MENU
生活が充実するちょっとしたライフハック

今すぐにでも始められる誰でも簡単にできるおすすめの節約術!

 

日々の生活の中で思うことがあります。

お金がほしい!

お金を増やす方法は多岐にわたりますが、わたしたち一般人にもっとも身近な方法は「労働」か「貯金」です。

基本的には、ほとんどの方が、労働して得た賃金を貯金にあてているはずです。しかし、これでは、日々の生活費を削って貯金を捻出しているため、生活自体は楽になりません。

そこでおすすめするのが「節約」なわけですよ。

前回は、節約効果は高いけど、手間のかかる方法を紹介しました。

今回紹介するのは、前回とは真逆の、誰でも簡単に、そして今すぐにでもできる節約術です。

特にわたしと同年代のおっさんにおすすめしますので、ぜひぜひ参考にしてみてください!


節約は簡単!すぐに始められる節約術を紹介!

 


節約は簡単!誰でもできる!

 

まずはじめにお伝えしたいのは、節約はとても簡単で、誰でもできる貯金を増やす方法であるということです。

例えば、使わないのに買ってしまった、買ったはいいけどすぐに飽きてしまった、こういった行為は完全に節約の真逆である「無駄遣い」です。

この無駄遣いをなくすだけで、それは「節約」になります。

どうです?簡単だと思いませんか?

他にも節約は、日常生活の中でいたるところに隠れています。

それを上手に見つけだして、行動に移すことが貯金へとつながっていくのです。

・節約ができない人の特徴

 

節約ができない、という方はかならずいらっしゃいます。

実はわたしもその1人でした。

以前の自分を見つめ直すことで、「節約ができない人」をあぶり出すことができます。

節約できない人の特徴

・浪費家である

・家計は家族に任せている

・欲望に忠実

・生活水準を落とすことに抵抗がある

・自分に甘い

みなさんの中にも、これらの項目に該当する方はいらっしゃるかもしれません。

ですが、そう悲観することもありません。

すべて自分の気持ひとつで改善することが十分に可能です。

客観的に自分を見つめ直し、上記の項目と逆になるように心がけていきましょう。

自分では判断がつきにくいという方は、他人から指摘してもらうと良いです。

わたしはその方法で友人に指摘してもらいましたが、正直かなりへこみました(笑)

ですが、他人からはそういう風に見えているのか、というのがわかったので、すぐに心を入れ替えることができました。

メンタルが強い方はぜひどうぞ(にっこり)


今すぐに始められる節約術7選!

 

ここからは、具体的な「今すぐに始められる節約術7選」を紹介していきます。

これらの節約術は、わたしが実際に行っているもので、少なからずどんな方にも効果があるはずです。

誰でもできて、なおかつ手軽なものをチョイスしましたので、できそうなものからどんどん始めましょう!

・自炊をはじめよう

 

節約の中でもっとも手軽で、もっとも身近なもの、それは食費です。

食費を見直すことで、節約は大きな効果を発揮します。

外食やコンビニ食はコストが高く、お昼だけで1000円くらいかかってしまいます。

毎日の1000円が1ヶ月間続くと3万円です。

3万円という金額は、3人家族の我が家の1ヶ月の食費と同額です。

さらに、夜は飲み会、帰宅時間が遅くなったから外食、このような生活を続けていたら、金額はまだまだ膨らむはずです。

以下にむだな出費をしているか、おわかりいただけたかと思います。

この食費を抑えるのに必須なのが「自炊」なのです。

昼食はお弁当、飲み物はお茶、夜は直帰して自宅でご飯を食べる。

これを徹底すれば、月間の食費は確実に今よりも抑えることができるでしょう。

・デッドストックをなくそう

 

次におすすめする節約術が、デッドストックをなくすことです。

デッドストックとは、簡単に言ってしまえば、不必要な在庫ということです。

このデッドストックという現象は、食品によくありがちで、安かったからという理由で大量に生鮮食品を買い込んでしまい、結局使いきれずに腐らせてしまう、そんな経験ありませんか?

こういったむだを防ぐには、食品庫に限らず、家の掃除を定期的に行うことです。

掃除をすれば、あらゆるところに目がいくので、過剰在庫の予防になります。

家の中もきれいになりますし、一石二鳥の節約術ですね!

・買い物は計画を立てよう

 

前述した「節約できない人の特徴」にもありましたが、衝動的な買い物は避けましょう。

欲しいからといって、どんどん買ってしまってようでは、貯金はみるみる減っていきます。

まずは、それは本当に必要なものか、今月の収入と支出のバランスはどうか、長い目で見て買うべきか、この3つを紙に書き出してみてください。

しっかり吟味して、条件に合致したものだけにお金を使うようにしましょう。

無計画な出費は無駄遣いにつながりやすいので、特に注意が必要です。

・家電の使い方を見直そう

 

家電の使い方を見直すことでも、節約ができちゃいます。

エアコンを例にとってみると

・電源をこまかく入れたり切ったりしてませんか?

・サーキューレーターは併用していますか?

・設定温度が必要以上に低く設定されていませんか?

電化製品は、起動時にもっとも多くの電力を消費します。ですから、電源をひんぱんに入り切りしていると逆に電気代が高くつきます。

冷房時、冷たい空気は下にたまります。これでは冷感効果が低いので、冷たい空気が下にたまらないように、サーキューレーターで空気を循環させてあげる必要があります。冷たい空気が循環するので、あまり設定温度を低くする必要がなくなり、結果として消費電力を抑えることができます。

設定温度を低くすれば、それだけ電力の消費が大きくなります。先に紹介したサーキューレーターをうまく活用して、消費電力を抑えましょう。

エアコンを例にとってみましたが、他の家電にも節約方法はあります。改めて設定や普段の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

・通帳をチェックしよう

 

家計を奥さんに預けっぱなしの旦那さん、今すぐ通帳をチェックしてください。

毎月のお金の流れを把握していないと、収入と支出のバランスがとれず、貯金が目減りしていく可能性がありますよ。

わたしの失敗談として、お金の流れを把握していなかったために、支出のほうが大きい月が多々ありました。

奥さんがしっかりしているから大丈夫という旦那さんでも、一度は通帳を見ることをおすすめします。

自分の家庭にどれだけの蓄えがあるのか、また、月にどれだけのお金が動いているのか、これらを把握しておけば、今月使いすぎたかもしれないという感覚が自然と身につきます。

この感覚が節約への大きな一歩になるので、この機会にぜひチェックしましょう。

 

・家計簿をつけよう

 

通帳をチェックしたあとは、家計簿をつけてみてはいかがでしょうか?

家計簿がなぜ節約につながるのか、それは月間の収支が目に見えるからです。

お金の流れを可視化することで、むだな出費が一目瞭然になります。

ビールやタバコなどの嗜好品はその最たるもので、一ヶ月の金額を数字で見たらほとんどの方が驚くと思いますよ。(実体験済み笑)

家計簿とかめんどう、そんな声が聞こえてきそうですが、その気持はわたしも十分に理解しています。

ですが、習慣化してしまえば、みなさんが思っているよりも手間はかかりません。

特に最近は、高機能の家計簿アプリがたくさんありますので、スマホで簡単に管理できちゃいますよ。

・少しだけがまんしよう

 

最後は精神論になってしまいますが、欲を少しだけがまんしてみましょう。

あれがほしい、これが食べたい、このような欲求は生きている限りなくなることはありません。

しかし、この欲望に忠実に生活を続けてしまうと、節約は難しくなります。

いきなりすべてをがまんする必要はありません。

少しずつ、少しずつがまんをしてみてください。

家にプリンがあるから、ケーキを買うのはやめておこう。

これくらいの小さいことでも大丈夫です。

その小さながまんが、やがて大きな貯金になって返ってきます。

誰にでもできて、簡単で、今すぐに始められる節約術とは、案外このようなものなのかもしれませんね。

 


まとめ

 

 

7つの誰でも簡単にできる節約術を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

少し長くなってしまったのでまとめてみましょう。

まとめ

節約は簡単で誰でもすぐにできる

無駄遣いをなくすだけで節約になる

自炊や家電の使い方など、普段のライフスタイルを見直す

収入と支出のバランスを把握しておく

少しのがまんが大きな節約になる

わたしはこの7つの節約術だけでも、以前に比べて月に5000円以上節約ができてます。

たった5000円?と思われたかもしれませんが、年間で6万円と考えたらどうでしょうか?

6万円は一般的な金銭感覚だと大金のはずです。

その大金が1年に1回発生すると考えてください。

これが節約の力です。

小さな節約をどんどん積み重ねて、大きなリターンになるようにがんばりましょう!

 

 

 

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger