MENU
おっさんによるおっさんのためのポケモン

【ポケモン】色違い厳選の沼にハマったおっさんが唯一無二のコツを伝授する

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
そろそろポケモンも飽きてきたなぁ・・・
wife
wife
全シリーズでトータル1000時間以上プレイしてんだから飽きるにきまってるわ
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
飽きたというよりも、やることがなくなってきた感じなんだよね
wife
wife
ちょっとまて。そんなおまえにおすすめなのが”色厳選”だ!

とある昼下がりに繰り広げられた、とある夫婦のステキなトーク。

えっ!?熟年夫婦が昼間っからポケモントークとか普通しなくね?

子供に触発されて再燃したポケモン熱も、2年も経過するとさすがに火勢が落ちてしまい、最近では3DSの電源を入れるだけ入れてポケモン図鑑を眺め続けるだけの毎日。

そんなある日、wifeからなにげなく放たれたひとこと

色違いとか集めてみたら?

ポケモンにおける色違い厳選は、「ドMプレイ of  ドMプレイ」「King of ドMプレイ」「ドがつくMプレイ」として有名ですよね。

わたくしうす毛のおっさん、正直言って、色違いとかまったく興味がありません。

色違いとかそうそう簡単にゲットできるもんじゃないくらいしか知識がなく、出るまでリセットしたり、延々と草むらを歩き続ける作業のどこがおもろいねんと、この時点ではやる気がゼロでした。

なので、wifeの助言も

はいいいいい!喜んでやらせてもらいますうううううう!!!」(はぁ?だまってハナクソでもなめとけやwwwwwwwwwwwwww

と、内心と行動に大きなギャップを残しつつも、どうせやることないしという安易な発想で始めてみました。

その結果

うおおおおおおおおおおおおおお!脳汁がとまらねえええええええええええええ!!!!!!!!!

あの、色違いがでた瞬間の達成感!すべての努力が報われたかのような幸福感!何物にも形容しがたい恍惚感!

色違い厳選こそ、ポケモンにおける最高のコンテンツだということを改めて認識する結果となりました。

しかし、最高のコンテンツであることには間違いないのですが、なにせなかなか色違いがでてきてくれない!

なんどもなんども繰り返すうちに、通常色のポケモンが色違いに見えてきたり、あまりにも色違いがゲットできないことによる過度のストレスでうす毛が進行したりと、精神的に削られるコンテンツとも言えます。

それでもいくつかの色違いをゲットすることができたので、わたしが数百時間を費やした中で得た「色違い厳選の唯一無二のコツ」について、お話ししていきたいと思います。

※ 記事最下部で色違い厳選チャレンジ企画に挑戦しています。40歳目前のうす毛のおっさんの奮闘記をぜひごらんください!

※ 2019/4/12追記

固定リセットでの色違いにも挑戦してみました!

徐々に数を増やしていきますので、ぜひちょくちょくチェックしてみてくださいね。

※2019/5/1追記

前々から気になっていた色違いミュウの価値について考察してみました!

【2019年版】そろそろ最高に激烈なレアポケモン1位を決めようぜ!という流れから始まる今回のお題目は、約800種類のポケモンの中で、ガチで劇的なまでにレア...

※2019/5/30追記

予備連鎖の色違い厳選にも挑戦しました!

ぶっちゃけかなりしんどかったです・・・

もくじ


ポケモンで色違い厳選を楽にするための唯一無二のコツを伝授しちゃうぞ☆

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
うーん・・・わかってはいるけど、やっぱなかなかでないなぁ・・・
wife
wife
そんな簡単にでたらおもしろくないでしょ?
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
せめて”コツ”とかあればいいのに

色違い厳選をしていてだれもが思うことは「ぜんぜん色違いでねええええええ」ですよね(笑)

100匹、200匹ならぜんぜんマシで、500匹、1000匹オーバーでもでないので、キッズには少々つらいかもしれません。

厳選作業を続けていると、「もしかしてなにか攻略方法とかないかな?」「やり方間違ってる?」といった不安がおしよせ、結局途中であきらめてしまう、なんてこともよくある話です。

わたしもその中のひとりでして、なにかコツや効率の良い方法がないかとインターネットを駆けずり回りました。

その結果、数百時間を費やして手に入れた絶対的なコツを発見できたので、紹介しちゃいます。


ぶっちゃけ”あきらめない”以外のコツなんてない

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
色違いでなさすぎ!もうやめよ!
wife
wife
・・・あきらめたらそこで試合終了ですよ?

ぶっちゃけですね、”あきらめない”のが最強のコツなんですよ。

他にコツあんてありません。

おいおい、結局コツでもなんでもない精神論やんけ!

と、思われたかもしれませんが、色違い厳選に必要なコツや攻略方法なんて限られていて、最低限の準備さえしてしまえば、だれだって挑戦するための条件は一緒なんです。

あとはどれだけ粘れるか、最後まであきらめずに続けられるかの勝負になります。

色違い厳選のなにが大変だったりストレスなのかを考えると、どれだけやっても全然ゲットできないことなんですよ。

でも、続けていれば、どんなに時間がかかったとしても最終的にはあなたの目の前にあらわれます。

つまり、結果は約束されているのに、その過程がつらいわけですよね。

ただ、その過程がつらければつらいほど、大好きなポケモンの色違いがゲットできたときの達成感はハンパないです。

色違い厳選の真の境地は、まさに”達成感”を得ることにあるとわたしは思っています。


色違い厳選に必要な準備をしておけば効率が3倍くらいになる

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
あきらめないことが重要なのはわかったけど、やっぱり少しでも効率よく作業したいなぁ
wife
wife
ひかるおまもりとかちゃんともってる?

色違い厳選自体は、だれでも挑戦することができるコンテンツです。

ただひたすら色違いがでるまで粘るだけですから、なにもむずかしいことはありません。

ただし、厳選するソフトや、一定の準備をしているかどうかで効率が大きく変わってくるので注意してください。

では、どのソフトで厳選するのが一番効率が良いのか、また、厳選に必要な準備について詳しくお話ししていきますね。

色違い厳選は「ウルトラサン・ウルトラムーン」一択!

色違い厳選をもっとも効率よく作業できるのは「ウルトラサン・ウルトラムーン(以下USUM)」一択です。

USUMでは、ビビリだまを利用した呼び連鎖※があり、これをうまく利用することで格段に効率を上げることが可能です。

※ビビリだま連鎖:ビビリだまを野生のポケモンにつかうと、戦闘中に仲間をよぶようになる。特性がプレッシャーだと、さらに効率アップ。

オメガルビー・アルファサファイアでも特定のポケモンを連鎖する方法がありますが、確実にお目当てのポケモンが出現しなかったり、何度も何度もシンボルエンカウントしたりと、手間がかかります。

さらに、USUMなら、一部を除くすべての伝説ポケモンの色違いをゲットできるんです!

ほかにも、システム面での細かい利便性の向上などで、トータルでみると作業効率が圧倒的に上です。

色違い厳選するならUSUM一択ですよ!

ひかるおまもり、国際孵化、タマゴふかポン、捕獲用ポケモンがあると絶対にはかどる

ソフトが決まったら、あとは厳選効率を上げるための準備をしましょう。

USUMでの準備は

・ひかるおまもり

・捕獲用ポケモン

・国際孵化

・タマゴふかポン

ひかるおまもりとは、ポケモン図鑑をすべて埋めることで入手できるアイテムで、その効果は色違いの出現率が3倍にあがるというものです。(通常1/4096の確率が3/4096になる)

もちろんひかるおまもりがなくても厳選は可能ですが、あるのとないのでは効率が劇的に変わってくるので、できるだけ用意するようにがんばりましょう。

野生ポケモンで色違いを狙うときは、捕獲用のポケモンを数体用意してください。

みねうち、ねむりごな、でんじは、あたりがあると便利です。

性格も厳選したいなら、シンクロ要因も必要になります。

国際孵化に関しては、孵化色違い厳選時に用意できていると良いですね。

ちなみに国際孵化とは、出身国の違うポケモン同士を育て屋にあずけることで、色違いの確率があがる方法です。

およそ1/683と、野生ポケモンの厳選に比べると約半分の確率まで効率が上がるので、ぜひ活用しましょう。

たまご厳選では、タマゴふかポンを併用することで孵化作業の回転率が倍増します。

ロトポンが発生したら、できるだけ狙っていきましょう。

準備が完璧でも絶対に色違いが手に入らないポケモンも存在するから気をつけてね(はぁと

どれだけ準備が完璧でも、ソフトの仕様上、絶対に色違いが手に入らないポケモンが存在します。

・コスモウム

・コスモッグ

・ソルガレオ

・ルナアーラ

・ネクロズマ

・カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・レヒレ、カプ・ブルル

・ジガルデ

・まぼろしのポケモン(ミュウやジラーチ、最近ではゼラオラなど)

上記のポケモンは、基本的には通常プレイで色違いをゲットできません。

ただし、カプ・コケコとカプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレに関しては、イベントなどで配信があったので色違いは存在します。

そのほかの色違いを見かけた場合は、100%改造ポケモンなので、速やかにバイバイしましょう。

【ブラックな裏技】確実に色違いがゲットできる方法【おすすめしない】

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
確実に色違いがゲットできる方法があればいいのに
wife
wife
あるにはあるんだけど、デメリットの方が大きいよ

1ミリたりとも苦労することなく、楽に色違いがゲットできる方法があるとしたら、あなたはどうしますか?

よほどのことがない限り、だれでも利用しますよね。

実は、確実に色違いがゲットできる便利方法もあるんです。

ただし、デメリットの方が大きいので、わたしとしてはおすすめしません。

いちおう紹介しておきますが、自己責任と自己判断でご利用ください。

交換による色違いゲットが現実的

ポケモンの醍醐味である交換を利用すれば、色違いを確実にゲットすることが可能です。

GTSや大手のサイトに設置されている交換用の掲示板を活用すれば、あっさりゲットできちゃいます。

かくいうわたしも、色違いブニャットをだしてラティオスをもらったことがあるので、わりとどんなポケモンでも色違いは需要があるようです。

条件さえあえば、さくっと交換して色違いもさくっとゲット!ですが、交換による色違いゲットは大きなデメリットもあるので注意してください。

デメリットは交換レートが高すぎることと改造がまぎれていること

交換によるデメリット、それは、交換レートが高すぎること、そして改造ポケモンを押し付けられる可能性があることです。

GTSや交換掲示板で提示されている交換条件は、通常では手に入らない幻のポケモンだったり、色違い6V夢特性など、用意するのも大変なものばかりです。

さらに、悪意のあるプレイヤーがまぎれてる可能性もあり、改造で作った色違いと交換になることも考えられます。

配信限定のポケモンで、今では絶対に手に入らないなどの超絶レアポケモンなら仕方ないにしても、通常で手に入る色違いポケモンなどは気をつけた方がよいでしょう。

絶対におすすめしないけど改造なら確実にゲットできる

これは完全にアウトな方法ですが、自分で改造して色違いを量産するのもひとつの手です。

ただ、わたしごときが言わなくてもご存知だと思いますが、改造ポケモンはデータなどの破損につながることがあるので、作ることはもちろん、所有すること自体NGです。

改造ポケモンを作る方法は検索すればいくらでもでてくるので、どうしても欲しくてたまらない色違いや、入手不可のポケモンがあれば、完全自己責任で利用してください。

個人的には、改造とかに頼らないで自力で色違いゲットした方が楽しいし、気持ちいいと思いますけどね

番外編:確実ではないけど中古ROMでゲットの可能性もゼロじゃない

番外編として、最後にお伝えするのは「中古ROMを買いあさる」方法です。

こちらは、確実にゲットできるわけではないですが、やりこんだROMに当たれば、レアなポケモンが入手できることがあります。

わたしの場合だと、ホワイト2を中古で購入したときに、イベント限定の色違いスイクンが入っていました。

色違いだけでなく、幻や伝説なども手に入りやすいので、安売りしているときはくじ引き感覚で楽しめます。

うす毛のおっさんがおすすめする「色違いがかっけえええポケモンランキングベスト3」※追記あり

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ここからはうす毛のおっさんがおすすめする「色違いがかっけえええポケモン」を1位から3位まで発表するよ!
wife
wife
(ハゲたおっさんが作ったおすすめランキングなんか、だれが見るんだろ?)

ポケモンは2019年現在、800種類以上も登場しており、そのほぼすべてに色違いが存在します。

わたしもすべての色違いを把握しているわけではないので、あまり偉そうなことはいえませんが、見たことのある中でも最高にかっこええええ色違いをランキング形式で3匹紹介させてください。

たった3種類かよ・・・」なんて思っちゃいました?

このランキングは、わたし自身が実際にUSUMの中で色違いを捕まえていくことで完成する予定です。

ですから、今は画像すらあえて載せていません。(※追記:2019年2月22日現在、少しずつ画像をアップし始めたのでぜひチェックしてくださいね

最大でも10位くらいまではランキングしたいと思っていますので、ちょくちょく更新がないか見にきてください(ひたいを地面にこすりつけながら)

※2019年2月9日追記:ランキングベスト3の色違いをゲットできたので、急遽ランキングをベスト6(1PT分)に増やしました!これでまだまだ遊べるドン!

第1位!ゲッコウガ

色違いで最高にかっこええええポケモンと言えば、やはりゲッコウガですよね。

通常色は青ですが、色違いはなんとまっくろくろすけ!

忍者をモデルにしていることもあって、影に潜む忍者って感じでめっちゃかっけええええええ

見た目的に忍者設定的にも1体はほしい色違いです。

※2019年1月26日追記

2019年1月24日より始めた色違い厳選の苦行挑戦!

まずは「うす毛のおっさん的色違いがかっけえええランキング」栄えある第1位に輝いたゲッコウガから攻めていきました。

たまごを割り続けること2日間。孵化数483でなんとか色違いケロマツゲットです!

孵化の回転が速いのでサクサクできましたけど、後半はやや意識を失いながらのプレイでした(笑)

残念ながらげきりゅうでしたけど、この子と一緒にまたUSUMの世界を旅しようと思っています。

第2位!メガメタグロス

メタグロスがメガシンカしたメガメタグロスが第2位にランクイン!

メタグロスの色違いは色が薄くなっただけとパッとしないのに対して、メガメタグロスは爪の色が黄色、顔のバツマークが青とかなりド派手になっています。

ただでさえかっこええええのに、色違いになるとさらにかっこえええええはひきょうです!

※2019年1月30日追記

色違いケロマツが無事に産まれて、次はメタグロスに着手しました。

しかし、ケロマツと違ってたまごの回転率が非常に悪くて、4日もかかりました(泣)

野生のダンバルで連鎖させればええやん!って話ですけど、ヘビーボールに入ってるメタグロスをもともともっていたので、なんとかヘビ-ボールの色違いにしたくて孵化させまくってました。

色違いダンバルが産まれるまで4日、割ったたまごの数は604でした。

2Vの微妙な感じの子だけど、この子も一緒にUSUMの新しいパートナーとして活躍してもらう予定です!

ちなみにメタングはこんな感じ

第3位!ルガルガン

USUMで初登場のルガルガン。

まひるのすがた、たそがれのすがた、まよなかのすがたと3種類の進化形態をもちますが、まよなかのすがたが厨二病全開でめちゃめちゃどストライクなんですよね。

色違いになると全体がむらさきっぽくなりまして、それがまたまよなかのすがたとベストマッチ(表現が古い)して、さらに厨二病を加速させてかっこええええんです。

※2019年2月9日追記

ダンバルの色違いゲットから約10日かかりましたが、ようやくイワンコの色違いをゲットできました!

今回は遺伝技のかみなり・ほのおキバにふいうちを遺伝させて、ダークボールにいれて厳選孵化したんですけど、1000越えても産まれなくて本気で「なんかやりかたまちがえてる?」となんども不安になりました(笑)

途中から数を数えるのをやめてしまったので、正確な個数はわかりませんが、ざっくり計算した感じだとだいたい1400個くらい生産したと思います。

非常に難産でした・・・

ただ、おかげで孵化作業中に6V個体が大量に産まれましたので、欲しい方がいましたら先着順でさしあげます。ぜひコメントください。(注意:夢特性ではありません。性格も厳選してません。

第4位!ガオガエン

USUMの顔と言えるガオガエンも色違いがかっこいいんですよ!

本来は赤と黒でダークヒーローって感じですけど、黒部分が白に反転してコントラストが映えるんですよね。

夢特性の「いかく」もかなり強いし、実戦でもがっつり使えるステキ色違いさんです。

※2019年2月12日追記

イワンコの色違いで大苦戦したわたしでしたが、ニャビーの色違いはものすごく安産でした。

所要日数たった1日!孵化数は124(笑)

あっさりすぎて「ほんとにええんか?」と思わず独り言を呟いてしまったほどです。

いかく5Vニャビーが少し余っておりますので、欲しい方がいらっしゃいましたらイワンコ同様お声がけくださいね。

第5位!ルカリオ

ルカリオの色違いはかなり奇抜な色合いで、受ける人には受けるかな?という挑戦的な配色です。

基本カラーである青部分が、おどろくことに黄色にチェンジしちゃう斬新さで、少し前まではわたしてきにはNGでした。

しかし、とある動画で色違いルカリオを見かけたとき、わたしの小さな胸は大きく脈打ったのです。

(あれ?これって恋?)

ということで堂々第5位にランクインさせちゃいました。

色違いも、そうでない通常色もどちらもかっこええええんですけどね。

※2019年2月21日追記

リオルの孵化が意外にもさくっと終わりました。

孵化数は554、かかった日数は3日間くらいかな?

いやー、やはり存在感ありますね(笑)

この奇抜な配色は、孵化した瞬間思わずぎょっとなりました。

ちょうど「そろそろ産まれる気がする」と思ってたときに産まれたので、やはりルカリオには運命を感じてしまいます。

第6位!ブラッキー

ラストを飾るのはイーブイの進化系であるブラッキー。

ブラッキーもめちゃめちゃ厨二心をくすぐるデザインなんですよね。

闇に紛れる!って感じでおっさんにささるポケモンの一体ではないでしょうか。

ブラッキーの色違いはややしぶめで、耳や額にある黄色の輪の部分がむらさき?銀?ぽくなるだけです。

たったそれだけなのに、なんでこんなかっこえええええええんや??

耐久力も高くて、特性の「シンクロ」も「せいしんりょく」もどちらも実戦向けと、パーティーに一匹はほしいポケモンです。

※2/18追記

順番が狂ってしまいましたが、第5位のルカリオよりも先に第6位のブラッキーの準備ができていたので着手したところ、544匹目で色違いイーブイが産まれてくれました!

しかも5Vでわたし的には大当たり!

写真アップロードして気がつきましたけど、ばっちり眼閉じちゃってるうううううう(笑)

いや~、それにしても色違いイーブイはちょっと残念な感じですね。もとがかわいいだけに、色違いはマイナスな気がします。

残りは色違いリオルだけなので、急ピッチでやってしまおうと思います!

※4/12追記 ついでに固定リセット厳選にも挑戦してみた

この記事を読み返してみて孵化厳選しかやっていないことに気がついたので、固定リセット厳選にも挑戦してみることにしました。

USUMにおける固定リセットでの色違い率は約4000分の1です。

単純計算で4000回リセットすれば1匹は色違いがでるってことになりますが、あくまで確率のお話しなので、実際のところは1回目ででることもあれば、1万回粘ってもでないこともあるわけです。

ということで、どれくらいのドMプレイになるのか、わたし自身でLet’s実験♪

まず手始めに挑戦したのは色違いベベノム!

まず最初に挑戦したのはベベノムです。

サン・ムーンで初登場のベベノムくんは、アニメにもでてたり、レート対戦で進化系のアーゴヨンが使われていたりとなかなかの知名度と人気を誇っています。

さっそく、厳選作業にとりかかってみたところ、1433回目ででてきてくれました!

 

いやー、思ったよりかわいいですね。

ちょっと全体的に奇天烈な色合いになってますけど、通常色からガラっとかわっているので、特別感が4割くらい増しててわたしは好きです。

ベベノムを受け取るためのAボタン連打がすこしめんどうではありましたが、思ったより苦もなくあっさりでてきてくれましたね。

でるまでにかかった時間はざっくり10時間くらいで、日数にすると3日間です。

最速リセットを決め込めば1分間に3~4回厳選できますが、寝落ちやら操作ミスやらで約2倍近い時間がかかっていますね。

ものすごく久しぶりに固定リセットでの厳選に挑戦しましたが、孵化厳選に比べてどっちが楽かきかれたら、わたしは迷わず固定リセット厳選の方が楽だと感じました。

卵は産まれるまで歩く孵化作業があるので、リズムが悪いんですよね。

だからよけい時間がかかってる感じがするのかもしれません。

さーて、お次はタイプ:ヌルに挑戦しますよ!

※5/6追記 タイプ:ヌルの色違いに大苦戦

ベベノムの色違いが無事に終わってから取り掛かったタイプ:ヌルの色違い厳選ですが、めちゃめちゃ苦戦しました。

4/12から開始して、でてくれたのが5/5と、約1ヶ月近くもタイプ:ヌルと向き合う毎日で、すっかり見飽きてしまいました(笑)

写真だとわかりにくいですが、あたまの角(?)としっぽが黄色くなってます。

見た目に大きな変化がなくて、でた!感があまりありませんでした(笑)

「ん?お?・・・・おおおおおおお!!!!」みたいになって、ぎりぎりリセットしないで済んだレベル。

タイプ:ヌルにかかった時間はざっくり約100時間で、リセット回数は驚異の8196回!

最初はポニのところでリセットしてたんですけど、ビッケさんのお話が長すぎて時間がかかりすぎることに気がついたので、途中からエーテルで受け取るようにしました。

ちなみに、エーテルでの受け取り方法は、手持ちとボックスをポケモンでまんぱいにして、他のポケモンを1匹も受け取れいない状態にします。

その状態でビッケさんに話しかければ、受け取りを延長することができるんです。

その後、RR団のイベント終了後にエーテルにいるビッケさんからもらえるようになります。

エーテルだとAボタン2回ですぐにタイプ:ヌルを受け取れるので、効率が段違いです。

あまりにもタイプ:ヌルの色違いがでないので、息抜きにツンデツンデをねらったところ

ゲットすることができました!

これ全然回数とか日数とか覚えてないんですけど、たしかやるか!って決めた日に1~2時間くらいで1回でて、「おっ!やったー!」からのなぜかリセットを反射的にしてしまうという、もうほんとうに意味不明な色リセをしてしまいました(笑)

しっかり目で確認して、やったーって言ったのに、なぜあそこでリセットしたのかほんとうに我ながらわけわかめ。

2回目はそれから2~3日ででたと思うので、たぶん1回目と2回目合わせても1000~2000以内でゲットできたと思います。

ちなみにシンクロはずして「ようき」です。

ツンデツンデがようきて(笑)

ついでに、ラィテアスもこの期間中にねらってました。

ウルトラホールのポケモンは、わたしの体感だと色違いがでやすい傾向にあると思います。

開始してから3時間で色ラティアスゲット!

回数にしてだいたい500回くらいでした。

ベベノムと同じで、大幅に色が変わっていて、特別感があっていいですよね。

こちらは見事シンクロ成功しました。

今はミュウツーに挑戦しています。

といっても、固定色違い挑戦についてはこれ以上は報告しない予定です。

次は助け連鎖に挑戦するつもりなので、よければそちらもチェックしてみてくださいね。

※5/30追記 呼び連鎖で色違い厳選やってみた!

固定リセットである程度の伝説ポケモンの色違いが終わりまして(ミュウツー、ギラティナ、イベルタル、カイオーガ)、次は予定通り呼び連鎖による色違い厳選に挑戦することにしました。

呼び連鎖には軽く知識と準備が必要なので、まずはそれについて解説していきますね。

そもそも呼び連鎖とは?

まず、呼び連鎖とは?って話ですが、USUMから登場した仕様で、戦闘中に「ビビリ玉」というアイテムを使うことで、ビビって不安になった野生のポケモンが仲間を呼ぶんですよ。

同じ種類のポケモンを呼び続けることで夢特性や色違いの確立がぐんと増すっていう、恐ろしいくらいありがたいものなんです。

ちなみに、USUMでは夢特性を入手する方法はこの呼び連鎖しかなくて、30連鎖以上すれば15%の確率で入手できます。

呼び連鎖の準備

呼び連鎖にはちょっとした準備が必要です。

・ビビリ玉

・捕獲用ポケモン(みねうち、みがわり、倒す技なんでも)

・回復アイテム・状態異常回復アイテム

ビビリ玉がなくては話になりませんので、必須です。

捕獲用ポケモンは、こだわればこだわるだけ千差万別に細かく条件が必要になってきますが、基本的にはみねうちさえあればいいような気がします。

みがわりは状態変化技を回避する意味で採用していて、あった方がいいと思います。(延々と命中率をさげられ続けて倒せない、どくどくのダメージが痛いなど)

おすすめのポケモンは「アブソル」です。

みねうちもおぼえるし、後述しますが特製のプレッシャーが役に立ちます。

メガアブソルだとミラーコート(でしたっけ?)で状態変化技を反射できる利点がありますが、呼び連鎖ではプレッシャーの方が効率的に上です。

時点でマニューラですが、こちらは用意するのが少々めんどうなので、野生で捕まえられるアブソルがおすすめ。

呼び連鎖のやり方

呼び連鎖のやり方はいたって簡単。

①色違いを狙いたい野生のポケモンとエンカウントする

②ビビリ玉を使う

③みねうちで体力を1にする

④仲間を呼ばれる

⑤色違いが出るまで②~④の繰り返し

呼び連鎖の仕様と注意点

呼び連鎖は毎回成功するわけではなく、呼び自体が失敗したり、そもそも呼ぶことすらしないターンもあります。

呼び効率を高めるためには、みねうちと特性のプレッシャーが大いに役立ちまして、みねうちで体力を1にして、プレッシャーの影響で目に見えない圧力がかかり、不安で不安でたまらない野生のポケモンは仲間をよりよびやすくなるわけです。

そして、呼び連鎖ではひとつだけ注意点がありまして、相手のポケモンのPPに気を付けなくてはならないんです。

PPが切れたら当然わるあがきで自滅してしまうので、使ってくる技から逆算して自滅しないターン数を把握しておく必要があります。

一応対処法もあるんですけど、準備だけで数時間単位でかかるので今回は省略します。

(特性しゅうかくのポケモンを用意→ひめりのみを持たせる→スキルスワップ・ギフトパス・にほんばれの技構成にする→スキルスワップで相手をしゅうかくにする→ギフトパスでヒメリのみをおしつける→にほんばれで100%収穫してPPが切れない)

呼び連鎖の色違い出現確立

結局のところ、呼び連鎖は色違い厳選において効率がいいのかわるいのかどうかが気になるところですよね。

調べてみたところ、こんな感じだそうです。

1~4連鎖 ⇒ 1/4096(ひかるおまもり所持 1/1366)

5~9連鎖 ⇒ 1/4096(ひかるおまもり所持 1/1366)1V確定

10~19連鎖 ⇒ 1/820(ひかるおまもり所持 1/585)2v確定 夢特性5%

20~29連鎖 ⇒ 1/455(ひかるおまもり所持 1/373)3V確定 夢特性10%

30連鎖~ ⇒ 1/315(ひかるおまもり所持 /1273)4V確定 夢特性15%

他サイトに載っていた情報を参考にしているので、本当かどうかわかりませんけど、少なくとも1~9連鎖の内容は信ぴょう性があります。

体感では数字ほど色違いが出やすい感じはしませんが、夢特性は50%くらいまで底上げされてるような感覚で量産できました。

実際に呼び連鎖やってみたら泣いた

前置きが長くなってしまいましたけど、さっそくやってみたところ、大変すぎてもうほんと泣きました。

まず、たまご孵化とか固定リセットと違ってやることが多すぎるし、呼びは失敗するわ、呼ばないわ、わるあがきで自滅するわで、動画見ながらとかやってられないんですよ。

それでも一応だすことができたので証拠のお写真をアップロードしてみます。

マイステディこと色サニーゴちゃんです。

めちゃめちゃかわいくないですか?

控えめに言って最高すぎいいいいいい

ちなみに、この色サニーゴちゃんがでたのは連鎖数が103のときで、時間にすると2時間少々かかってます。

連鎖がイマイチでほんと大変でした。

物欲センサー全開すぎたのか、まったく狙ってないヒドイデの色違いがでてきましてね

慌てて撮ったのでうんこみたいな写真ですけど(笑)

ヒドイデはちょっと気持ち悪いですね。

この2匹以外にも、ストライク(写真撮り忘れ)に挑戦してみたんですけど、ストライクもなかなか大変でしたよ。

200までは連鎖数えてたんですけど、そこからはいちいちカウントするのがめんどうになっちゃって数えてませんが、300以上はやったと思います。

かかった日数は4日間!

間に色違いモンメンもでてきましたけど、ストライクじゃないとわかってたので即リセットする事件もあったりと、ほんといろんな意味でつらかったです。

でも、大変な分、達成感は呼び連鎖が一番あるかもしれませんね。

これでUSUMにおけるわたしの色違いへの挑戦はとりあえず終わりです。

次はVCのポケモンクリスタルで色違いのセレヴィ粘りをやる予定です(ソード&シールドまでに終わるかな・・・)

色違い厳選を自分でやってみての感想

6種類のポケモンの色違いを孵化厳選!という、突発的に思い付いた企画でしたが、白目向いたり寝落ちしたりと、なかなかたのしく取り組むことができました。

実際に自分で挑戦してみた結果を、備忘録的な意味でもまとめてみます。

400~600匹孵化すると色違いがでる

こちらは国際孵化での数字ですが、おおむねデータ通りの確率で産まれることがわかりました。

ただしイワンコ、てめぇはダメだ!

最小孵化数はニャビーの124、最大孵化数はイワンコの1400オーバーと、上限にかなりの差がありますが、ざっくり平均すると400~600で色違いが産まれます。

時間にすると、毎日2時間~3時間のプレイで、だいたい3~5日くらいでしょうか。

休日はがっつり5時間くらいやってたので、もう少しかかるかな?

「ダメだ、ぜんぜん産まれね。」

なんて言わずに、じっくり腰を据えて取り組むようにしましょう。

回数が増えると操作ミスがちょくちょく発生する

孵化厳選は作業が単調なので、ものすごくねむくなります。

半分くらい寝ている状態でプレイしていると、細かいミスが増えてしまい、たまごをいもーとに渡してしまうことが何度かありました。

さらに、孵化ポン中の居眠りで8割むだにしてみたり、孵化あまりの6V個体を間違えて逃がしてしまうなど、お恥ずかしいミスがいっぱい。

こういったミスは、動画やテレビを見ながらの”ながらプレイ”で防ぐことが可能です。

色違い厳選がどうしても続かないのであれば、ぜひ試してみてくださいね。

色違い厳選はやっぱりたのしい!

やっぱり、色違い厳選はたのしいです!

最初の200匹くらいまではでなくて当たり前だから、鼻歌まじりで孵化するんですけど、300匹を越えたあたりからは「まだ産まれないんか・・・」と毎回思ってました。

ですが、不思議なことに後半になればなるほど毎回産まれるんじゃないかとハラハラドキドキし始めるんですよ。

とくに500を越えたあたりからはモチベーションが段違いで、ブーストがかかります。

色違い厳選のなにが大変かって、300以降の中間地点の中だるみなんです。

産まれるにはまだ足りない、だけど時間だけはしっかり2日も3日も経過してるという、結果が近いようで遠い状態がやる気をそがれるんでしょうね。

ただ、そんな苦労があるからこそ、色違い厳選は楽しいんです。

やっぱり産まれたときの「ん?あれ?おっ!でたああああああああああああああああ」がほんと脳汁どばどばでて、んぎもぢいいいいんですよ。

その達成感を知っているからこそ、でるまで粘れるっていうのもありますけど、何度も何度でも味わいたい中毒性がたまらない!

こんなしあわせできもちいい達成感がゴールに用意されているのに、途中であきらめるのはほんとうにもったいないです。

もしあなたが途中で放り出してしまった色違い厳選があるとしたら、もう一度だけ挑戦してみませんか?

コツは”でるまで粘る!”だけ。

シンプルです。

ぜひわたしと一緒にがんばりましょう!

3種類の色違い厳選を比較してランキングつけてみた

固定リセット、卵孵化、呼び連鎖の3種類の色違い厳選をすべてやってみた結果

第一位 固定リセット

第二位 卵孵化

第三位 呼び連鎖

の順で、楽です。

固定リセットはただリセットを繰り返すだけなので、一番楽ですが、固定シンボルをゲットしてしまうと2回目ができないのと、単純作業の繰り返しで色リセ(色違いをリセットしてまうこと)のリスクが大きいです。

卵孵化は、卵を孵化するためにぐるぐる回ったり、卵の管理などがめんどうですが、国際孵化なら色違い発生率も高く、比較的自由に個体値や特性も調整できるので、手間さえ目をつむればおすすめです。

呼び連鎖に関してはストレスしかありません。

その後も何度かやっていますが、スナバァやダダリンなどのゴーストタイプにみねうちがあたらなくてイライラしたり、連鎖のミスが続くのがわたしには合わないようで、今では卵孵化に飽きたときの息抜き程度でしかやっていません。

あなたにぴったりの色違い厳選を選んで、ぜひ挑戦してみてくださいね。

あきらめなければ絶対に色違いはでる!

 

ポケモンの色違い厳選のコツについてお話してきました。

結局のところ、基本的な準備ができたらひたすら作業を繰り返すだけです。

あとは”あきらめない”こと!

この唯一無二のコツさえつらぬけば、怖いものはありません。

何度も続けていれば、そのうちぽこんとでてきますから、「ちぇっ!色違い全然でねえじゃん!」みたいな文句は一切必要ありません。

動画見ながら、テレビ見ながら、作業用BGMききながらなど、ながら作業で気軽で気楽に延々と繰り返すのが一番の近道ですよ。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger