MENU
生活が充実するちょっとしたライフハック

料理ができなくても絶対作れる男の弁当!冷食詰めときゃOK!

 

わたしの趣味は節約です!(キリッ)

ある日、wifeにこんなことを言われました。

 

wife
wife
お金ないからビールやめろ。
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
(くぅ~辛辣ぅ~!でもそこに憧れるぅ~痺れるぅ~)

 

わたしと同じように、奥さんからこんなことを言われたことはありませんか?

実際、面と向かって言われると結構ダメージ受けますよね・・・

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
(お金はないけど、ビールはやめたくない!どうしたらいいんだろう?)

 

悩みに悩んだ結果思いついたのが「そうだ!弁当を作ろう!」でした。

ビール=食費ですからね。同じ分野で節約してしまおうと考えたわけです。

ということで、今回は食費を浮かすための「男の弁当作り」についてお話していきます。

料理がほとんどできなかったわたしが、毎日自分で弁当を作ってわかったこと、そして、どうしたら手間も時間もかからずに作れるのか、失敗談を交えながら紹介しますので、同じく家計を圧迫している浪費家のあなた、ぜひぜひ最後まで読んでみてくださいね。

では、さっそくいきましょう!Let’sら節約!


 


実際弁当で食費はどれだけ節約になるのか

弁当作りの前に、弁当を作ることによって、食費がどれだけ節約になるのかを考えてみましょう。

どれくらい節約になるのかわからなければ、やる気もおこりませんからね。(当たり前)

そこで、サラリーマンのみなさんに質問です。

毎月の昼食代や飲み代を計算したことってありますか?

少々めんどうだと思いますが、計算してみてください。

あまりの金額に腰抜かしますよ。

わかりやすいように、以前わたしが弁当を作っていなかったときの昼食代を見てください。

1ヶ月=22日稼働 × 昼食代平均800円 = 17,600円/月!!

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
マジで!?そんなかかってたんかい!

 

これすごくないですか?計算してみてびっくりしたけど、そんなかかってたんだ・・・

17,600円ですよ?

これが1年だと 211,200円 ですよ?

21万円はあまりにもでかい!

ではでは、これを手作り弁当に置き換えてみたらどうなるのでしょうか。

1ヶ月=22日稼働 × 弁当平均100円(わたしの場合です) = 2,200円/月!!

はい、この結果を見てどう思われましたか?

念のために、1年間の弁当代も計算してみると 26,400円 です。

つまり、211,200円 - 26,400円 = 184,800円

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
これはひどい・・・

 

あくまでもわたしの場合ですが、年間で18万円もの節約になるわけです。

今現在、昼食をコンビニ弁当や外食で済ましているサラリーマンは、どなたでもかならず数万円単位で節約になります。

弁当を作らない理由が見当たらない!


料理ができない男性におすすめの4つの弁当の作り方

いかに弁当を作ることが節約になるのかわかったところで、いよいよ具体的な弁当作りに入っていきます。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
(前置き長すぎないか?)

 

が!その前にひとつ、弁当作りのコツを伝授致します。

そのコツとは「手間をかけないこと」です。

これがめちゃめちゃ大事なので、脳みそに深く刻み込んでください。

「手間をかけないこと」を前提に、手軽かつ、リーズナブルな弁当の作り方を4つの方法にわけて紹介していきますが、安心してください。むずかしいことは何ひとつありません。

明日からでもすぐに使えちゃう「男の弁当作り」、とくとご覧あれ!

①冷食をフル活用する

 

弁当作って!」と言われたら、どんな弁当を想像しますか?

ほとんどの人が、卵焼きやウインナーなどの「料理」の入った弁当を思い浮かべたはずです。

これが男性たちを弁当作りから遠ざける一番の原因です。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
そりゃ、そうだろ。朝から料理する時間なんてないっつーの!(できないだけだけど)

 

ご安心ください。わたしが紹介する男の弁当作りでは、「料理」をする必要は一切ありません。

思いだしてください、男の弁当作りは「手間をかけないこと」です。

サラリーマンは身支度に時間がかかる(主にヒゲ剃り!)ので、弁当作りに時間や手間をかけてる暇はありません。

これはわたしもサラリーマンなので、充分に理解しております。

そんな時間の足りないサラリーマンの弁当作りは、「冷食をフル活用する」ことで簡単に打破することができてしまうんです!

みなさんは買い物の時に冷食コーナーってちゃんと見たことありますか?見たことがないという方は、今度ちゃんと見てみてください。

今の冷食は恐ろしいくらいに実用的です。おかずのひとつひとつがセパレート式になっていて、1食ごとに切り離して、レンジでチンするだけでいいんですよ。

完成度も非常に高くて、レンチン ⇒ 弁当に詰める ⇒ 弁当作り完了!です。

さらに、野菜中心の和食惣菜が3~6種類入った冷食などもあり、下手なコンビニ弁当よりもはるかにバランスの取れた弁当が作れちゃいます。

これを何種類か弁当箱に詰めるだけで、弁当が完成しちゃうんですよ?簡単すぎません?

わたしの弁当作りは基本的にこれで、所要時間は2~3分です。

1種類の冷食に付き、だいたい5~6食分入っており、価格は130円~160円くらい

もし4種類の冷食を1回に1カップづつ使用した場合、1カップあたり高くても30円くらいなので、おかずだけで考えたら弁当1回の価格は30円×4種類で120円程度に抑えることができます。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
やすっ!

 

この他にかかるお金は、ごはんと飲み物代だけです(飲み物も自宅で麦茶を作るとさらに節約になりますよ!)

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
でもなー、冷食だけを詰めた弁当はなんか抵抗あるなー

 

という人は、冷食のバリエーションを増やすのがおすすめです。

しつこいようですが、今の冷食の完成度は非常に高く、一見すると冷食に見えないくらいのものもあります。(ただしお値段がお高い!)

冷食は、時間のないサラリーマンの強すぎるくらいの味方です。どんどん活用しましょう!

②作り置きや前日の残りものでバリエーションを増やす

 

冷食に飽きたときに取り入れたいのが、「作り置きや前日の残りものでバリエーションを増やす」方法です。

この方法はわたしも活用していますが、冷食のようにパック分けされていない分、やや手間がかかります。

ただ、それ以上にメリットが豊富で、前日の残り物を詰めることで余り物の処理にも役立ちますし、自分の好きなおかずを弁当に入れることができます。

前日の残り物はメリットの方が勝ってますけど、作り置きの方には少し注意が必要です。

これはわたしの失敗談になりますが、ひじきの煮物やきんぴらごぼうをあらかじめ大量に作っておいて、それをアルミカップに小分けにして、冷凍保存していました。

方法としてはすばらしい節約っぷりだと我ながら思いますが、非常に手間がかかります。

まず料理する時間に1時間~2時間、作ったものを冷まして小分けするのでまた1~2時間かかるので、手間がかかりすぎるということでやめました。

ただ、方法自体は冷食よりも更に安上がりになるので、節約効果は抜群です。

奥さんに作ってもらうという考えもありますが、それはあまりおすすめできません。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
時間かかるし、手間を考えたらお願いしづらい・・・

 

料理好き、時間がある、そんなサラリーマン(いるの?)にはおすすめの方法です。

③弁当の仕込みは前日の夜にやってしまう

 

弁当の仕込みを前日の夜にやってしまう」ことで、朝の貴重な時間を確保することが可能になります。

例えば、冷食の中には自然解凍OKのものもありますので、前日の夜から使う分を冷凍庫から冷蔵庫に移してしまったり、めんどうであれば弁当箱につめた状態で冷蔵庫で保存しておくのもありです。

同じく前日の残り物も、そのままアルミカップに使う分をつめて、冷蔵庫で保存しておけばOKです。

一度冷凍保存してしまうと、解凍の手間がかかります。

このように食材を効率的に使えるようにしておけば、時短にもなりますし、手間も省けて一石二鳥です。

④トマトとブロッコリーがあれば充分見栄えする

 

冷食をフル活用してしまうと、弁当の彩りが揚げ物中心で茶色くなることが多々あります。(わたしだけ?)

わたしの弁当を見たwifeが「野菜を入れたらいいんじゃない?」ともっともなアドバイスをしてきましたが、野菜を朝から切るのは手間だし時間がかかるので断固拒否!

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
コンセプトは「手間のかからない弁当作り!」や!

 

そこで思いついたのが、切らないでそのまま使える野菜を入れる方法です。

わたしの場合は、ミニトマトの使用頻度が高く、他にも前日の夜に茹でておいたブロッコリー(手で裂いておく)あたりを重宝しています。

他にもレタスやキャベツはざっと水で濡らして手で適量ちぎるだけで良いので、好んで使っています。

おかずのすべてが冷食でかためられた弁当はちょっと・・・という方は、この野菜を入れる方法がおすすめです。

赤とか緑が入るだけで、弁当って急に華やかになるんですよね。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ほんとだ!急に女子力あがった!(ように見える)

 

同僚からの視線が気になるサラリーマンにおすすめです。


毎日の弁当作りのモチベーションを保つ方法

弁当作りで最大の問題は、毎日弁当を作り続けるモチベーションを保つことです。

作り始めのころは、作業の新鮮さや、手軽さ故に「弁当作りなんか楽勝やんけ」となりますが、弁当作りに作業感がでてくると一気に面倒くさく感じるはずです。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
今日くらい弁当作りサボってもいいよ・・・ね?

 

一度サボりぐせがつくと、そこから一気に崩れていくので、毎日の弁当作りのモチベーションを保つ方法を3つ紹介します。

①習慣にしてしまえばどうってことはない

 

これが一番のおすすめの方法なんですけど、弁当作りを習慣化させちゃうんです

ルーティンワークとはよくいいますが、朝起きて、出勤して、仕事して、終わって、帰宅するのってかなりめんどうじゃないですか?。

でも、やらなきゃいけないことなので、いやいやながらもやらざるを得ません。

そのルーティーンワークの中に、弁当作りもぜひ組み込んでください。

朝起きて、弁当作って、出勤して・・・

わたしは、繰り返しているうちにめんどうという感情は消えて、当たり前になりました。

考え方次第ではありますけど、めんどうだと自分に思わせないように工夫することが大事です。

【誰でもできる】趣味や勉強が続かない30代のための習慣化のコツを余すことなくお伝えします!あなたは、上の三日坊主おじさんと同じような経験はありませんか?鼻息も荒く、「俺はこの資格をとって、キャリアアップするんだ...

②1周間に1回ごほうびを自分に与える

 

これもおすすめの方法です。

毎日弁当づくりがんばってる俺に、1周間に1回ごほうびを与える!制度をぜひ作ってください。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
弁当作りがんばってるなんてえらすぎる!

 

ごほうびの内容はなんでもいいんですよ。

例えば、普段は禁止しているコンビ二の惣菜1つとか、デザートでもおかしでもなんでもござれ。

ただし、あまりにも高額な条件をつけるのはよくありません。

1周間に1回飲みに行っていい、毎週1万円のお小遣いとか、破格なご褒美を与えていると、弁当作りで節約している分以上の出費になるので気をつけてくださいね。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ほ、ほどほどに(がっかり)

 

③弁当作りが楽しくなるように工夫する

 

弁当作りを楽しくするのもおもしろいですよ。

わたしがたまにやってるのは、「弁当作りタイムアタックイベント」です。

基本的には、わたしの弁当作りは2~3分で終わりますが、1分で終わらせられるときもあるんですよ。

これを意識的にタイムアタック形式でチャレンジするんです。

スマホのタイマー機能を利用して制限時間1分にセット、スタートと同時にめっちゃ猛ダッシュでつめます。

ごはんを詰める時間がタイムアタック攻略の鍵をにぎっているので、焦りながらも一生懸命つめるんですよ。

あとは冷食をつめて完了ですが、10回に1回も制限時間以内につめることができません(笑)

楽しみ方は人それぞれですが、こんな風に工夫してみるのもモチベーションを保つのに役立ちますよ。

番外編:ご飯をつめるのがめんどい人は”いいしゃもじ”使ってみて!

 

冷食はチンして弁当箱に入れるだけだから手間はほぼありませんよね。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ただ「ご飯」!てめぇだけはダメだ!

 

そう!弁当作りで一番の手間は、実は「ご飯をつめる」ことなんです。

しゃもじにご飯がくっついたりして、んまー時間がかかるしイライラする!

そのストレスを解消するためには、ちょっと”いいしゃもじ”を使ってみてください。

びっくりするくらい気持ちよくご飯がつめれちゃいます。朝から脳汁ドバドバです!

こちらの記事は、しゃもじにご飯がくっつかない方法から、おすすめのしゃもじと、その爽快感について詳しく書いてある記事なので、お時間があればぜひ読んでみてください。

 

すぐできる!”最強”のご飯がしゃもじにくっつかない5つの方法毎朝、My Wifeがイライラしながらこんなことを言うんですよ。「しゃもじにご飯がくっつく!」もう、朝から怒りが...

これであなたも弁当男子!

 

弁当作りがいかに節約になるのか、料理ができなくても充分作れることについてお話してみました。

男性は弁当作りのハードルを勝手に自分であげてしまっているような気がします。

自分が納得してれば、別にフル冷食でもいいじゃないですか。

むずしいことなんてひとつもありませんし、弁当作ってる時点であなたも立派な「弁当男子」のひとりです。

ただ、つめるだけです。コツは「手間をかけないこと」ですからね。

ゆるゆると、弁当男子始めませんか?

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger