MENU
生活が充実するちょっとしたライフハック

【んぎもぢいい!】毛玉をできる限り楽に短時間で取る方法はずばりこれ!

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
な、なんじゃこりゃ~!仕事に着ていくスラックスが毛玉の宝石箱になっとるやないか!買ったばっかりなんやぞ!
wife
wife
おいおい、なにやってんだよボケが!社畜のおまえに買い与えてやったわたしに対する裏切りか?
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ひ、ひいいいぃぃぃ!おゆるしくださいいいいいいい(ひたいを床にこすりつけながら)

いや~、のっけからラブラブでほんとすんませんね。

こんな優しくてきれいでステキな奥さんと結婚できて幸せです。ほんと。マジで。(血涙を流しながら

冗談はさておき、ルンルン気分でデートにきていこうと引っ張りだしたニットが毛玉だらけ!そんな経験はありませんか?

わたしの場合は会社にはいていくスラックスだったんですけどね、それがもうほんと笑えるくらい毛玉だらけだったんですよ。

いや、実は以前からうすうす気づいてはいたんですけどね。あれですよ。なんというか、見ていないふり?ってやつですかね(照れっ)

つい先日、その見ないふりがいよいよ限界に達しまして、さすがにはけないぞこれ!というレベルにまで毛玉が発展してしまったというわけです。

あわててwifeに相談したところ、「おまえのものなんだからおまえがなんとかしろ」という、とてもあたたかい参考になるお言葉をいただきましてね。

さっそく、Google先生におたずねしたところ、いろいろと対策が見つかったので、同じ毛玉仲間のあなたにもおすそ分けしようと本記事を書いてみました。

毛玉を取るにはどの方法がもっとも楽か、そして、毛玉をつくらないための予防方法まで、毛玉について徹底的に調べ上げておりますので、どうぞ最後までお付き合いくださいね。


 

もくじ


【楽に!短時間で!】誰でもできる毛玉を駆逐する方法をご紹介申し上げます候

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
毛玉ができてしまったのは仕方ない。重要なのはできてしまった毛玉をどうしたら駆逐できるかだ!
wife
wife
なにかっこうつけてんだ無能。なんでもいいから早くどうにかしろ

毛玉を取ること自体はとても簡単です。

究極の駆逐方法としては、むしり取ってしまえば手軽どころの話ではありませんよね。

ただ、毛玉をむしり取るのは基本NGで、むしることで生地が痛んだり、のびたりと良いことがひとつもないという御法度行為。

毛玉を取る上で大切なのは、いかに衣類にやさしいか、そして、手間がかからずに短時間で駆逐できるかに限ります。

セーターの毛玉を取るといえば、下記の方法を連想するのではないでしょうか。

・指で爽快にむしり取る

・ハサミで縦横無尽に戦場(セーターの上)を駆け抜ける

・カミソリで豪快に削ぎ落す

・毛玉取り機という文明の利器で駆逐する

・毛玉ブラシで根こそぎにっくき毛玉をからめ取る

・スポンジのザラザラ面で強引にけちらす

・セーターストーンでこすりちらす

以上が一般的な方法として浸透していると思います。

この中からM・S・K(モスト・すごい・毛玉取り)を選出するとなれば、わたしは迷わず毛玉ブラシ先生をあなたにおすすめします!


セーターやニットの毛玉を取るなら「毛玉取りブラシ」が簡単かつ短時間でできて最強!

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
こいつが毛玉取りブラシ先生の威力ってやつか・・・まるで麻薬のように中毒性がある爽快感だ(ごくり)
wife
wife
(おいおい、なんかぶつぶつ言いだしたぞこいつ・・・離婚届どこだっけ)

さまざまな方法がある中、毛玉取りにおいて毛玉取りブラシ先生に勝る毛玉取りアイテムは存在しません。(毛玉毛玉うるせえ!

とくに調べもしないで毛玉を取ると考えた場合、大体が家にあるカミソリかハサミを使ってなんとかしようと考えるはずです。

しかし、それでは手間も時間も労力もなんやかんやもいろいろとかかるので、まったくもっておすすめできません。

どうせやるなら、効率よく毛玉を駆逐したくありませんか?

そこで登場するのが毛玉取りブラシ先生様なんです。

わたしが異常なくらい毛玉取りブラシ先生様を推すには、3つの理由があります。

毛玉取りブラシをおすすめする3つの理由

毛玉取りブラシ先生がいかにすぐれているか、3つの理由をもとにお話ししていきますね。

①衣類を傷めることなく、安全に毛玉を取ることができる!

②あまり労力を使わずに短時間で毛玉の処理ができる!

③100均でも買える上にバカにできないくらい毛玉が取れる!

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①衣類を傷めることなく、安全に毛玉を取ることができる!

散々言ってますけど、毛玉を取る方法なんていっぱいあるわけですよ。

しかし、どの方法も衣類を傷めることになりかねない方法ばかりなんです。

・お気に入りのセーターをがんばってハサミで毛玉除去したのに、穴があいた

・カミソリで毛玉をとったら、生地が薄くなってしまった

・スポンジのザラザラ面をつかったら、ボロボロになってしまった

どの方法も効果はありながらも、同時にリスクもあります。

ここで頭にいれておきたいのが、どんな方法でも毛玉を取るということは、少なからず生地にダメージを与えるということ。

そして、いつかは毛玉が再発してしまい、それを除去し続けることでセーターに寿命がくること。

ですから、いかにダメージを少なくするかがポイントになるわけです。

からめとる方法は生地を引っ張ったりするので、カットするのがもっともダメージを与えない方法になります。

しかし、カットには穴があく恐れがあるのも事実です。

その点、毛玉ブラシ先生なら軽くこするだけですから、衣類に与えるダメージは最小限にしつつ穴をあけることもありません。

だからこそ、わたしは毛玉取りブラシ先生様を強く推すのです。

②あまり労力を使わずに短時間で毛玉の処理ができる!

毛玉取りブラシ先生様の最大の推しポイント、それはずばり”少ない労力”と”短時間での毛玉処理”にあります。

カミソリやハサミは毛玉を駆逐する能力はすぐれていますが、手の疲れがハンパないです。

比べて毛玉取りブラシ先生様はさっとなでるだけで、おもしろいように毛玉をからめ取ることが可能です。

さらに、ハサミやカミソリといった狭い範囲でしか効果を発揮しないものと比較しても、毛毛玉取りブラシ先生様は手を動かす範囲全てをカバーできます。

つまり、広範囲を高火力で一気にせん滅する、いわばナパーム爆弾のような性能をもっているわけですよ。

少ない労力と短時間での毛玉処理能力、ぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

③100均でも買える上にバカにできないくらい毛玉が取れる!

そんなこといっても、どうせお高い毛玉取りブラシをおすすめしてくるんでしょ?」と思われたかもしれませんが、そんなことはありません。

ぶっちゃけ、100均の毛玉取りブラシでも充分に戦力になりますから、わざわざ高いのを購入する必要はないと思います。

実際に、我が家で使っている毛玉取りブラシ先生様はセリアで購入したものですが、今のところ能力不足と感じたことはありません。

むしろ、ストレスなくスッスッと毛玉を駆逐してくれるので、買って良かったとすら思っています。

高級な毛玉取りぶらり先生ともなると、いったいどれほどのポテンシャルを秘めているのか・・・(ごくり)

100均なら気軽にお試しできますし、だまされたと思って一度使ってみてくださいね。


毛玉取りブラシと毛玉取り機はどっちがより取れる?

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
ふと思ったんだけど、毛玉取りブラシより毛玉取り機の方が楽じゃない?
wife
wife
おまえにしてはいいところに気がついたな!それは正解でもあり、間違えでもあるんだ

突然ですが、あなたに質問です。

洗濯板でアナログにごしごし洗濯するのと、最先端のテクノロジーがもりもりに搭載された洗濯機で洗濯するのではどちらが良いですか?

聞くまでもないですね(笑)

例えるなら毛玉取りブラシは洗濯板、毛玉取り機は洗濯機です。

どう考えても毛玉取り機一択なのに、なぜわたしは毛玉取りブラシをおすすめするのでしょうか。

その答えは、両者にあるメリット・デメリットが大きく影響しています。

毛玉取りブラシのメリット・デメリット

毛玉取りブラシのメリットといえば、手軽に効率よく、短時間で作業ができ、コストも安い、そして、衣類を傷めにくいこともセールスポイントです。

ほかのアイテムを使っての毛玉取り作業に比べると、大きなメリットと言えますよね。

一見、非の打ち所がないように見える毛玉取りブラシですが、実はデメリットもちゃんと存在します。

それは、ブラシをかけること自体は手作業のため、少なからず労力が発生することです。

平らな場所に毛玉だらけのセーターをおき、ブラシをかける。

簡単そうに見えて、なんども同じ動きを繰り返すため、意外と疲れます。

毛玉が頑固であればあるほど、あなたのうでは悲鳴をあげることに!

ただ、丁寧に毛玉を除去することができるのも事実です。

わたし個人の意見としては、一長一短どころか、一石二鳥くらいの価値はあると思っていますが、あなたはどう感じましたか?

毛玉取り機のメリット・デメリット

毛玉取り機もブラシに負けず劣らずのメリットが豊富です。

まず、なによりもブラシのような労力が必要ありません。

手軽 オブ 手軽」な上に、さらにブラシよりも時間がかからず、なおかつ毛玉をカットするので衣類にももちろんやさしいです。

パーフェクト超人な毛玉取り機ですが、やはりこちらにもデメリットがあることを忘れてはいけません。

気になるデメリットは、ずばりコストです。

毛玉取りブラシに比べると、機械のため、どうしても割高になってしまいます。

さらに、電池式であれば電池代、機械故の壊れるリスクなども重なるので、完全に安心して使うことはできません。

そして、もうひとつ見逃せないのが、ブラシよりも毛玉取り能力が劣ることです。

高性能なマシーンともなればそのような心配はほぼ不要ですが、「毛玉取り機ごときにそんなにお金かけてられない!」という貧乏性もとい堅実派はついつい安い毛玉取り機を使用しがちです。

ケチったことで、期待通りの効果を発揮できないしょっぱい毛玉取り機で駆逐作業にあたると、1回で毛玉がとれないなどの弊害がでてきます。

結局なんどもなんども毛玉取り機を往復させることになるので、ブラシと作業量がかわらなくなることも充分にあり得る話です。

あまり仕上がりを気にしないのであれば、安い毛玉取り機でさくさく除去するのが最効率になるでしょう。

結論:本気で楽したいなら毛玉取り機!丁寧な作業なら毛玉取りブラシ!

毛玉取り機は、とにかく楽ですがコストと作業の正確性に不安が残ります。

毛玉取りブラシは、自分のさじ加減でどこまでもきれいに作業が可能ですが、作業量が多くなり、労力と時間がかかる可能性が大です。

わたしの場合だと、多少時間や手間がかかっても、確実に毛玉を除去できるブラシの方が有能だと感じているので、毛玉取りブラシをおすすめします。

しかし、ある程度見栄えが良くなればいいくらいの考えであれば、圧倒的に毛玉取り機が有能だと感じるはずです。

結論としては、毛玉取り機も毛玉取りブラシも一長一短であり、自分に合った方を使用するのが良いと言えます。

その他の毛玉取りアイテムはあまりおすすめできない

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
じゃあさ、ブラシ以外の毛玉取りアイテムってどうなの?
wife
wife
もちろんブラシ以外にも毛玉取りアイテムはいくつかあるが、はっきりいってどれもおすすめできないぞ

毛玉を除去するときに、ブラシか毛玉取り機以外のアイテムを使うのはあまりおすすめしません。

理由としては、デメリットの方が圧倒的に勝っているからです。

よく「家庭にあるもので毛玉がこんなにとれる!」的なブログやサイトを見かけますが、デメリットについて深く語られておらず、鵜呑みにしてしまうと、大切なニットをダメにしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

そんな危険がいっぱいの毛玉取りアイテムについてお話ししていきますので、メモのご用意を忘れずに。

スポンジを使っての毛玉取りは絶対NG!

よくおすすめされる食器洗い用スポンジを使っての毛玉取りは、絶対NGです!

たしかに、スポンジの裏側にあるザラザラな面でこするとおもしろいくらい毛玉がとれます。

しかし、ザラザラ面でむりやり毛玉をからめとっているだけなので、まわりの繊維ごとひっぱりあげる、いわばむしり取っているのと同じ危険な方法なんです。

むしり取る方法は、まわりの繊維が浮かび上がるため、結局毛玉が再発する悪循環にしかなりません。

何度も言いますが、毛玉の処理はカットが最善策です。

むしり取るのは基本NGと覚えておきましょう。

カミソリは衣類を傷める可能性が大!

毛玉取りといえばカミソリ!というくらい一般に浸透している方法ですが、実は大きな落とし穴が存在します。

カミソリでの毛玉処理は、まわりの繊維も削ぎ落すことになるので、生地が薄くなってしまう可能性が大なんです!

ニットのモコモコ感が失われる上に、手触りもスカスカ、見栄えも悪くなる、とデメリットが豊富。

衣類を長持ちさせたいのであれば、カミソリの使用は極力控えるようにしましょう。

ハサミも手軽だけど労力と穴をあけるリスクがある!

ハサミは”カット”なので、一見安全に見えますが、穴をあけてしまうリクスがあります。

少量の毛玉くらいなら、ハサミでさくさくやっつけた方が楽なのは間違いありません。

ただ、大量となると話は別で、穴をあけるリスクの他にも、指を切る、手が非常に疲れるといったデメリットも存在します。

あまりに重度な毛玉だらけのニットは、素直に毛玉取りブラシで退治してしまいましょう。

セーターストーンは取れるけど持ちづらくて粉がでる!

日本ではあまりなじみのないセーターストーンも、毛玉取りアイテムとしてはかなりの性能をほこっています。

使い方はシンプルに毛玉をセーターストーンでこするだけ。

それだけでにっくき毛玉が処理できるわけですが、デメリットとして、手のひらサイズくらいの大きさの四角い石でこするので持ちづらくて手がつかれます。

さらに、石がけずれて白い粉がでるため、後片付けがとてもめんどうなのもマイナスです。

とくにこだわりがない限りは、セーターストーンで毛玉を取る必要はないでしょう。

毛玉を取るのがめんどうならできないようにしちゃえばいいんだよ

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
結局自分でどうにかしなくちゃならないから、どの方法でもめんどうなのはかわらないか
wife
wife
それなら、そもそも毛玉ができないようにすればいいだけの話だろ

どれだけ効率的な方法を選んでも、自分の手で毛玉を取ることには変わりがありませんから、めんどう オブ めんどうなままですよね。

そのめんどうを解消するためには、そもそもの根源である毛玉を作らないようにすればよいだけなんです。

セーターやニットに毛玉ができるのはある程度しょうがないことですが、対策を練ることで発生率を抑えることは充分に可能です。

毛玉ができにくい環境&状況をつくってあげることで、毛玉取りの回数自体を減らすことにつながります。

では、気になる毛玉対策について、さっそくくわしく見ていきましょう。

毛玉ができる原因は摩擦と静電気!

毛玉を防止するには、毛玉ができる原因を理解しておく必要があります。

知識を深めることによって、毛玉ができるプロセスを踏むことなく、安心安全にお気に入りのセーターやニットを楽しめるというわけです。

そもそも毛玉ができる原因は”摩擦”と”静電気”にあります。

普段使いや洗濯によって摩擦がおき、繊維が毛羽立ち、そこに静電気が加わって毛羽立った繊維が丸まり、にっくき毛玉ができあがるんです。

毛玉ができやすいポリエステルやアクリル、ウールは要注意人物

ポリエステルやアクリルなどの化学繊維は基本的にからまりやすいので、毛玉ができやすいです。

他にも、レーヨンやナイロン、ポリウレタンなどが毛玉の代表格。

では、天然素材であるウールは大丈夫なの?と思われたかもしれませんが、こちらも毛玉ができやすい素材。

じゃあ、毛玉ができにくい素材ってなんなのよ!

という疑問には「シルク・綿・麻」が正解と答えます。

どうしても毛玉ができてほしくない、また、処理がめんどうであれば、シルクなどの素材にこだわって衣類を購入するのもひとつの防衛策と言えます。

毛玉ができないようにする必殺技

いちいち素材になんかこだわってられないよ!でも毛玉ができないようしたい!

そんなわがままさんには、「THE・毛玉ができないようにする必殺技」を3つほど紹介しちゃいます。

毛玉防止対策の極意は、摩擦をいかに少なくするかにかかっているので、最小限に抑える方法をお話ししていきますね。

①家で洗濯しない!

家庭での洗濯は、毛玉の原因になりがちです。

おしゃれ着用のコースでやさしく洗濯しても、洗濯ネットに入れて丁寧に洗濯しても、やはり少なからず摩擦はおこるもの。

ではどうしたらいいのか。

ずばり、プロにお願いすればいいんですよ。そう、クリーニングですね。

どんなに高性能な洗濯機で洗っても、しょせんは家電ですから、衣類はだんだん痛んでいきます。

それに比べて、クリーニング屋さんの洗濯マシーンや技術は、わたしたちの想像のはるか上にあるので、ぶっちゃけお任せするのが最強なんですよ。

衣類に対する知識や、長年培ってきた技術は、とても一般家庭で再現できるものではありませんから、毛玉から大切なニットを守るという意味では、クリーニング屋に預けるのが最適解となります。

②ヘビロテしない!

お気に入りのニットだから、1週間に3回は着ちゃおっと(ルンルン♪)」は絶対にNGです。

”着る=摩擦が起きる”の式が成り立つので、いくらお気に入りでもハードにヘビロテするのは寿命を縮める結果につながります。

袖や脇の下、腰回りあたりに毛玉がよくできているのであれば、それは摩擦による毛羽立ちからの毛玉という流れが確立している証拠です。

着用回数を減らせば、単純にこすれる機会も少なくなるわけですから、お気に入りだからこそ出撃を控えて、長く愛用できるように心掛けましょう。

③着用後にブラシをかける!

着用後のブラシも、毛玉対策には大きな効果が期待できます。

着用時における摩擦でおきた毛羽立ちを、ブラシをかけることでおさえることができるからです。

むだな毛羽立ちがおさえられれば、その分毛玉へと進化することもなくなります。

少々めんどうではありますが、できるだけブラシをかけるようにすると良いでしょう。

ニットを毛玉から守って、ステキなモテライフをお過ごしください

 

あなたの恋人がもし毛玉だらけのセーターを着てデートにきたらどう思いますか?

おいおい、毛玉くらいなんとかしろよと思わずつぶやいてしまうはずです。

毛玉が他人に与える印象はすこぶる悪く、なんとなくだらしないなどのあまり良くないイメージをもたれるもの。

そうならないためにも、毛玉取りブラシなどでこまめにケアすることがなによりも重要です。

ただ、毛玉取りにも良い方法と悪い方法があり、やり方次第では大切な衣類の寿命を縮めかねません。

正しい知識と対策をもって、ニットが映えるステキなモテライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger