雑記という名の好きかって書いた記事たち

4年間どっぷりハマったネトゲを卒業したら宝物が手に入った

 

 

ネットゲーム、楽しいですよね。

わたしもめちゃめちゃハマっちゃいまして、4年もの間、家庭を壊すレベルのいわゆる「廃人」ってやつにまでなってました。

何度もやめなきゃ!って思うんですけど、意思とは裏腹にコントローラーに手を伸ばしてしまう。

やめたいのに、やめられない

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ネトゲの中毒性は異常

 

この記事はわたしのように、やめなきゃやめなきゃと思いつつもネトゲがやめられない、そんな人に向けた記事です。

わたしがネトゲを卒業したときは、驚くほどあっさりやめることができました。

そして、やめたあとには、ネトゲにハマっていたときには見えなかった、大切な宝物を手に入れることができました。

自分のネトゲ廃人ぷりに悩んでいるあなた、どうすればネトゲを卒業できるのか、元ネトゲ廃人のわたしが体験談を交えてお話していきます。


 

 


ネトゲ廃人だったわたしの生活

 

ネトゲ廃人って言っても、ピンきりです。

ボトラー(意味はググってね)クラスから、平日は睡眠時間を削ってるくらいのライトな廃人まで幅広く存在します。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
いやいや、ライトでも結構アウトやんけ!

 

でも、ネトゲ廃人はその「アウト」に気づくことができないんです。

普通に考えたら、睡眠時間削ってまでゲームするって異常ですよ?

わたしも当時はまったく気づいておらず、寝る暇があればネトゲだ!って感じでしたよ。(今思えば怖すぎる・・・)

そんな当時のわたしのネトゲ生活を、できるだけ客観的に振り返ってみました。

・平日は5時間、休日は10時間以上ネトゲ

まず象徴的なのは、時間を省みずにネトゲにいそしんでたことですね。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
平日は5時間、休日は10時間以上ネトゲとか当たり前だったしなー

 

自分でも驚きますけど、4年間の総プレイ時間は4000時間以上です。

わたしの計算が間違っていなければ、1日の平均プレイ時間は約8.7時間です(笑)

平日は、まず朝5時に起きて6時までネトゲ、それから出勤のための身支度。仕事が終わって帰宅したら、すぐさまネトゲ開始。日によりますが、18時帰宅で夜12時くらいまで毎日ネトゲのネトゲ中毒。もちろん、ご飯も食べながらネトゲです。

平日はまだマシ(?)な方で、休日は廃人度がさらに加速してました。

朝5時起きは変わらず、そこからひたすら夜の12時までネトゲです。あいだに買い物などの用事をすませたりはしてましたが、10~12時間は平均してプレイしてました。

客観的に見ると、病気としか思えませんね・・・

・生活の中心がネトゲ

普段のプレイ時間を見てもらえればおわかりいただけますとおり、当時のわたしの生活はネトゲが全てで、ネトゲが中心でした。

ご飯もネトゲをしながら食べてましたし、お風呂に入ってるときもゲームを消したりはしませんでした。

ほかにも、ネトゲの中でイベントや大型アップデートなどがあれば、会社を休む廃人っぷり。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
思い出すと死にたくなる

 

ネトゲにどっぷり依存してましたが、ネトゲ仲間達はそれが当たり前だったので、異常なことに1mmも気が付きませんでした。

・家庭のことは二の次

ネトゲ廃人のわたしでしたが、驚くことに妻1人、子供1人がいます。

ネトゲを始めたとき、子供はまだ1歳でした。

1歳という一番愛情を注ぐべき時期に、わたしはネトゲの中の自キャラに愛情を注いでいたのです。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
書いてて心が痛い・・・

 

これは、今でも本当に後悔しています。

休日は子供と遊ぶ時間も多少は設けていましたが、平日はwifeに全て任せっきりで、本当に申し訳ないことをしていました。

 

wife
wife
・・・・・・

 

ネトゲを卒業してから2年経ちますが、今でもwifeはこの話題になると無言になります。

たぶん一生この”溝”は埋めることができないでしょう。

ネトゲを4年間、廃人と言われるほど楽しんだ代償はあまりにも大きかったです。


ネトゲのデメリットがすごすぎる

ネトゲやめたいって人は、ネトゲのデメリットがすごすぎることに気がついてるはずです。

ネトゲのデメリット

・時間とお金泥棒

・健康も損なわれる

・リアルが疎かになりがち

この中でも特に、時間とお金がほんとに何の意味も持たずに消費されていくことに早く気がついてほしいです。

いや、もう気づいているんでしょうけど、やめるきっかけにはならないだけかもしれませんね。

年間で1万円の課金だったとして、わたしだと4年間で4万円、さらに2アカウントだったことも踏まえると2倍の8万円。

8万て!

時間にいたっては4000時間ですからね。4000時間かけてなにかひとつのことに集中していたら、きっとかなり上達していたでしょう。

ネトゲってほんと怖いですね・・・


わたしがネトゲを卒業した理由

 

ネトゲ命だったわたしが、なぜネトゲを卒業したのか。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
そりゃー、もちろん家族のためよ

 

だったら良いんですけどね(意味深)

 

wife
wife
”飽きた”からでしょ

 

そう、わたしがネトゲを卒業した理由、それは「飽きた」からです。

家族の猛反対にあったわけでもなく、自分でやめなきゃとは口にだしつつもやめられずにいたのに、「飽きた」からやめられたんですよ。

とはいえ、もちろん家族への負い目だったり、「もう少し家庭に目を向けて」という言葉が刺さったのも事実です。

ですが、それが卒業につながったかと言えば、正直なところあまり大きな理由とはなりませんでした。

4年間で4000時間以上も費やしたわたしのネトゲ生活。やめなきゃとは思っていてもやめられなかったネトゲ生活。

自分の中でものすごく大きな存在だったネトゲは、怖いくらいあっさり終焉を迎えました。

引退できるときは案外こんなもんで、やめなきゃ!と強く思っている間はやめられないものです。

ネトゲを卒業したいあなた!そんなにやることあります?

 

わたしが、ネトゲを卒業したいのにやめられない人に問いたいのは、「そのネトゲ、そんなにまだやることありますか?」ってことです。

そもそも、ネトゲってなんでやめられないんでしょうか。

【ネトゲがやめられない理由】

・ネトゲが楽しいから

・卒業したらフレンドやギルドの仲間が悲しむ

・自キャラを最強にしたいから

・ネトゲの中にしか自分の居場所がないから

人それぞれ状況も環境も違うので、これ以外にもやめられない理由はたくさんあるでしょう。

わたしがネトゲをやめた理由は「飽きた」からですが、飽きるということはやることがない、もしくは同じことの繰り返しが原因です。

ネトゲあるあるのひとつとして、最強装備を作るために、出現率の低いレアな敵キャラを倒して素材を集めるというドMなプレイを強いられることがあります。

レア敵キャラ自体レアでなかなか遭遇できない上に、さらにドロップする素材自体もレアドロップだったりして、なおかつそのレアドロップアイテムを何十個も集めないと最強装備が作れない、なんてこともネトゲあるあるですよね。

わたしは、そういう地道にコツコツやるプレイが大好きだったので、3年くらいずーっとそのドMプレイを楽しんでました。

苦痛と感じたことは一度もなくて、たまにゲットできる達成感がたまらなく大好きでした。

そんなドMプレイが大好きだったわたしが「飽きた」と感じたのはなぜでしょうか。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
こんな”作業”をここまでやる必要ある?

 

”ネトゲ”をプレイしてるんじゃなくて、いつのまにか”作業”していることに気がつきました。

そこから急速に目が覚めて、無駄な”作業”と思うようになり、「飽きた」というわけです。

ネトゲを卒業したいけどできないあなた!今プレイしているのは”ネトゲ”ですか?それとも”作業”ですか?

”ネトゲ”をプレイしているのならば、存分に楽しんでください(家庭や生活を壊さない程度に!)

”作業”だと気づいた、もしくはすでに気づいている人は、その”作業”に意味が本当にあるのか考えてみてください。

ネトゲの中でいくらお金持ちになっても、最強になっても、現実世界では偉くも強くもありませんよ?

ネトゲ依存を卒業するための方法

 

ネトゲ依存と言えるレベルのわたしでしたが、卒業することはとてもあっさりできました。

 

wife
wife
”卒業”はね

 

ただ、卒業した3日間は問題なく過ごせていましたが、依存度が強かったせいか、その後は何度もインしたい衝動に駆られました。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
まさに禁断症状のごとく!

 

「少しだけ」「ギルドのみんなどうしてるかな」などなど、インするための理由を何かにつけて探すという、綱渡りの毎日を過ごしていました。

このままじゃいつかネトゲを再開してしまうと、強い危機感を覚えたわたしは、ネトゲを完全に卒業する方法を模索しましたが、自分に合った方法がなかなか見つかりませんでした。

そんな禁欲の辛い日々を過ごしていたある日、wifeが見るに見かねてある提案をしてくれたんです。

その提案がわたしにとっては目からウロコ状態で、その提案のおかげでネトゲを卒業して2年経ちましたが、今現在一度もインすることなく過ごすことができています。

その方法とは「ネトゲに替わる趣味を持つ」ことです!

・ネトゲに替わる趣味を持つべし!

なんか趣味でも見つけたら?

何気なく放たれた一言は、わたしにぶっ刺さりました。

ネトゲにハマり過ぎてて、それ以外に目を向けるということが頭になかったんですよ。

すぐにわたしは以前から興味のあったエレキギターを買いました。

トータルで考えるとネトゲの方がお安く済みますが、ギターはネトゲのように依存することがなく、家族との時間を削ってまでギター漬けになることもありません。

ネトゲと違ってがんがん強くならない(上達しない)ドM仕様なので、わたしにはほんとぴったりの趣味です。

ギターはちょっと突飛すぎるかもしれませんけど、家族や自分の生活に影響がでないものならなんでも良いので、トゲに当てていた1時間を、趣味の時間にしてみてください。

たとえばスポーツだったり、読書もいいですよね。知識は財産になりますし、スポーツで汗を流せば健康的に痩せられるのでおすすめですよ。

ネトゲを卒業したら宝物が手に入った

 

ネトゲを卒業して一番良かったなーと思うことは、「家族の笑顔」というかけがえのない宝物が手に入ったことです。

あのままネトゲを続けていたら、きっと自分の手の中には笑顔は手に入らなかったでしょう。

へたくそなわたしのギターを聞きながら歌ったり踊ったりしてくれる子供に、苦笑いを浮かべながら優しく見守ってくれるwife。

これ以上の宝物をわたしは知りませんし、欲しいとも思いません。

この宝物って人それぞれ違いますけど、ネトゲを卒業したら誰でもひとつは見つかるはずです。

ネトゲやりたくて断っていた飲み会、友達の誘い、恋人作り、なんでも見つかりますし、できます。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ネトゲの世界は広く感じるかもしれないけど案外狭い

 

ネトゲでしか手に入らない物もあります。それも大切なものかもしれませんが、現実世界に持ち越すことは難しいものばかりです。

でも、現実世界にある宝物は、自分の手の中に収めることができますよね。

ネトゲをやめたいけどやめられない、そんなあなたにこそ、あなただけの宝物を手に入れてほしいとわたしは思っています。

まとめ

ネトゲを卒業する方法は、人によってそれぞれです。

わたしはたまたまネトゲを続けることにに疑問をもてたので、自主的にやめることができましたが、みんながみんな同じ理由でネトゲをやめられるわけではありません。

ネトゲを続けるなら節度を守って、周りの人に心配や迷惑をかけないように心掛けてください。

もし、ネトゲをやめたいと思ったら、何か別に集中できるものを探すのがおすすめです。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger