生活が充実するちょっとしたライフハック

熱中症対策に冷えピタはあり?おでこに冷えピタは効果なし!

 

連日の酷暑、暑中お見舞い申し上げます。

熱中症で倒れた、熱射病で死亡などの怖いニュースが世間を賑わせていますが、あなたの熱中症対策は万全ですか?

わたしはさいわいにもと涼しい地域に住んでいるので、今まで熱中症というものに関心もなく、対策は一切してきませんでした。

しかし、ここ最近では30℃を超えることも増えてきたので、知識として覚えておいて損はしないなーと思いまして、早速熱中症について調べてみることにしました。

あなたもこちらの記事を読んで、熱中症対策をしっかり練りましょう!


 


そもそも熱中症ってなに?

熱中症対策を知るためには、まず熱中症について知っておく必要があります。

彼を知り己を知れば百戦危うからずって孫子も言ってましたしね。

ということで、早速熱中症ってなんだって話ですが、環境省 熱中症予防サイトによると

・環境(暑い、湿度高い)

・からだ(寝不足などの体調不良、脱水状態)

・行動(激しい運動による体温上昇、長時間水分が補給できない状態)

この3つの要因が絡み合うことで、体温の上昇に適応できない状態になるそうです。

こうなってしまうと、汗をかいて体温を外に逃がすことができないので、体の中が暑いまんまになっちゃうってことですね。

想像しただけで恐ろしい・・・

熱中症の症状

では、実際に熱中症になってしまったら、いったいどんな症状がでるのしょうか。

事前にどんな症状になるのか知っておけば、自分が熱中症になったときにすばやく対応・判断できるので、知識として覚えておくことが自衛にもつながります。

熱中症の主な症状は以下の通りです。

初期症状:めまい、立ちくらみ、こむら返り、異常な汗

中期症状:頭痛、吐き気、倦怠感

末期症状:失神、痙攣、呼びかけに反応できない、歩行困難、水分補給ができなくなる

おおう・・・ますますもってこわひ・・・

初期症状の場合は、涼しい場所に移動して、しっかり水分・塩分を補給、体を冷やせばなんとかなるそうです。

中期症状も同じなんですけど、ダメそうだったらすぐに病院へ!

末期症状になったらもうアウトなので、即救急車よびましょ!放置してたら死んじゃうこともありますよ!

一応の応急処置としては、体を冷やすのが一番らしいです。

水分を自分の口から補給するのができなくなるみたいなので、まずは氷で冷やすべし!


4つの熱中症対策でリスクを下げる!

熱中症の恐ろしさのせいですっかり涼しくなりましたけど(あれ?これって熱中症対策になるんじゃない?)熱中症になる前に、ならないように対策しておけば良いんじゃないのかな?と思ったので、対策を調べてみました。

今から紹介する4つの対策を頭に入れておけば、熱中症のリスクを下げることができます!

①水分と塩分を補給する

熱中症の基本的な対策として、水分と塩分を補給することが非常に重要です。

のどが渇いたと感じてしまった時点で、体内の水分がかなり失われています。

そうなる前に、こまめな水分補給を心掛けてください。

シンプルですが、これが最良の熱中症対策になります。

ちなみに水分はポカリスエットがおすすめで、水分と塩分を同時に補給できる理想の飲み物です。

ポカリスエットとよく比較されるアクエリアスも悪くはないんですけど、ポカリスエットの方が塩分と金属イオンが多く含まれています。

体への給水率を計る浸透圧はどちらもほぼ変わらず、両方とも生理食塩水レベルの浸透圧なので、ぶっちゃけ味の好みで判断してもいいかなくらいの差しかありません。

でもポカリスエットがおすすめ!(個人的好みによる)

水分補給について、ひとつだけ注意しなければならないのが、水だけをがぶ飲みするのは絶対NGです!

「水中毒(みずちゅうどく)」という言葉を1度は耳にしたことがあると思いますが、水では汗によって失われたナトリウムやカリウム、マグネシウム、カルシウムは補給できません。

水ばかり飲んでいると、失われた成分は補給できずに体液だけが薄まるので、最悪死んでしまうこともあるので、ほんとうに注意してください!

そうそう、ポカリを飲むなら、塩分は無理に補給しなくてもOKです。(日本人は特に塩分過多だから・・・)

②体を冷やす

体内の温度が上昇しすぎると熱中症のリスクが高まるので、適度に体を冷やすことを意識しておきましょう。

外回りばかりのサラリーマンの方はなかなかむずしいかもしれませんけど、無駄にコンビニによったり、日陰を選ぶなどして自衛してください。

クラクラするなどの、めまいに似た症状を自覚した場合、できるだけクーラーの効いた涼しいところに移動してください。

それでも全然体の熱が治まらないときは、氷で冷やすと効果的です。

③睡眠をしっかりとる

一見すると熱中症対策にあまり関係ないように見えますが、睡眠をしっかりとるのも重要です。

睡眠がきちんと取れていれば、体調を整えることにもなり、暑さに負けない体作りが自然とできるからです。

睡眠不足ということは、体力が減っている状態で冒険に向かう勇者みたいなものです。

そんな状態で魔王(熱中症)を倒せますか?最悪スライム(取引先の事務員)にもやられちゃいますよ?

質の良い睡眠をとるということは、あなたが思っているよりもほんとうに大切なことなんです。

お肌とか、髪の毛とか、もうありとあらゆるものが睡眠で補えちゃいますからね。

夜中までゲームばっかりしてるサラリーマンのおっさんたちは、早く寝るようにしましょうね(夜中までゲームをしながら

④日陰に入る

日陰があったらどんどん入ってください。

特に風通しの良い日陰ならなおのことグッドです。

40℃近い炎天下のなかを歩き回っているわけですから、毒の沼地を歩いているようなものです。

回復ポイント(日陰)をチョイスするのは当然の行動ですよね。

わたしがおすすめする日陰ポイントは高架下で、風通しも良いし、日陰で涼しいので体温を下げるにはバッチリ!

最強の日陰ポイントだと自負しているので、見つけたらガンガン突入するようにしましょう。


熱中症対策に冷えピタってどうなの?

ここからがこの記事の本題です(前置きながっ!)

わたしが気になったのは冷えピタって熱中症対策になるのかな?ってことです。

以前どこかで聞いたことがあったんですけど、冷えピタって実は温度を下げる効果はないみたいなんですよ。

言ってしまえば気休め。

もしわたしのこの情報が本当だったら、みんななんであんなに冷えピタが大好きなのかな?っていうのが、ニュース見てて思いましてね。

ということで、さっそく「冷えピタは熱中症対策になるのか!?」について調べてみました。

冷えピタってどれくらいの効果があるの?

冷えピタのことを調べてみたら、こんな商品でした。

・ライオンの商標商品(熱さまシートは小林製薬)

・全体の85%が水分でできている

・約8時間程度冷却効果が続く

あれ?冷却効果あるの?しかも8時間も効果が持続するのってすごくない?

こんなにすごいなら、冷えピタシートって神じゃん!

でも、確かにどこかで冷却効果がないって見たんだけど・・・ってことで、更に詳しく調べてみたらありました!

 「冷却シート」の箱には、「医薬品ではないので、熱を下げるものではない」旨が”申し訳なさそう”に書かれています。

ほらね?

冷えピタ信者は考えを改めてどうぞ。

と言いたいところだけど、まったく効果がないってわけじゃないみたいです。

冷却効果自体はあるんだけど、効果が弱いだけらしい。

また、冷却シート自体は、体表面を持続的に冷却する力は保冷剤や氷に比べて弱いそうです。

熱を冷ますなら、氷とか保冷剤の方が効果的なようですね。

効果的に体を冷やすなら動脈を狙う

冷えピタの闇(?)が暴かれたところで、冷えピタを使って体を冷やすならどうすれば良いのか考えてみました。

みなさんは、冷えピタと言ったらどこに貼りますか?

そう、「おでこ」ですよね。

これこそ効果がないって知ってました?

おでこって太い血管(動脈)がないから、ただただ「気持ちいい効果」しかないんです

熱中症なんかで体温が上がりすぎて、効果的に冷やしたいなら動脈を狙って冷えピタを貼りましょう。

動脈ポイントは、首、脇の下、太ももの付け根の3箇所です。

なぜ動脈を冷やすと体温を下げるのに効果的なのかというと、体に熱がこもっているということは、当然血液も熱くなっています。

その熱くなった血液が体中を駆け巡るわけですから、おでこを冷やしたところで熱がさがる訳ありませんよね。

当然、頭痛も治まりませんよ。

ですが、逆に考えると、血液が冷えれば体温を下げることになることが分かります。

だから多くの血液が通る動脈を冷やすのが効果的なんですね。

冷えピタを熱中症対策に活用するなら、おでこではなく、動脈ポイントを狙い撃ちするのがおすすめということがわかりましたけど、冷却効果が弱いことを考えると、なんだか微妙な気がします・・・

結論!冷えピタは熱中症対策としては微妙!保冷剤最強!

いろいろ調べてみましたけど、わたしの答えとしては「冷えピタは熱中症対策としては微妙」という結論に至りました。

効果がないわけじゃないけど、高い効果は見込めないっていう、ほんとなんとも微妙ですね。

万が一熱中症になってしまったら、冷えピタよりも、氷か保冷剤を首と脇の下と太もものつけ根にぶっ刺すのが良さそうです。

まとめ

熱中症について調べてみましたけど、調べれば調べるほど怖いですね。

それに対して冷えピタの微妙っぷりといったらないです。

これからは「保冷剤様」と崇め奉ることにしましょう。

ということで、本記事のまとめです。

まとめ

熱中症は怖い!

熱中症対策は水分・塩分補給、体を冷やす、睡眠をしっかりとって体調を整える、日陰(回復ポイント)に入る!

本題:冷えピタは熱中症対策になるの?

結論:冷えピタは熱中症対策としては微妙!保冷剤最強!

みなさんもこれを読んで、熱中症の最低限の知識は覚えておきましょうね!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger