の支払い方法を「自分で納付」にする

 

確定申告を行う際、確定申告書という書類に必要事項を書いていくわけですが、その中の項目に「住民税・事業税に関する事項」という部分があります。

ここでは、住民税の徴収方法を選択することができます。

すなわち「給料から天引き(Hell)」or「自分で納付(Heaven)です。

ここまで読んでもらえていたら、答えはおわかりかと思いますが、ここは当然「自分で納付(Heaven)を選択してください。

給料から天引きにしてしまうと、当たり前の話ですが、会社に通知がいってしまい、会社が預かり知らない収入を発見されることなります。

なに言ってるのかわからない方のために簡単に言うと、シンプルにバレます。

逆に言えば、自分で納付してしまえば会社側に通知が行くことはないのでバレない、というわけですね。

この選択肢こそが運命の分かれ道になっていますので、死んでも間違えないように、確定申告書を記入する際には、まっさきにこの部分から記入した方が良いかもしれません。

ここで1点、注意することとして、「自分で納付」するにチェックをいれているわけですから、自分で住民税を払うことを忘れないように気をつけましょうね。

・最後の手段は「役場に直談判」

 

住民税の支払い方法も変更したし、これで一安心だわ(にっこり)なんてしてはいけません。

次は、役場のいらない気遣いにも警戒をする必要があります。

どういうことかと言うと、役場がいらぬ気を利かせて、会社に連絡をいれることがあるそうです。

せっかくこっちが会社にバレないように奮闘してるっていうのに、役場がそれを暴露してしまうという・・・

こなってしまっては、全ての努力が水の泡となりますので、最後にもう1つ手を打っておきましょう。

やることは至ってシンプルです。

役場にこっちから連絡を入れて、会社への通知を阻止してしまいましょ!

この方法が、最強にして最後の手段の「副業を会社にバレないようにする方法」です。

 

まとめ

 

副業バレたくない!パワーがすごすぎて、ついつい長くなってしまいましたが、同胞のみなさんにはうまいこと伝わりましたでしょうか?

今回の記事のまとめです。

 

まとめ

副業は会社はダメって言ってるけど国はいいよっていってる

副業がバレるのは、住民税の納付金額が会社で算出した金額よりも多くなるせい

副業をしていることを会社の同僚に言ってはいけません(そこから会社に漏れる可能性がある)

副業の収入が例え手渡しだろうがなんだろうが何をやってもバレるものはバレる

副業をバレないようにするには住民税の納付を自ら手で行うように確定申告時に申請する

それでも役場から会社に通知が行く可能性があるので、最後の手段は役場に自分で直接連絡する

 

こんなところでしょうかね。

去年から始めたわたしの副業収入も、今のペースでいくと確定申告が必須の20万円以上になることは間違えありません。

というか、心配になって計算してみたらすでに越えていました(笑)

楽しく明るい副業ライフを送るには、副業ニストであるわたしたち自身が自分を守っていく必要があります。

この記事を読んで、今からしっかり入念に準備しておきましょう!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger