生活が充実するちょっとしたライフハック

【簡単・すぐにできる!】生ゴミが臭う原因と対策をにおいに敏感なおっさんが徹底解説!

 

wife
wife
なんかキッチンが臭うんだよね
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
や、やだなぁ・・・ぼ、ぼくはなにもしてないよ?おならとか加齢臭とかごにょごにょ

 

夏本番を迎えるこの時期、どこのご家庭でもリビングやキッチンが臭いだすものです。

そう、原因は「生・ゴ・ミ☆」

んまぁ、臭い!

なんでそこまで不快な臭いを放つのかってくらいに、おいにーがさいくーですよ。

そうなると、だれでも思うのが、「あのいや~な臭い、どうにかできのかいな!」でしょう。

生ゴミが出た時点で処理できれば、当然そんなことに悩まされることもなくなりますが、ゴミの分別や、ゴミに出せる日が限られていることから、早々ポイポイポイポイ捨てられませんよね。

いちいちめんどうくさいし

そんなめんどうくさがり屋なあなたにぴったりの生ゴミ対策をしっかりとバッチリ紹介しちゃいますので、この記事を読み終えた瞬間試してみてくださいね!

 


生ゴミが臭う原因は台所という環境のせい

 

wife
wife
今更だけど、なんで生ゴミってあそこまで臭うのかな?
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
それはね、キッチンという特殊な環境のせいなんだ

 

生ゴミが臭う原因、それはキッチンという場所が大きく影響しています。

そもそも、なにかが臭いを発するのは、8割方”雑菌”が原因です。

おっさんたちの汗臭しかり、おっさんのベッドやまくらの臭いしかり、おっさんの足臭しかり、おっさんの口臭しかりと、例を挙げればキリがありません。

もともと、食材の端材である生ゴミくんは、ある程度菌をもっており、それが大量繁殖して臭いになるわけです。

では、なぜ雑菌が大量繁殖するのでしょうか。

雑菌が繁殖するためのすべての要素が台所には集まっている

 

雑菌が繁殖するには、「水」「栄養」「温度」「湿度」が大きく関係していると言われています。

ここでキッチンという環境を雑菌目線で考えてみましょう。

①水・・・蛇口からあふれんばかりにほとばしっている♪

②栄養・・・食材なんだから当然栄養がある♪

③温度・・・調理中に温度があがるから快適快適♪

④湿度・・・空気が淀みがちだから湿度もあがりやすい♪

控えめに言っても最高やんけ!

生ゴミくんは調理の家庭で出る場合が多く、シンクに三角コーナーを置いて一時的な置き場所にしているご家庭がほとんどでしょう。

水は飲み放題、ご飯も食べ放題、ぽっかぽかでぬっくぬくのベッドが用意されてる・・・

つまり、雑菌にとっては「どうぞ、繁殖してください」と言わんばかりのおぜん立てが出来上がっているわけです。

ぶっちゃけ雑菌を抑えるこができればそこまで臭わない

 

生ゴミくんが夏場に劇的なまでな臭いを発生させるのは、雑菌が主な原因です。

単純な暑さによる食材の腐敗、雑菌と似たようなタイプのカビたちの活躍もありますが、雑菌と発生方法が酷似していることを考えたら、もし、それらの菌を抑えることができれば、悩ましいほどの臭いを放つことはありません。

実際に、冬場に1週間程度生ごみを放置したとしても、そこまで凶悪な臭いを放つことってほぼありませんよね。

これから詳しい生ゴミくんの臭い対策をお伝えしていきますが、基本的な考え方として、雑菌の繁殖を抑えるということをしっかりとあたまの中に塗り込んでおいてください。


簡単かつ効果的な生ゴミの臭い対策~自力編~

wife
wife
雑菌が臭いの原因なんだね。でも、雑菌の繁殖を抑えるって言っても、具体的にどうすればいいの?
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
生ゴミくんの具体的な臭い対策は、大きく分けて2種類。それぞれアホみたいに詳しく解説するよ!

 

生ゴミくんの臭いのメカニズムがわかったところで、ここからはいよいよ「超絶☆具体的な生ゴミの臭い対策」を臭いに敏感すぎるくらい敏感なうす毛のおっさんがお伝えしていきます。

過去の臭いに関する記事はこちらをどうぞ

寝室の臭いがウソのように消える!簡単にできる最強の臭い対策!上のステキなトークは、2週間前に繰り広げられた、わたしたち夫婦のラブラブトークです。もう聞いてる...

 

ちなみに、生ゴミくんの臭い対策は、大きく分けて2種類あります。

ひとつは、自力でどうにかする方法、そしてもうひとつはグッズを使った他力本願な方法です。

どの方法も、すぐにできる上に簡単、手間もかからない、マジでだれでもできる方法ばかりなので、ぜひチェケラしてくださいね

では、自力で生ゴミくんの臭いを絶臭させる方法からどうぞ!

①その都度生ゴミを処理する

 

最強の生ゴミくん対策は、「生ゴミが出るたびにその場で処理してしまおう!」です。

よく考えてみてください。

生ゴミが臭うのは、雑菌が繁殖するからですよね?

じゃあ、単純に繁殖させなければ臭うこともありませんよね?

つまり、繁殖させる前に片付けてしまえばよいのです!

正直なところ、この方法がシンプルかつ最強なんですよ。

しかし、毎日処理することがめんどうなのと、毎日捨てられるわけじゃない、という絶対的に避けては通れない現実問題があります。

前者はなんとかなるにしても、後者はどうしようもないですよね。

参考までに我が家の場合だと、物置にビニール袋に入れて固く縛って置いておき、捨てられる曜日になったらまとめて捨てる式を採用しています。

②生ゴミを冷蔵or冷凍する

 

そんなに毎日毎日生ゴミくんの処理に時間をかけてられないよぉ・・・

というあなたにおすすめなのが、生ゴミくんを袋に入れて冷蔵庫or冷凍庫に入れてしまう方法です。

これ、すごいです!

実は我が家も最初はこの方法で生ゴミの臭い対策をしてまして、効果抜群でした。

えっ?冷蔵庫or冷凍庫開けたら臭いんじゃないの?

と、思われたでしょうけど、まったくそんなことありません。

ウソだと思うなら試してみやがれコンチクショー!

ただ、最大の欠点は、冷蔵庫or冷凍庫のスペースを著しく占拠することでしょうか。

冷蔵庫内が人間10人くらい入るほどの広さがあるなら問題ないと思いますが、一般家庭にある通常サイズの冷蔵庫だと、少々激しくマジで邪魔になるかもしれません。

そしてもうひとつ、臭いだした生ゴミを入れるなら冷凍庫一択です。

冷蔵庫だと多分臭いが充満するので、気を付けてください。

③生ゴミごと新聞紙に包んで密封する

 

まずはこちらのツイートをご覧ください。

 

見ました?

あの警視庁先生が生ゴミくんの処理についてツイートしてあらせられるわけですよ。

これは確実に効果がある!ということで試してみたところ、確かに臭いませんでした。

新聞紙も同じ燃えるゴミということで、ゴミ処理の観点からも申し分ない、すばらしい生ゴミくん対策ですよね。

こちらの方法、実はとても理にかなっていて、雑菌の繁殖原因のひとつである「水分」を新聞紙で吸収させ、菌の繁殖を抑えているんですよ。

実際にやってみて感じたのは、新聞紙は少し多めにして、厚くした方が良いです。

初めにやってみたときは、生ゴミくんの水分が新聞紙を貫通して、結局臭いました(笑)

④ビニール袋に入れて口を結ぶ

シンプルですが効果的な方法がこの「ビニール袋に入れて口を結ぶ」です。

ビニール袋の特性上、臭いを外に漏らさないので非常に効果的。

袋に入れるだけという手軽さもグッド!

ただ、あまり日数が経過してしまうと袋の中身がとても見苦しいことになるので、早めに処理するか、できれば新聞紙と併用すると良いでしょう。

⑤酢orクエン酸or重曹スプレーを噴射する

酢orクエン酸or重曹スプレーを三角コーナーに噴射するのも効果的です。

細かいことはよくわかりませんが、酢やクエン酸の酸性成分が臭い成分を中和するようです。

重曹はもともとお掃除にも抜群の効果があると昔から重宝されていて、カビ取りにも使えることから、除菌効果が期待できます。

仕組みはわたしには理解できませんが、掃除のときに使っているクエン酸スプレーがあったので噴射してみたところ、即効性はあまり感じられませんでした。

なおかつ、劇的な効果があったかと言われたら「う、うーん・・・」という程度でしょうか。

気休めくらいにはなった気もしますが、これで絶対臭いがなくなる!というわけではないようです。

重曹も結果は同じでした。

ちなみに、クエン酸スプレーの作り方は

①スプレーボトルに水を250ml入れる

②クエン酸をこさじ1~2入れる

③よく混ぜる(クエン酸は水に溶けくいのでしっかりかき混ぜてください)

こんな感じです。

酢スプレーの方は

①スプレーボトルに水を150~200ml入れる

②クエン酸を50ml入れる

③よく混ぜる

酢スプレーは臭いがきつめなので、使用するときは注意してくださいね。

そして重曹スプレーの作り方

①スプレーボトルに水を100ml入れる

②重曹をこさじ1入れる

③よく混ぜる(重曹も水に溶けにくいのでよく混ぜてください)

⑥臭ってもOKな場所で保管する

どうしても生ゴミくんの処理がめんどうな人は、生活居住区外にまとめておくしかありません。

たとえば、我が家のように物置に置いておいたり、臭っても良いなら生ごみくん専用のゴミ箱を用意して外に設置したりですね。

かなり生ゴミくの処理が手軽になる反面、臭いに対する対策がなにもなされていないので、当然臭います。

なので、もしやるとしても、絶対に周りに迷惑がかからない環境で行うようにしましょう。


他力本願で生ゴミの臭いを滅する方法~グッズ編~

 

wife
wife
生ゴミくんの臭い対策ってたくさんあるんだね。でも、見てるとどれもデメリットというか、欠点があるように見えるんだけど・・・
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
その通り!ぶっちゃけ自力で何とかするには限度があるから、そんなときは専用のグッズを使うと良いよ!

 

生ゴミくんの臭いをどうにかするとなると、やはりひと手間かかったり、なにかしらのデメリットがついて回ります。

それらの問題を解消するには、より効率的に問題が解決できる専用の消臭グッズを使うのがおすすめです。

いくつか紹介しますので、使えそうなものがあればぜひ使ってみてください。

①文明の利器「生ゴミ処理機」を使う

 

生ゴミくんを捨てる曜日が決まっている以上、溜まっていくのは自明の理であり、仕方のないことです。

しかし、もしそれが曜日関係なしに処分できるとしたら、あなたはどう思いますか?

そんな夢のような願いをかなえてくれるのが、文明の利器「生ごみ処理機」です。

使い方はとっても簡単。

蓋を開けて生ゴミくんを投入、スイッチオーンでまるでたい肥のようになり、臭いもかなり抑えられます。

デメリットとしては、使い込むうちに生ごみ処理機自体が臭いを放つようになったり、本体の価格が高いことでしょうか。

とはいえ、生ゴミくんの臭いを根本から解決できるので、もっともすぐれた臭い対策と言えるのはこの生ごみ処理機大先生だと思います。

②「生ゴミが臭わない袋」に入れる


その名も「生ゴミが臭わない袋」は、かなりの防臭力があるのでおすすめです。

こちら、生ゴミくんだけでなく、オムツやペットのふんなどの凶悪な臭いも完全シャットアウトする優れもので、使い方も箱から引き抜くだけという実用性が豊富な一品。

1箱90枚入、大体1000円前後で販売されており、水切りネットを買うと思えば、それほど大きな負担にはならないはずです。

③「生ゴミ消臭シート」を貼る


ゴミ箱に張るタイプの「生ゴミ消臭シート」も大きな効果を発揮します。

相変わらず仕組みはよくわかりませんが、ゴミ箱の内蓋にシートを張るだけで1~2か月くらい効果が続くそうです。

「続くそうです」と言ったのは、実際に試していないのでぶっちゃけ効果がわからず、ネットの口コミやほかのサイトの評価が高かったから紹介したというごめんなさい。

④アルコールスプレーで菌の繁殖を抑える


アルコールスプレーを使えば、生ゴミくんに群がる雑菌どもの繁殖を抑えることができます。

菌はアルコールに弱いというのは周知の事実で、「雑菌が繁殖しない=臭いが発生しない」ですから、かなりの効果が見込めます。

ただ、臭いが発生してからでは効果が薄いので、生ゴミくんが出た時点で予防的な意味で噴射してあげると効果的です。

【らめぇええ】絶対にやってはいけない生ゴミの臭い対策

 

wife
wife
これだけの臭い対策があるなら、もう生ゴミくんの臭いはバッチリだね!
うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
そうだね。でも、これ以外にもよく聞く臭い対策があると思うんだけど、わたしとしてはあまりおすすめできないので、注意してほしいんだ。

 

ここまで読んでもらった方の中には、「そんなめんどうくさいことしなくても、もっといい方法があるよ!」という人もいると思います。

それらの知識は、昔からよく耳にする方法であり、たしかに便利で手軽ですが、これまで紹介した方法よりもデメリットがの方が勝っていることが多いので注意が必要です。

そんな間違った生ゴミくんの処理方法について、5つほどピックアップしてありますので、もし今現在実施しているなら、ぜひ取りやめることをおすすめします。

①庭にバラまいてはいけない

 

庭で家庭菜園などを楽しんでいるご家庭で、よく生ゴミくんを肥料としてバラまいている光景を目にしますが、これ、絶対NGです!

まず、近所中から野良猫や野良犬を呼び込む原因になりますし、虫ももちろん発生します。

さらに、この炎天下の中放置されるということは、腐敗が進むことは容易に想像できますよね。

その臭いが風に乗ってご近所の窓から部屋の中に侵入した場合、多大な迷惑をおかけすることになりかねません。

そういった点から、庭に生ゴミくんをバラまく行為は絶対にやってはいけません。

②ゴミ袋に入れて外に放置しない

生ゴミくんが捨てられる日まで外に放置しておくのも良くありません。

理由は①のバラまきと同じで、鼻の利く野良犬たちの餌食になりやすいからです。

他にも、カラスは袋の色や形状で中身が生ゴミだということを認識するだけの知能をもっているため、安易に放置してしまうとつつかれて中身をそこら辺中にバラかれてしまいます。

そうなると汚らしい生ゴミが散乱することになり、ご近所に臭い以外にも迷惑がかかるので、絶対に生ゴミくんは外に放置してはいけません。

もし、どうしても臭いに耐えきれず、外に出すしかないのであれば、我が家のように野良犬や野良猫から100%安全に守ることができる物置などを利用するようにしましょう。

③ファブらない

 

いくら生ゴミくんが臭いからといって、安易にファブリーズなどの消臭スプレーを吹きかけるのもおすすめできません。

たしかに、強い消臭効果が期待できるので、効果がないわけではありませんが、生ゴミくん自体をどうにかできるわけではないので、結局数日すると臭いだします。

さらに、香料タイプの消臭スプレーだと、生ゴミくんの臭いと無駄コラボして、より臭いが強烈になることもあるので、万が一使うにしても無香料タイプにした方が無難です。

④臭いものに蓋をしない

 

よく、蓋つきのゴミ箱の中に生ゴミくんをダストシュートしているご家庭がありますが、こちらもできるならやめた方がいいです。

密封された空間に生ゴミくんを入れてしまうと、湿気と温度が周りよりも高くなり、水分と栄養のおかげで雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

手軽で便利なのはわかりますが、もしやるなら完全に水分を抜いてからでないと、むしろ雑菌のお手伝いにしかなりません。

水分を抜く手間暇を考えたら、別の方法で処理した方が効率的ですよ。

⑤コンポストは虫の発生の原因


①でもお伝えしたとおり、生ゴミくんを庭に放置するのはNGです。

「じゃあ、コンポストならいいでしょ?」

と、思ったあなた。甘いです!

たしかに、コンポストなら蓋もできますし、臭い漏れもありません。

野良犬やカラスなどの被害もほぼないと思います。

しかし、虫を防ぎきることはほぼ不可能で、とくにどこから侵入するのかわからないハエは、コンポスト内で元気にすくすくと成長し、開けた瞬間に飛び出してくる、なんてことも充分にあり得るのです。

結論:生ゴミはこまめに処理するのが一番!

 

これまで生ゴミくんの臭い対策として、様々な方法をお伝えしてきましたが、ぶっちゃけNGな方法以外ならどれでもOKです。

ただ、どの臭い対策でも、こまめに処理することがなによりも重要だったりします。

たとえば、毎日新聞紙にくるんで、ビニール袋でしばり、物置に入れる、これなら生ゴミくんの悪臭を感じる間もなく処理することができます。

重曹スプレーでも同じ、冷凍庫処理も同じ、臭わない袋に入れるのも同じです。

これが、ちょっとめんどうだからと2~3日ためてしまうと、「おや?なにかキッチンから臭いが・・・」となってしまうわけです。

つまり、結論としましては、臭いを放つ前に対策しろ!が正解であり、放置は臭うことを覚悟の上の行為以外のなにものでもありません。

ただでさえムシムシと暑く、不快感がMAXなわけですから、少しでも快適に過ごすためにも、生ゴミくんの処理は適切に行いましょう。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger