雑記という名の好きかって書いた記事たち

【朗報】今話題の「おっさんレンタル」でおっさんが劇熱で胸熱でトレンドな件

今の時代、30代を過ぎればもう立派なおっさんです。

若い部下には上から目線で説教、華麗に加齢臭を漂わせてガニ股で歩く姿はまさに社会のゴミ。

おっさんなんだから、臭い・汚い・きもいの3Kを自覚して生きていくべきですよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

なんてことをほんの数分前まで勝手に思っていたんですけど、ぜんぜんそうじゃなかった!

時代はおっさんだったんですよ!

おっさん特需の時代がきていたんですよ!

どういうことかというと、おっさんがレンタルできるサービス「おっさんレンタル」が話題沸騰中との情報をキャッチしてしまったんです!

さっそく気になる「おっさんレンタル」についてお話ししていきますので、しょぼくれたツラぶらさげたおっさんどもはぜひ見ていってくださいね。


 


おっさん特需の時代キター!おっさんレンタルとは?

どう考えても煙たがられるはずの存在であるおっさんが、今やレンタルされる時代ですよ。

いやー、ほんとうになにが起きるかわかりませんね。

ということで、「おっさんレンタル」について紹介していきたいと思います。

といっても、文字通りおっさんをレンタルすることができるサービスのことなんですけど、一口に「おっさん」って言っても、いろんなおっさんがいるじゃないですか。

普通のサラリーマンのおっさんから、元NHKの職員だったおっさんやら、高学歴のエリートのおっさんまで幅広いラインナップが取りそろえられていて、気に入ったおっさんをレンタルしてしまおうってやつです。

登録されているおっさんたちは厳しい面接をくぐりぬけたおっさんたちで、基本的にお客さんに対して不快感を与えないように指導されています。

中には上から目線で説教したりするおっさんもいるようですが、運営している社長さんが熱い指導して防止に努めているようです。

ちなみに、利用金額はどのおっさんでも一律1時間1,000円です。

やっす!とわたしは思ってしまいましたが、時給1,000円なら悪くはないかと、ついつい副業目線で考えてしまいました。

さて、そんな夢を売るおっさんレンタルですが、一体どのような用途で利用されるのでしょうか。

おっさんレンタルの利用例

おっさんレンタルの用途は多岐にわたるようです。

以下に箇条書きしてみましたので、ちらっと目を通してみてください。

・恋話を聞いてほしい

・相談相手になってほしい

・話し相手になってほしい

・散歩に付き合ってほしい

・ご飯に付き合ってほしい

と、まぁ、だれでも思い付く感じの利用用途ですよね。

ただ、おっさんレンタルにはまだまだとんでもな利用例があって

・ストーカー撃退要員

・手術の立会

・映画のエキストラ

・再現VTRのオーディション

・ライブのチケットがあまったから同行してほしい

こんな、ちょっと想像もできない依頼もあるそうです。

中には、日本人だけでなく、外国の方からの依頼もあり、韓国や台湾、中国にベトナムなどのアジア圏内のお客さんが多いとのことでした。

ただのおっさんたちのくせに、非常にグローバルに活動していて、思わず嫉妬してしまいますね(ハンカチの端を噛みしめながら)

NGなおっさんレンタル利用例

いくらおっさんとはいえ、NGな利用方法もあります。

たとえば、Hな目的での利用や、おっさんを使っての営利目的での利用です。

そんな人は天地がひっくりかえってもいないとは思いますが、一応利用する際にはあたまに入れておくと良さそうです。

おっさんは指名制

おっさんをレンタルするには、公式サイトにアクセスして、気に入ったおっさんをご指名する必要があります。

運営側から各おっさんに連絡が入り、クライアントにおっさんから都合の良い日時の打診が入るという流れです。

公式サイトをのぞいてもらうとわかりますが、人気のおっさんには「人気」と表示されていたり、「HOT」(おっさんがHOTなのは臭そうでやだな・・・)や、新人(おっさんなのに新人(笑))には「NEW」と表示されており、一目でわかる新設設計になっています。

人気のおっさんをレンタルするのか、それともうだつのあがらない需要がなさそうなおっさんを選ぶのか、はたまた新人を手なづけるのか、すべては利用者の思うままというわけですね。

おっさんレンタルって安全なの?

たぶん、利用者が一番不安に思っていることは、「おっさんレンタルって安全なの?」ではないでしょうか。

たしかに、見知らぬどこぞのおっさんが派遣されてくるわけですから、心配しない方がおかしいですよね。

まず、おっさんと直接やりとりすることはほとんどなく、せいぜいスケジュールの打ち合わせくらいです。

クライアントの個人情報は、運営側にしか開示されず、おっさんたちはが出会ったあとに個人的に連絡することもありませんし、住所や連絡先を知られることもありません。

ただ、連絡を取り合うためにメールアドレスだけは知らされるようなので、どうしても不安なら事前に捨てアドを取得しておくと良いでしょう。

もちろん、おっさんたちがクライアントに個人情報を聞くこともなく、そこら辺は徹底した教育がされているので心配する必要はなさそうです。(自分からおっさんに伝えたらその限りではありませんけど)

個人情報に対する守秘管理については問題ないと思いますが、肝心なのは出会ってからですよね。

女性のクライアントだったら身の危険についても考慮しなくてはなりませんが、そこは人と人の商売ですから、ある程度の信頼がないとおっさんレンタルは成立しません。

もし、不快な言動や行動を取られた場合は、即時運営側に報告し、運営がしかるべき対処をおっさんにくだすようです。

実際に、おっさんレンタルが運営を開始してから7年経過していますが、そういったトラブルは発生していないようなので、そこは大丈夫なんじゃないのかなぁと思います。

おっさんレンタルの注文方法と支払い方法

おっさんレンタルを注文するときは、公式サイトにアクセスして、気に入ったおっさんをカートにぶち込みます。

実際にカートにぶち込んでみたところ、この瞬間が非常に快感です。(わたしがおまえを買ってやったZE☆的なノリ)

あとは支払方法を選択すれば、ご指名申し上げたおっさんから日時などの連絡が入るというシステムです。

支払方法に関しては、以下の5つの方法から選ぶことが可能です。

・クレジットカード決済
・銀行振込
・コンビニ決済
・携帯会社キャリア決済
・現地払い(おっさんに手渡し)

一番気持ち良いのは、言わなくてもわかると思いますけど、現地でおっさんに手渡しでしょう。

絶頂に達するくらいのエクスタシーを禁じえないほどの快感があたまからつまさきまで駆け抜けるはずです。

ちなみに、おっさんの注文は電話でもできるようです。

電話番号を載せて良いのかわからなかったので、この記事では紹介しませんが、公式サイトに書いてあるので自分で調べてね(はぁと)


おっさんレンタルが流行っている理由

最近では、1日に30~50件ものおっさんがレンタルされているほどの大人気っぷりを博しているおっさんレンタルですが、なぜきたなくて臭くてきもい(言いすぎ)おっさんがこれほどまでに需要があるのでしょうか。

いろいろわたしなりに考えてみたんですけど、まったく答えが思い付きませんでした。

だって、普通に考えたら、わたしみたいなおっさん相手に1時間1,000円も払ってまで会いたい、話を聞いてもらいたい!なんて1ミリも思わないですよね。

しかし、実際に需要が合って、しかも流行っている。

実に珍妙なお話しではございますが、おっさんレンタルの人気に火がついたのは、案外必然だったような気もするんですよ。

いうのも、どこかの知らないおっさんだからこそ話せることって、絶対にありますよね。

リアルの友達なり家族なりには話せない秘密だったり愚痴、悩みなんかは、心の奥底にしまいこんでためこんでいる人が大半だと思います。

ほんとうであれば、身近な人に打ち明けるのがベストではありますが、それができない環境だった場合、「ああ、だれでもいいからきいてほしい!」とだれでも考えるはず。

そんなときに後腐れのない、どこかの見知らぬおっさんが「うんうん、そうかそうか」ときいてくれたらどうでしょうか。

おっさんレンタルが流行っている理由が実はここにあるとわたしは考えていて、まったくの赤の他人だから普段は話せないことでも話せる、遠い存在であるからこそ秘密を打ち明けることができる、といった、人間関係が希薄な現代ならではの需要とマッチングしているからこそ、ここまでのヒットになったような気がします。

気軽に愚痴をこぼしたいけど友達に迷惑はかけたくないあなた、おっさん相手にすべてをぶちまけてみるのもよいのでは?

おっさんレンタル公式サイト様


どんなおっさんなら登録できる?

ここまで読んでくださったあなたなら、すでにおっさんレンタルに興味びんびん丸だと思います。

中には「お、おれ、やってみよっかな(デュフフフ)」的な、おっさんレンタルを前向きに検討し始めているおっさんもいるかもしれません。

正直言うと、わたしもその中のひとりだったりします。

そんな夢見がちのおっさんにお伝えするのは、どんなおっさんだったらおっさんレンタルに登録することができるのか、です。

さっそく一緒に見ていきましょう。

ぶっちゃけどんなおっさんでもOK!だけど・・・

おっさんレンタルに登録するには、特別な資格も必要なければ、イケてるダンディなおっさんでなくてもOKで、ブサイクだろうがハゲてようが太ってようが、そんなの関係ねぇ!です。

ここだけ読むと、条件がゆるゆる過ぎてあやしさが大爆発してますね。

一応、ゆるゆるな条件の中にも、一部おっさんにはきびしい必須の最低条件がありまして、そこを突破出来ればあなたばも無事におっさんレンタルの一員になれるようです。

その最低条件というのが「説教しない・上から目線しない・おさわりしない」の鬼の3カ条なんです!

説教しない・上から目線しない・おさわりしないのが最低条件

年齢を重ねると、どうしてもわたしたちおっさんは説教臭くなって仕方がないですよね。

しかも、質の悪いことに、それを理解してないから若人に煙たがられるという悪循環。

若人が煙たがる理由は他にもあって、同じ目線に立って話ができない、上から目線でマウントを取りたがるところもネックになっています。

そして、おっさん=スケベの方程式はあまりにも有名だと思いますが、実際にその通りで、隙があらばボディタッチしたがってしまうもの。

これ、おっさんレンタルに応募するなら、全部NG行為なんで気をつけてください。

おっさんレンタルに応募したら、社長さんと直接面接することになるみたいなんですけど、上記の3つの条件はかなりきびしくチェックイットナウされるそうです。

おっさんレンタルは、話し相手になるなどの、クライアントのニーズにぴたりと寄り添うことを何よりも重要視しているので、派遣したおっさんが不快感を与えるようではサービスが成り立ちません。

というか、当たり前の話し過ぎて条件と言えるのかどうかすら首をかしげるレベルですけどね。

登録時にかかる1万円を許容できるかどうか

そして、もうひとつ!

おっさんレンタルに登録するには、加盟金として1万円支払う必要があります。

これ、個人的にはちょっと意外でした。

社長さんがおっさんレンタルを始めた理由が「軽視されがちなおっさんたちの地位を向上させたい!」というコンセプトのもとに立ち上げたんです。

なのに、加盟金払わされちゃうんだ・・・みたいな、ちょっとさびしい気持ちになったんですけど、実はこの加盟金1万円には2つの深い理由があることに気がつきました!

ひとつは、登録時に1万円かかるという参入障壁を作ることで、不埒なおっさんと不純な動機のおっさんを排除する抑止力になるんですよ。

実際に、社長さんもとあるインタビュー内で「1万円かかると伝えたら、すぐに身を引きます」と答えており、その効果は抜群であることが証明されています。

たしかに、来るもの拒まずでどんどんおっさんを受け入れているといつかはトラブルになるでしょうし、1万円かけてまで登録したいという気概のあるおっさんの方が、真剣に業務(?)に取り組むでしょうから、すばらしいシステムだと感銘を受けました。

そしてもうひとつは、単純に運営費ですよね。

社長さんの本業はアパレル関係らしく、おっさんレンタルは言ってしまえば副業的なポジションだそうです。

しかし、現在では、あまりにもおっさんレンタルがブレイクしてしまったせいで、かなりそちらにも手を割いている状態らしく、当然運営費もバカにならないくらいかかっているはずです。

おっさんレンタルの公式サイトの運営費や、おっさんたちの管理、メディアへの露出などなど、目に見えない出費が相当額あると推定できます。

しかし、社長さんはおっさんレンタルで儲けようとはあまり考えていないようで、加盟金の1万円は、どちらかというとぎりぎりの経費代くらいにしかなってないのかもしれません。

おっさんレンタルって大変だなぁ(白目)

おっさんレンタルの業務(?)内容

おっさんレンタルの業務(?)については、多岐にわたるので「これだ!」という仕事はありません。

利用例でお伝えしたとおり、話し相手から始まって、手術の立会人まで、ほんとうに幅広いジャンルで重宝されています。

できることならなんでも的な感じでしょうかね。

ただし、Hな利用目的や営利目的(いるの?)はおっさんもクライアントも絶対NGです。

クライアントの方達も、おっさん相手にそんな無理なお願いをすることはほぼほぼないでしょうから、人生経験のひとつだと思っていろんなことにどーんと挑戦しちゃいましょう。

ぶっちゃけ副業レベルで稼いでいるおっさんもいるらしい

おっさんレンタルの報酬はどのおっさんでも一律1時間1,000円とお伝えしましたが、人気のおっさんともなれば、ほとんど副業レベルと言っても過言ではないくらい稼いでいるそうです。

ちょっと夢がありますよね。

ただ、問題は加盟金1万円払ってるのに、それをペイできないと慈善事業にしかならないよなぁと。

1時間1,000円ということは、10人のクライアントに指名をいただかなくてはなりません。

もしくは、できるかはわかりませんが、10時間独占していただくかのどちらかですよね。

これって意外とハードル高いと思いませんか?

10人のクライアントからご指名いただくってなかなかですよ?

では、どうしたら10人以上のご指名がもらえる人気のおっさんになれるのでしょうか。

一芸に秀でてるおっさんは人気がある

やはり一芸に秀でてるおっさんには、人気が集まる傾向にあるようです。

歌がうまい、ギターなどの楽器が弾ける、コンサルタントができる、究極の聞き上手などなど、なにかに特化しているおっさんは強いかもしれません。

「そんな特技なんかないよ・・・(涙)」っておっさんは、やはり見た目と中身で勝負するしかないでしょう!

とりあえず外見だけでもこぎれいかつおしゃれにして、「何十時間でもあなたの話を聞きます!」的な感じで攻めるしかないような気がしますけど、ちょっとおっさんレンタルの世界がいまいち把握できてないので、攻略法が見つかりませんね。

どちらにせよ、副業レベルで儲けるなら、なにか自慢できるくらいの特技があると良さそうです。

ペナルティが3回に達したら即刻クビ!

なんだか常識さえあればだれでもできそうなおっさんレンタルですが、クライアントからのクレームが3回に到達したら即刻クビになるというリスクもあります。

実際に、「上から目線で話しされた」「説教された」などのクレームが運営側に入ることもあるそうですが、意外にもそれをおっさんに伝えたら次からはちゃんと治すようです。

今のところ3回のペナルティに達したおっさんはいないみたいですし、面接の時点である程度は常識の有無も判断されるので、低品質なおっさん(失礼)はいないと考えてよさそうですね。

おっさんレンタルの利用者はほとんどが女性という事実

おっさんレンタルときいて、あなたはどんな人が利用すると思いましたか?

わたしの勝手なイメージでは、社会に出たばかりの若い男性が父性を求めて利用するのでは?なんて思ってたんですけど、これがまた全然予想外れで、利用者の大半が女性なんだそうです。

めちゃめちゃ意外じゃないですか?

女性がおっさんを求めている・・・んっんー!なんという扇情的な響きよ!

下ネタ臭がぷんぷんするのは気のせいでしょうかね。

冗談はさておき、女性がなぜおっさんを求めているのか、ちょっと考察してみたいと思います。

20~50代の女性ユーザーが大半を占めている

おっさんレンタルを利用する女性ユーザーの年齢層は20~50代と幅広く、その利用用途もまた多岐にわたっているようです。

年齢によっておっさんに求める価値が変わってくるでしょうから、当然と言えば当然ですよね。

ただ、解せないのは、「なぜ女性がおっさんを求めるのか」です。

女性がおっさんを求めるメリットってなんでしょうかね。

考えられるのは、恋愛相談かなと思ってます。

たとえば、30代の女性で、ひそかに思いを寄せている男性がいたとして、その男性についていろいろ知りたいけど勇気が出せず聞くことができない。

あの人は一体なにを考えているのだろう、30代のわたしは他の異性から見て魅力的に映っているだろうか、どうしたら話しかけることができるだろうか、などなど、女性だけでは知り得ない情報や知識ってありますよね。

想像はできても明確な答えやヒントを得ることができないとなると、同姓で同年代のおっさんにたずねるくらいしか手がないと考えてレンタルしちゃうのかなぁと。

40代や50代となれば、旦那に対する愚痴も不満も積りにつもっているでしょうから、単純に関係修復の相談から、おっさんを仮想旦那と見立てて愚痴を浴びせかけるなんて需要も絶対にあるはず。

そこら辺を考えると、男性よりも女性がおっさんをレンタルするのも、なんとなく納得がいく気がします。

北海道でおっさんレンタルは可能?

おっさんレンタルについて知識が深まってくると、実際に体験したいという気持ちになりませんか?

わたしはめちゃくちゃなっちゃいましてね。

1時間1,000円だし、ブログのネタにもなるしで、わたしとしては、もう一石二鳥どころか一石百億鳥くらいの価値があるわけですよ。

ということで、さっそくおっさんがおっさんレンタルを利用できるのか調べてみました。

【悲報】北海道でおっさんレンタルは利用不可【なんでやねん!】

ということで、意気揚々とおっさんレンタルの公式サイトにアクセスしたんですけど、おどろくことに、わたしが住んでいる北海道にはおっさんレンタルのサービスがなかったんです!(号泣)

おっさんレンタルが利用できる地域は、茨城から左側(関東、関西、中国、四国)のようで、非常に残念なことに、他の地域では未対応のようです。

普通に泣いた。むせび泣いた。男泣きした。ふぁ○きん!

類似サービスならあるから試してみるのもあり

どうしてもあきらめきれなかったわたしは、なんとかならないかと四方八方に触手を伸ばしてリサーチしてみました。

すると、おっさんレンタルに非常に酷似したサービスがいくつか見つけることができましてね。

その類似おっさんレンタルだと、札幌で展開していたので、わたしでも利用することができそうなんですよ。

ただ、本家のおっさんレンタルじゃないから不満と不安がハンパないですね。

利用したいけど、偽物じゃちょっと・・・的なよくわからない感情が胸の中にとぐろをまいてまして、たぶん利用することはないと思います。

どんな感じなのかという雰囲気をつかみたいならありかなとも思いますけど、変なところで潔癖症なのでご遠慮申し上げます候。

うおおお!めっちゃおっさんレンタルしてええええ!

おっさんレンタルについて、約8,000文字を越えるほど熱く語ってきたわけですが、もうね、ほんと魅力しか感じません。

ワクワクがとまらなくて、でも利用できないっていうこのジレンマ!

ぜひあなたにも味わわせて(誤字ではありませんよ。”あじあわせる”ではなく”あじわわせる”が正解)やりたいコンチクショー!

豆知識も軽く御披露申し上げたところで、本記事は完結といたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました(東京行のチケットを握りしめながら)

おっさんレンタル公式サイト様

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger