30代のおっさんにささる恋愛トーク

30代の彼女ができない男性にこそ読んでほしいわたしが実践した方法

 

うす毛で低身長、見た目は完全なオタクのわたしです。

こんにちは!

とあるブログを読んでいたところ、30代のブログ主が、彼女ができないことで悩んでいるという記事を読みまして、禿げ激しく共感してしまいました。

というのも、わたくしも30歳を過ぎるまで一度も彼女ができたことがない、いわゆる「年齢=彼女いない歴」だったので、痛いほどブログ主の気持ちがわかってしまったんです。

いてもたってもいられなくなったわたしは、こうして記事をしたためているわけですが、今回の記事は、同じような悩みを抱えている方の光明となれればと考えております。

モテなかったわたしでも、今は妻一人、子一人に恵まれて幸せな家庭を築くことができております。

そんなわたしがどうやって彼女をつくったのか、わたしの恥ずかしい黒歴史も全てお話ししていきますし、彼女をつくるために行った努力も具体的にお話ししていきます。

30代のモテない男性達よ!これを読んでさびしい日々から脱却しましょう!

 


 

30代でも諦める必要はない!年齢=彼女いない歴だったわたしが実践した方法!

 


なぜ30代男性である自分には彼女ができないのか

 

恋愛経験の有無にかかわらず「30代の男性である自分に彼女がなぜできないのか」を考えたことがあるでしょうか。

男性も女性も、歳を重ねるごとに見た目という点では衰えていきます。しかし、それに反して中身は成熟していき、俗にいう大人の魅力が備わります。

20代が見た目のピーク、40代が大人の魅力のピークだとしたら、30代はちょうど見た目と大人の魅力の融合地点と言えますよね。

なのに、なぜ彼女をつくることができないのか。

もし、普段からこのように自分に彼女ができない理由を考えているのであれば、努力次第では充分に幸せな未来を手に入れることができると断言します。

そうでない方は、まず、自分に彼女ができない理由を客観的に考えてみましょう。

・彼女ができない理由を自分なりに考えてみる

 

彼女ができない理由は?

なかなか、ナイフのような切っ先の鋭い質問ですよね。

これをあえて自分に向けるところから始まりますが、自分を客観的に見ることは非常に重要です。

理由としては、まわり(主に女性)から自分がどう見えているのかを把握することで、彼女作りへの攻略の糸口が見えてくるからです。

どういうことかというと、例えば、わたしの場合だと、低身長・オタク顔・うす毛という、どう見ても女性との縁がなさそうなスペックだと自覚しています。

ですが、逆に言えば、この残念スペックをなんとかすることができれば、人並みになるということですよね?

このように、欠点やコンプレックスを把握しているかどうかで、次のステップへ進んだときの効果がガラリと変わるので、心を鬼にして自分と向き合ってみてください。

どうしても自分ではわからないという方は、さらに辛くなりますが、家族や友達に相談してください。歯に衣着せぬ発言が心をえぐりますが、その痛みは自分の成長の第一歩です。酒でも飲んで乗り越えましょう!

・年齢・身なり・職業・見てくれ・趣味、切り口はいくらでもある

 

高身長、高学歴、イケメン、欠点をあえてあげるとしたら30代ってくらいかな?

こんなパーフェクト超人はそうそういないと思いますが、もしかしたらこのパーフェクト超人は水虫で、すね毛が濃いかもしれません。

まあ、そんな部分が女性に見えるかと言われたら見えませんけどね。自分が作り出した偶像に軽くイラッとしたので、無理やり欠点をつけてみました(笑)

冗談はさておき、自身を客観的に分析してみて、引っかかる部分は見つかりましたでしょうか?

年齢・身なり・職業・見てくれ・趣味などなど、女性から見られたときにあまり良い印象を持たれない部分が見つかったら、それを元に次のステップへと進みましょう。

次のステップとは、その欠点やコンプレックスを解消していくことです!

実にシンプルですが、そのわりには効果は絶大です。欠点を補うことができれば、今までよりも女性の視線を集めるというハードルがぐぐっとさがります。

 


彼女ができるような戦略をたてよう

次のステップに進む前に、「彼女ができるような戦略」を立てましょう。

さっきまでは「なぜ彼女ができないのか」を考えましたが、今度はその逆で、「どうしたら彼女ができるのか」を考えるのです。

この2つの問の答えが「彼女」への道となりますので、大事なポイントになります。

彼女ができないのは、自分の欠点やコンプレックスが丸見えだからでしたよね。

では、どうしたら彼女ができるのでしょうか。必死に考えたわたしがたどり着いたのは、たった2つのポイントでした。

・自分が女性だったらどんな男性を好きになる?

 

これ、本気で考えてみてください。

「自分がもし女性だったら、どんな男性を好きになる?」

わたしだったら、先程のイメージしたパーフェクト超人のような、自分と正反対の男性を好きになります。でも、実際にはそんな人はCGかテレビの中の人くらいしかいないので、もう少し妥協してみましょうか。

せめて、わたしよりは背が高くて、ちゃんと手に職があって、優しくて、わたしを大事にしてくれる人が良いですね。見た目に関しては、かわいい顔、服装はわりカジュアルな感じが好みかな。これでもわたしと比べたら充分にハイスペックですが(笑)

あくまでも理想なので、手に届きそうで届かないくらいは想像しちゃいましょう。ここから現実世界で実際に出会う男性に、どれくらい妥協できるのかは正直なところ会ってみないとわかりません。

さて、すっかり乙女モードになってしまいましたが、このように女性が好きになる仮想の理想男子を作りあげることは重要です。

できるのであれば、その理想の男子に近づくか完璧になりきってしまえば、この問はあっさり解決します。

中には「女の好みなんてわかんねーよ!」みたいな方もいらっしゃるかと思いますので、そんな方には、実際に女性に「どんな男がタイプ?」ときいてみちゃってください。

この方法が一番手っ取り早いし、正確な答えがでますしね。わたしの調査では、女性は案外高望みしていないなーという答えにたどりきました。

本音かどうかまでは他人の心なので見透かすことはできませんが、見た目に執着している女性はあまり多くありません。男性は女性に対して自らハードルをあげすぎていますよ。

・女性に対して自分から壁を作らない

 

無事に理想の彼氏像を作り上げることができたら、今度はそれを実際に動かしてみましょう。

わたしもそうでしたが、女性とあまりお話したことのない男性は、女性との間になぜか自ら壁を作りたがる傾向にあります。

コンプレックからくる自己防衛なんですけど、相手の女性にとっては「なんでこの人、こんなにおどおどしてるの?」と疑問を持たれるだけなので、できるだけナチュラルに自信ありげに女性と対面できるように訓練しましょう。

といっても、これがなかなか難しい!

女性ってなんであんなに威圧感あるんでしょうね?(笑)

なんかあの圧に負けちゃって、おどおどビクビクしちゃんですよね・・・

そこで役に立つのが先程作り上げた「理想の彼氏像」です。

女性と話す機会があれば、その理想の彼氏像を自分に憑依させちゃってください。

これ、めちゃめちゃ効果ありますよ。わたしの場合だと、女性が自分の近くにくるだけで一歩分離れたりしてたんですけど、理想の彼氏像を自分に重ねることで、結構平気になりました。

最終的には、理想の彼氏像のことは気にすることなく、女性と接することができるようなります。

わたしのように、女性に対して壁を作っちゃうタイプの方にはぜひおすすめの方法ですので、理想の彼氏像は紙に書き出したりして、よりイメージしやすいように設定付けておくと心強い味方になってくれますよ。


30代のわたしが実践した彼女ゲット作戦

「彼女ができない理由」と「どうしたら彼女ができるのか」、この2つの答えがでたところで、ここからはそれを活かすための自分磨きを行っていきます。

今回ご紹介する方法は、わたしが実践したものばかりですので「自分には効果がないわ!」って方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ピンポイントに刺さる部分もかならずあるはずなので、自分に活かせそうなものはどんどんチャンレンジしてみてくださいね!

・自分のコンプレックスを1つでも減らす

 

一番重要な自分磨きの方法は「自分のコンプレックスを1つでも減らす」ことにあります。

わたしの場合だと、女性とお付き合いしたことがなかったので、うす毛が最高にコンプレックスでした。ですから、真っ先にうす毛をどうにかしようと試行錯誤しました。増毛に育毛はもちろん、髪型で隠す方法なんかもいろいろ試しましたよ。

あとは、30代らしくおなかがぽっこりしてたので、仕事が終わってからウォーキング、慣れてきたらジョギング&筋トレとメニューを変えていきました。

このコンプレックスを克服することは、女性に対してだけではなく、自分自身にものすごく自信がつくので、できる限り早く始めることを強くおすすめします。

・身なりを整える

 

女性は、顔自体にはあまり好みはないという方が多いのですが、顔のパーツに対しては細かくチェックしているという意見はよく耳にします。

典型的なのは、まゆ毛の処理と青髭、あとは髪型です。

ボサボサまゆ毛に、剃り残し抜群の青ひげ、まゆ毛以上のボサボサヘアーでは、相当イケメンでもない限りマイナスにしかなりません。

男性はこういった美容部分に無頓着な方が多く、わたしももちろんその1人でした。ですが、女性からこのような部分をよく見ていると実際に聞いていからは、かなり気をつけるようになりました。

顔だけに限らず、服装も同じです。

首の部分がよれよれになったシャツや、しわしわのズボン(おっさんらしくパンツではなくズボン)では、不潔感が漂います。

ユニクロだろうがなんだろうが、清潔感のある服装を心がけましょう。

「清潔感のある服装ってなんだよ!」方は、店員さんに見繕ってもらってください。これが手っ取り早いですし、一番効果的です。その道のプロがコーディネートしてくれてるわけですから、わからない自分が選ぶよりも正解に近づけるはずです。

店員さんに選んでもらうときは「女性受けする服装で」と伝えるのがポイントです。ぜひお試しあれー

 

・自分への投資をケチらない

 

日本人はお金を使うことに大きなストレスを感じるそうです。

当然といえば当然ですよね。100円、200円ならまだしも、10万、20万と高額になれば誰でも躊躇してしまいます。

なんのこっちゃ?と思われたかもしれませんが、自己投資のお話です。

最初にお話した、コンプレックスを1つでも解消するとありましたが、そのコンプレックスを解消するには数万というお金がかかります。だれでもそんなにお金は使いたくありませんよね。

ですが、そのためのお金をどうかケチらずに自己投資だと思って使ってください。

ここでケチってしまうと、結果がついてこない可能性が高まります。

またわたしの例で申し訳ありませんが、まともな服を持っていなかったわたしは、実戦(デート)で使える服を1回の買い物で10万円分購入したことがあります。

思い返せば当時のわたしの行動力すげええええええ!となりますが、彼女がほしかったので必死でしたね(笑)

これが参考になるかは皆さん次第です。わたしから1つ言えることは「目先の利益よりも明るい未来への投資」ですよ。

 

出会いに積極的になる

 

自分磨きができてきたら、あとは実戦(デート)あるのみです。

どんどん出会いに積極的になりましょう!

こんなお話をすると「いやいや、その出会いがないっつーのwwww」みたいな意見を返されそうですが、みなさんがないと思ってるだけで、出会いなんてそこら辺中にゴロゴロ落ちてますよ?

まずは、凝り固まった自分という殻を壊してみてください。「自分はこうだから」と決めつけすぎず、柔らかく大きな視野で世間を見てみましょう。

勤務先の事務員さん、取引先の受付さん、いきつけの居酒屋の店員さん、毎朝よるコンビニの店員さんetc.

どんな場所でも、自分が気に入った方ならいいじゃないですか!

わたしは取引先の事務員さんとお付き合いしたことがありますし、合コンで知り合った女性とお付き合いしたこともあります。嫁に至っては、飲み会で知り合った女性ですよ?

ほかにも友人の紹介だったり、勤務先の先輩の娘さんもありました。

「出会いがない」はただの言いわけです。

わたしのように本気で彼女を探す気になれば、いくらでも出会いなんて見つかるはずです。

このご時世、出会い系やマッチングアプリだってあるじゃないですか。ほんとなんだって良いんですよ。それをきっかけに経験を積んでいけば、かならずゴール(彼女)は見えてきます。

ビビらずにどんどん飛び込んでいきましょう!

30代が彼女をつくるために必須なのは「トーク力」

ここまでで、彼女ができるためのノウハウはかなり身についたはずです。あとは、もう一押、最後にして最大の必須テク「トーク力」についてお話していきましょう。

わたしは、お世辞にも見てくれが良い方とは言えません。18歳のときからあだ名は「(つるっ)パゲ」でしたし、絵に描いたようなオタク顔です。おまけに身長も低く、ガリガリなのにお腹だけがぽっこりでてました。

性格も暗く、できるなら一日中誰ともしゃべらずに過ごしたいという超絶内向的で、趣味はゲームという、ほんと今とあまり変わらない良いところを探すのが難しいレベルでした。

年齢も気がつけば30代。周りはどんどん結婚していき、自分だけが世界から取り残されたような焦燥感に襲われる毎日を淡々と過ごしていたのを、今でもはっきりと覚えていきます。

その時によく考えていたのは「このまま一生彼女というものができることなく死んでいくのか」でした。

そんなどうしようもなかったわたしが「彼女がほしい」という大それた希望をもってから一念発起し、行動に移すようになったときに立ちはだかった壁が「会話」です。

ここまで、長々と彼女ができるためのいろんな方法や、マインドをお話してきましたが、それらすべてをひっくるめても「会話」以上に重要なものはありません。

わたしにはトーク力が圧倒的に欠けていました。根暗でオタクだったわけですから、当然と言えば当然ですよね。

いざ女性と対峙しても、会話がまったくできないことに気がついたわたしは、トーク力を磨くことを決意しました。

その方法とは「聞き上手になること」です!

 

・トークに自信がないなら聞き上手になれ!

 

トーク力を磨く方法をネットで検索してみると、いろんな手法がでてきます。それをものすごく大きく2つに分類すると

・話し上手(自己発信)

・聞き上手(受け身)

こうなります。

話し上手な方は、自分から相手へ情報を投げかける、言わばオフェンシブなプレイヤーです。一方の聞き上手は、相手からの情報に耐え続ける、ディフェンシブなプレイヤーということになります。

この2つを比較して、自分にもできそうなのは聞き上手、というかこれしか選択肢がありませんでした(笑)

聞き上手といっても、ただ話を聞いているだけではなく、様々なテクニックを駆使しなくてなりません。

・相槌を自然に、なおかつ確実に決める

・秘技「オウム返し(相手の言ったことを自然に繰り返す)」

・相手の話が止まったときの対処法(他の話題を振るorそれでそれで?と促す)

・それでも止まったら最後の切り札「最近どう?(なにもないわ⇒じゃー、前のアレどうなったの?などトークの対応が豊富)」

・同意と共感(興味のない話題でも「わかるわ」)

・オーバーリアクション(つまらない話でも「マジで?wwwww」)

これは実際にわたしが実戦(デート)の中で積み上げた、経験から得た聞き上手マル秘テクニックの数々です。

最初からすべてうまくできたわけではありませんが、何度も繰り返しているうちに、どんなシーンでも自然にこのマル秘テクが炸裂するようになりました。

聞き上手の最大のメリットは、相手の情報を引き出せること、相手のストレスを発散させることができること、相手からの信頼感を得やすいことです。

一方、デメリットとしては、興味のない話を延々と聞かされること、ストレスがたまることです。

オフェンシブなプレイヤーのみなさんは、ディフェンス側がこのようなことを思ったり、感じているということを覚えておくと役に立ちますよ。

自己発信が苦手な、わたしのようなオタクタイプな男性は、聞き上手になることをおすすめします。

誰でもできますし、オフェンス(自己発信)に比べたらディフェンス(受け身)の方が圧倒的に簡単です。

トーク力に自信がない方は、ぜひディフェンシブなプレイヤーを目指してみてくださいね。

まとめ

 

7000文字の大ボリュームとなりましたが、30代の男性のみなさんには届きましたでしょうか?

わたし自身の悩みや、苦労と努力を重ねた経験を発信することで、ひとりでも多くの彼女ができない男性のお役に立てれば嬉しいです。

今回の記事をまとめてみましょう。

まとめ

彼女を作りたいなら「なぜ彼女ができないのか」「どうしたら彼女ができるのか」を考えてみよう

自分磨きをしよう

・コンプレックスを解消して自信をつける

・身なりを清潔感あふれるように整える

・自己投資して自分を育てる

・「出会いがない」は甘え。出会いはそこら辺中に転がってる

彼女をつくるために「聞き上手」になれ!

こんなところでしょうか。

30代だからといって、男性のみなさんは諦める必要はありません。30代はまだまだ現役です。ガンガン攻めていきましょう!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger