生活が充実するちょっとしたライフハック

おっさんが直伝!旦那の枕を”絶臭”させる効果的な方法を5つも教えちゃうぞ☆

<strong>wife</strong>“></div>
<div class=wife
おい、おまえの枕からカメムシ臭がただよっているが
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
はいいい!!!ただちにどうにかいたしますうううううう!!!(額から血が吹き出るほど床にこすりつけながら)

ある日、最愛のwifeが鬼のような形相でわたしの枕を投げつけてきました。やさしくわたしに枕を渡して「臭い」と最大級のオブラートに包んだ、実に配慮の行き届いた助言を授けてくださいました。

(んなわけあるかい!ボケが!わたしの枕が臭いなんて、天変地異が起きてもあり得ないっつーのwwwwwwwwwwww)

と、内心では疑ってみたものの、改めて身近な人に言われたことで急激に心配になったわたしは、「すん、すん」とベッドの相棒(ただの枕)の臭いをかいでみました。

(ん?あっ、くさい・・・か?)

たしかに、ほんのりとはにおいます。

ただ、そんなに閻魔大王も裸足で逃げ出すくらいの顔ですごむほどではないとわたしは感じました。

「そんなに臭い?あんまり感じないけど・・・(いちいち大げさなんだよ!だまって足の指の間を指でこすって臭いでもかいどけやwwwwww)」

と、まさに鬼の首を取ったかのごとくわたしが反論したところ、無言で娘にもかがせ、鼻をつまんで無言で立ち去られてしまいました。

(あれ?もしかして、自分のにおいだからわからないってこと??)

そうなんです!

自分の体臭は自分では気付きにくいものなので、枕が臭うことにほとんど気がつくことができなかったんです!

あわてて枕の消臭方法をオッケーグーグルで調べてみたところ、5つの対策があることがわかりましたので、さっそく旦那の枕が臭くて嘔吐いているあなたと共有したいと思います。


 


そもそもなぜ旦那の枕だけ臭くなるの?

<strong>wife</strong>“></div>
<div class=wife
おい、なぜおまえの枕だけが臭うのだ
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ただちにお調べいたしますううううう(そんなことわたしが知りたいっつーの)

そもそも、なぜ男性の枕だけがにおうのでしょうか。

wifeの枕はシャンプーのにおいがするし、子供の枕はなんとも言えないあま~いにおいがします。

これは実に不思議な!・・・とはなりませんよね。

ええ、加齢臭が原因でした。ほんとうにありがとうございます。

いや、調べる前からうすうす感づいてはいたんですけどね。やっぱりね、ほら、ちゃんと調べてみないとね、ね?

加齢臭は30代を皮切りに発生、もっともきつくなるのが50~60代と言われています。

わたしも40歳を目前に控えた立派なアラフォー男子ですから、臭って当然と言えば当然なわけです。

しかし、枕が臭う原因は加齢臭だけではありません!

最大の理由が、寝ているときの汗や皮脂なんですよ。

就寝時における寝汗の量は、大人だと約コップ1杯分ほど。

もちろん、これは体全体の量ですが、少なからず頭も汗をかいており、それが枕の中に浸透して雑菌を繁殖させ、臭いを発してしまうわけですよ。

当然、女性にも同じことが言えるので、余裕ぶっこいていると臭いだします。

寝汗はもちろん、女性の場合は髪がしっかり乾いていないでそのまま枕にダイブすることもあるでしょうから、雑菌の繁殖条件は充分に満たしています。

男も女もなく、枕は清潔を保つのが臭わせないコツのようです。

「髪の毛乾かしたくない」からの解放!10分のドライヤーが5分に短縮できる方法!「髪の毛乾かすのめんどう問題」は、女性特有のお悩みですよね。わたしくらいスッカスカにしち...

枕から獣臭が!?それは旦那のせいではないことをご理解ください

わたしの場合はカメムシのような臭いと称されましたが、場合によっては獣のような臭いがすることもあります。

しかし、それは決して旦那の加齢臭や雑菌臭が原因ではなく、枕の中材に使われている羽毛が原因の可能性が非常に高いです。

動物由来の素材を使っている場合は、往々にしてこういうことがよくあります。(スーツが濡れたときにどくどくな臭いがするのはこれが原因)

臭いからといって、なんでもかんでも旦那のせいにするのはわたしが許しませんよ!


旦那の枕が臭い問題に終止符を打つための5つの対策

<strong>wife</strong>“></div>
<div class=wife
おい、ごたくはいいからさっさとカメムシをどうにかしろ。
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
はいいいいいいいいいいい(ついに枕のことカメムシって言っちゃったよ・・・)

これから紹介する5つの枕臭い対策は、わたしが実際に試して効果を実感できたものばかりです。

さっそくひとつずつ見ていきましょう。

①抗菌仕様の枕カバーを使う

我が家では、枕カバーを使う習慣が今までなく、使い古したバスタオルを枕にぐるっと巻いているだけでした。

これが完全にNGだったようで、ほぼダイレクトに汗や皮脂が枕に浸透してしまっていることが判明しました。

そりゃ、臭うわな。

臭う原因の部分でもお話しした通り、枕に雑菌の餌となる汗などを与えないことが最大の防衛策になります。

そこで大活躍するのが枕カバー大先生様というわけです。

吸水性が高いため、汗を枕に浸透させず、なおかつ抗菌仕様で雑菌の繁殖も未然に防げます。

臭ってしまった枕にはなんの意味もありませんが、臭う前であればすさまじいまでの効果を発揮しますので、わたしのように枕カバーを使用していない旦那(そもそも枕カバー使っていない人っているの?)は、今すぐに買い漁ってくださいね。

②消臭スプレーを使う

ファブリーズ○に代表する、消臭スプレーを枕に噴射するのも効果的な臭い対策になります。

除菌効果があるタイプは尚良しです。

最近では男性の加齢臭などに特化したタイプも販売されているので、より効果的に旦那の臭いを滅することができますね。

ただ、臭いの根本である枕に染みついた悪臭を完全に消し去ることはほぼ不可能なので、その場しのぎ程度だと思ってください。

消臭スプレーを使用する際は、裏表と横とまんべんなくスプレーすることと、しっかり乾燥させることを忘れないようにしましょう。

あまりにも臭うからといって寝る直前にスプレーするとカビの原因になりかねません。

毎日シュッシュしてればそれほど凶悪な臭いを発しなくなるので、手軽にできる臭い対策として非常に優秀です。

③重曹を使う

臭い対策には、重曹がかなりの効果を発揮します。

掃除で使うなど、もともと除菌力の高さには定評のある重曹大先生様ですが、消臭効果もなかなかのもので、くっさくなった枕に軽く振りかけるだけであら不思議!臭いが取れちゃいます。

強烈なまでに臭ってしまった枕は、ビニール袋に枕と重曹を入れて口を縛ってシェイクしましょう。

そして、しばし放置してください。

重曹が臭いを吸いつくした頃合いを見計らって枕を取りだし、外でパンパンと枕をたたいて余分な重曹を落とせば完成です。

個人的にはかなり効果があった方法なので、週に一回は予防の意味も含めてやると臭わなくなりますよ。

④こまめに洗濯する

なんといっても、臭いを断ち切るにはこまめな洗濯にかないません。

わたしたちの寝汗を受け止め続けている枕は、放っておく限り、汚れや臭いが蓄積されていく一方です。

そんな拷問のような環境では臭って当然。

それを断ち切るためには、定期的な洗濯による清潔を保つことが何よりも重要なんです。

そして、しっかりと中材を乾燥させることを徹底すれば、枕が臭うことはなくなります。

ポイントはこまめに洗うことと、カビが発生ないようにきちんと乾燥させること!

長く愛用するためにも、あなた自身の手で枕をメンテナンスしてあげましょう。

⑤漂白剤で浸け置きする

普段から衣類を洗濯していると、きれいになったはずのシャツが臭う、なんて経験が一度はあると思います。

そうなんです。

繊維の奥深くに根付いた雑菌は、通常の洗濯だけでは落とすことができません。

そこで登場するのが漂白剤です!

漂白剤は科学的に雑菌を分解するので、高い消臭効果が期待できるすぐれものなんですよ。

ただ、通常の洗濯時に漂白剤を入れても、すでに臭ってしまった枕に対してはそれほどの効果を発揮しません。

最強なのは、漂白剤に浸け置きすることです。

一度やってみてほしいんですけど、枕から黒っぽいような灰色っぽいようななんとも言えない汚れた水がざーっと染み出てくるんですよ。

目に見えてきれいになってる感があって、なんか安心できるんですよね。

漂白剤についてひとつ注意しなくてはならないのが、枕が対応しているかどうかです。

物によっては中材が痛んでしまう原因にもなりかねませんので、きちんと洗濯表示を確認してから試してくださいね。


枕が洗濯できないタイプの臭い対策

さまざまな枕の臭い対策を紹介してきましたが、正直言って、こまめに洗濯しておけば強烈な悪臭を放つわけがないんですよね。

結局は、汚れ(皮脂や汗)が蓄積するのが主な原因ですから、洗濯ほど合理的な臭い対策はありません。

とはいえ、中には洗濯ができないタイプの枕もありますから、すべての枕を救済するのはむずかしいです。

枕カバーと消臭スプレーなど、前述した方法を組み合わせて、臭いの発生を阻止することも可能ですが、それでは手間がかかりすぎるので、途中でめんどうになって放置してしまうことも考えられます。

では、どうするのが良いのか・・・

答えは簡単で、臭いが付きにくい枕にかえてしまえばいいんですよ。

臭いが付きにくい枕に変えてしまうのが最善策

枕の臭いは表面ではなく、中材から発せられます。

つまり、中材に臭いが付きにくい素材のものであれば、防臭対策がすでにできあがっているということになりますよね。

わたしがおすすめするのはパイプかそばがらの枕です。

パイプなら臭いが染み込むこともありませんし、そばがらはもともと防臭効果が高いので悪臭には強い素材です。

さらに、パイプは洗濯することもできるので、臭い対策だけでみたら、これほど優秀な素材はありません。

寝心地に好みがあるのが難点ではありますが、それを言ったら枕の好み自体が千差万別なので、一度試してみて、自分に合いそうなら思いきって枕を変えてしまうのが手っ取り早くて効果的な臭い対策になりますよ。

臭わない枕で快適な睡眠ライフを送ろう

枕が臭うのは、ある程度仕方がないものです。

汗や皮脂などの汚れを受け止めてくれているわけですから、それで臭うな!と言う方が酷です。

しかし、臭うものだからといって放置しては、なんら解決にはならず、むしろどんどん深刻な問題へと発展してしまうでしょう。

そうならないためにも、適切な臭い対策をしっかり行って、快適な睡眠ライフを送れるように努力することが重要です。

(ぶっちゃけ、臭いだしたら買い換えるのが正解だけどね(テヘペロ))

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger