生活が充実するちょっとしたライフハック

お金の節約方法を5つ厳選!毎月1万円浮かせるコツを紹介!

お金、節約してますか?

最近、職場の同僚が「貯金なんか一切してないよ」という衝撃的な一言を放っていて震えました。

会社の給料は入ったら入った分だけ使うそうです。

夢のような生活だけど、将来に対して不安とかないのかな?

わたしの場合、まったくの正反対で、貯金とか節約が大好きです。

しがないサラリーマンのわたしでも、今年は約半年ですでに10万円以上貯金できてるので、その方法とコツをみなさんに紹介していきたいと思います。

これから紹介する方法を実践すれば、月に1万円以上の節約は絶対に可能です!



お金を節約することの重要性について考える

そもそも、なぜ節約する必要があるのでしょうか?

前述した職場の同僚のように、節約に必要性を感じていないのであれば、彼のような生活でも良いと思います。

むしろそうしたい(願望)

ですが、現実はそうもいきません。

将来を見越してお金を貯めておかないと、いざ必要な時にお金がない!なんて悲惨な状況もあり得るわけです。

まとまったお金が必要な場面といえば

・冠婚葬祭

・住宅やマンションなどの不動産購入

・車の購入

などなど、ぱっと思いついただけでも大きなお金が動くものばかりです。

これだけならまだしも、貯金がなければ我々が高齢になった時に生活するのも苦労することになるでしょう。

今の年金制度はほぼ破綻していると言っても過言ではなく、もらえる金額が少ない上に、受給できる年齢が70歳になるという噂もあります。

更には少子高齢化の波が押し寄せ、日本経済が冷え込む可能性まで考えられます。

こういった不安材料を抱えている現代人こそ、いざという時に困らないように、節約して貯金することを心がける必要があるのです。

節約の重要性がわかったところで、いよいよわたしがおすすめする月間で1万円貯金する方法をお伝えしていきたいと思います。


すぐにでも実践できるお金の節約方法

食費の見直し

もっとも手軽で、なおかつ効果的な節約方法、それは食費の見直しです。

我が家ではこれで月間あたり数千円単位の節約効果がありました。

食費の見直しで重要なのは主に3つ

・まとめ買いで節約

・コンビニを利用しない

・むだな買い物はしない

1つずつ詳しく見ていきましょう。

まとめ買いで節約

まとめ買いをすることによって商品単価を抑える方法は、かなり効果的な方法です。

スーパーなどで特売があれば、缶詰や冷凍食品などの長期保存が可能なものはまとめて買い込んでおきましょう。

通常単価で買うことを考えたらかなりお得です。

コンビニを利用しない

我が家で最も厳しく決めているルールがこれです。

コンビニは利用してはいけません。

コンビニはとっても便利です。

分かります分かります。

ですが、その半面コストが高すぎます。

おにぎりやお弁当、お惣菜や飲み物、スイーツやお菓子、これらすべてのものがスーパーでは安く買うことができます。

コンビニ限定商品などもあり、かなり魅力的な部分もありますが、スパッと潔くコンビニは利用しないと決めて、必要なものはスーパーでまとめ買いしましょう。

むだな買い物はしない

ちょっとまって!

あなたの買い物かごのそれ、本当に必要ですか?

必要ないものは買わないのが節約の鉄則です。

これは食費にかかわらず、節約全般に言える必須キーワードです。

どうしても我慢できないときは、頻度を減らすことで代替えが可能です。

例えば、毎日食べているお菓子(むだな買い物)などがあるなら、週に1回のごほうびにしちゃいましょう。

1つ200円のお菓子を毎日食べていたとすると

200円×30日=6,000円(月間)

これを週に1回にしたとしたら

200円×5週=1,000円(月間)

その差はなんと月間で5,000円です!

この5,000円が1年間継続できた場合

5,000円×12ヶ月=60,000円!!

どうです?

これだけで1年間で6万円も節約できちゃいます。

想像しただけで震えますね!

水道光熱費の見直し

次におすすめする節約方法は、水道光熱費の見直しです。

公共料金は、生活する上で絶対に支払わなければなりません。

ここに落とし穴があって、どうせ払わなきゃならないんだからという理由で細かく月にいくらかかっているか見ていない人が多すぎます。

わたしの周りにも多数いたので、アドバイスしたところ、大幅な節約になったひともいましたよ。

水道光熱費の見直しは2つのポイントがあります。

1つは水道、ガス、電気の使い方、もう1つは電力会社・ガス会社の見直しです。

水道、ガス、電気のむだ使いに注意する

お風呂や歯を磨くときに水道をだしっぱなしにしている人って意外と多いですよね。

資源のむだでもありますし、何よりもお金が流れていってると考えたらどうでしょう?

ガスもそうです。

料理の時間は適切ですか?

長時間火を使ってませんか?

母親にこのことを話したらかなり効果がありました(笑)

最後に電気ですが、これが一番節約しやすいかもしれません。

誰も見ていないのにテレビがつけっぱなし、電気をつけたまま寝てしまう、使っていない家電の電源が入りっぱなしなどなど。

少し気をつけるだけでしっかり節約になりますので、ぜひ普段の生活を見直ししてみてくださいね。

電力会社・ガス会社の見直し

電力自由化、ガス自由化という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

簡単に言ってしまうと、電力会社やガス会社を自由に選ぶことができるということです。

以前だと決まった地域の電力会社やガス会社を使用するしかありませんでした。

しかし、現在ではユーザーがこれを自由に選ぶことができるようになっています。(住んでいる地域によっては対応していない場合もあるので注意してください)

メリットもデメリットもありますが、見直すことで家庭によっては月間で数千円という大きな節約につながるので、ぜひチェックしてみてください。

こちらで比較検討ができるので、気になった人はどうぞ。

他にも現在使用している料金プランを見直すことでも節約になることがあります。

契約時になんとなく契約してしまったという人は、改めてプランの見直しをおすすめします。

携帯料金の見直し

携帯料金の見直しも、かなりの節約効果が期待できます。

我が家では、以前は夫婦で月に2万円近く払っていましたが、現在では約半分の1万2千円まで下げることができました。

我が家のように、携帯料金が月に1人あたりの金額が1万円以上かかっている人は改善の余地があります。

具体的な方法としては、格安SIMに乗り換えてしまうことです。

今や格安SIM会社は500社以上と言われています。

3大メーカー(DOCOMO・au・Softbank)はサービス内容が充実しているのは間違えありません。

ですが、人によっては不要なサービスでお金がかかっている場合もあります。

格安SIMは取扱い会社によってサービスが細分化されているので、かならず自分に合った料金プランの会社が見つかるはずです。

こちらで比較できるようなので、参考にしてみてください。

我が家の場合、まだ格安SIMへの変更はできていませんが、しっかり比較検討していずれ乗り換えようと考えています。

ちなみに、我が家が携帯料金を節約できたのは、プランの見直しや携帯会社の乗り換え、型落ちのスマホ購入などのおかげです。

これだけでも数千円単位で節約になるので、携帯料金の見直しはかなり効果がありますよ。

保険の見直し

我が家で最近やった節約が保険の見直しです。

結果としては、月に約2千円の節約ができました!

年間だと2万4千円!

これはうまい!

といっても、保険は複雑で分からんわい!という人がほとんどだと思います。

わたしもそんな1人で、保険会社の数、そして保険の種類の多さで自分で選ぶのはハードルが高すぎると断念・・・

保険てセールスの人にアレコレ説明されるけど、よくわからなくないですか?(わたしだけ?)

以前の保険は、ほんとてきとうに決めちゃってたので、かなりいい金額を10年近く毎月支払っていました。

何かいい手はないのかと、いんたーねっつ先生にきいてみたところ、そんな時は専門家に尋ねるのがベストだよと教えてくれました。

その専門家とは保険のビュッフェ

FP(フィナンシャルプランナー)というお金のスペシャリストたちが、わたしたちひとりひとりに合った保険を紹介してくれます。

え?なんかそういうの怪しくない?

結局、保険をおすすめしてくるだけでしょ?

なんて不安を感じている方はどうぞご安心ください。

保険のビュッフェは、多数の保険会社の商品を取り扱っていて、おすすめこそすれど、この会社のこの保険に入ったほうが良いですよ!みたいな勧誘は一切ありません。

FPの方と直接面談を行って、最初の面談でユーザーのニーズをきいて、次の面談で商品の具体的な話になります。

仮に気に入らなかったら断ってしまっても問題ありません。

なにせこの保険のビュッフェは無料です。

それどころか今なら(H30/7月現在)面談するだけでオリジナルグッズやギフトプレゼントを実施しています。

無料な上にプレゼントって、ユーザーだけがうまいシステム!

我が家ではみじん切りマシーンをいただきました。

玉ねぎのみじん切りがおもしろいくらい時短になりましたよ!

わたしの担当のFPの方は、自称保険マニアらしく、保険のことを洗いざらい調べるのが好きと言っていました。

変態ですね。

でもその変態さんは、わたしのように保険のことがさっぱりというド素人にも分かりやすく、そして根気強くいろいろ教えてくださりましたよ。

みなさんも、気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょうか。

家賃・ローンの見直し

これは一人暮らしの方や、持ち家の方に当てはまる節約方法です。

一人暮らしの方にぜひ問いたい!

あなたの家賃、適切ですか?

これはわたし自身がはまってしまったむだ出費の1つでして、結婚前に住んでいたアパートの家賃がべらぼうに高かったのです。

家賃が高かった理由としては、どうせ済むなら広い部屋を借りたいということで、分不相応な部屋を借りていたためです。

3年ほど経過して気がついたのは「家賃の支払いきっつ!」です。

そのことに気がつくのに3年もかかりました(笑)

でも実際に住んでいる時は不思議なもので、そのことに気が付かなかったんですよ。

みなさんの中にもそんな方はいませんか?

その後わたしは引っ越しをしました。

家賃は前の部屋に比べて1万円安くなりましたよ。

仮に3年前にその1万円安い部屋を借りていたら、36万円も得してたわけです。

考えたくないくらいの金額ですね・・・

みなさんもぜひ見直ししてみてください。

自身の月間の収入と出費を一度計算してみたら案外簡単に答えがでると思いますよ。

住宅ローンも同じです。

我が家では月に7万円の住宅ローンを払っています。

正直なところ「たけええええええええ!!!!」と毎月絶叫しております。

そこで今考えているのは、ローンの借り換えです。

まだ調査中ですが、条件次第では安くあがるかもしれません。

いつかここで結果報告ができたらおもしろいネタになるかなーなんて考えてます。


節約のコツは「マインド」

ここまで5つのお金の節約方法を紹介してきました。

すべて重要な方法ですが、なによりも重要なのは節約しようというマインド、つまり気持ちです。

節約しようという気持ちがなければ、実際に節約するためのアクションはおこせません。

今回紹介した方法は、どれも時間もかかりますし、非常に面倒で手間です。

わたしがもっとも面倒だと感じたのは保険の見直しです。

自分でなんとかできるだろうと考えていたので、まず保険とはなんだ?というところから調べ始め、保険の種類、保険会社などをもくもくと調べていました。

その結果、自分ではムリだと判断できたのは調べ始めてから3日後です。

時間にして6時間以上かかっています。

6時間あればブログ記事だって2本は書けたはずです(多分)

そこから前述の保険のビュッフェに申し込んで、実際に契約までかかった日数は1ヶ月です。

なぜわたしがそこまで保険の見直しに時間をかけることができたか、それは少しでも節約したかったからです。

その強い信念があったからこそ、その努力が苦ではありませんでした。

今の時点で行う節約は、老後などに大きなリターンとなって返ってきます。

将来が不安視されるわたしたち現代人は、もっと節約に敏感になるべきなのです!

これを読んで少しでも節約に興味をもったら、すぐ行動に移しましょう。

行動が早ければ早いほど、節約の効果は大きくなりますよ!

まとめ

今回の節約のまとめです。

まとめ

節約の重要性を認識する!

すぐにできる節約方法を実践する!

節約は気持ちが重要!

月に1万円節約できたとしたら、1年で12万円、10年で120万円です。

この金額が大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれでしょう。

ひとつひとつの節約金額は大したお金ではないかもしれません。

ですが、その小さな節約が将来の自由を約束してくれると考えてみてはどうでしょうか?

明るい未来のために、今からしっかり節約していきましょう!

 

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger