エレキギター初心者のための記事たち

思わず納得!エレキギター初心者が買うべきギターの値段はこれ!

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
エレキギターは欲しいけど、ショップに行ってもどれを選べば良いのかわかんないや。いくらくらいのギターを買えば良いんだろ?

エレキギターに興味をもったはいいけど、いざショップに行ってみたらびっくり!

下は数千円のギターから、上は数百万円のギターまであって、どれを選べば良いのかわからない・・・

その悩み、わたしも初めてのギター選びのときにまったく一緒だったので、よくわかります。

これいいじゃん!と気に入ったギターを見つけても、10万円の値札がかかっていたら、高すぎて初心者が買うべきなのかわかりませんよね。

逆に、1万円以下のギターだと安すぎて、「あっちのギター50万とかなのに、ほんとにこれ大丈夫?」なんて思ってしまうものです。

これからエレキギターを始めようというあなたは、すでに立派なギタリストの一員です。

そんな悩める初心者ギタリストの手助けをするのは、わたしたち先輩ギタリストの役目!

本記事では、エレキギター初心者が買うべきギターの価格を、具体的に、なおかつ根拠と一緒にお話していきます。

はじめての1本で迷っているあなた!ぜひ参考にしてみてくださいね。


 


エレキギター初心者が買うべきギターの値段はいくら?

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
エレキギターって1万円のやつでもいいのかな?それとも10万円くらいがいいのかな?

 

たしかに、価格についてはほんと迷いますよね。

明確な基準みたいなものがありませんし、なにより、ギターについての知識がなさすぎて、いくらが適正価格なのか見当もつかないはずです。

もうさっそくずばりお答えしちゃいますけど、エレキギター初心者はお高いギターを選んじゃってください。

あなたが気になっているのは、「1万円のギターと10万円のギターでは何が違うのか?」だと思います。

ギターに関しては、安かろうは悪かろうが基本です。

・安いギター=作りが粗い(雑に作られている)、音が悪い、すぐ音がずれる

・高いギター=高級なパーツを使って丁寧に作られている、音が良い、ずれにくい

100%とは言い切れませんが、ざっくりこのように認識してもらってOKです。

つまり、安いギターは値段通りの性能と音、高いギターは値段以上の性能と音+αが備わっていると考えて良いでしょう。

腕前(ギターテク)がゼロなのに、道具(ギター)が悪いと上達するものもしませんよね?

初心者だからこそ、より良いギターを選ぶべきなんです。

これが、ギター初心者にお高いギターをおすすめする、わたしなりの理由。

ちなみに、わたしは約8万円のエレキギターを使っています。

画像検索してもらったらすぐにわかると思いますが、RPS(リード・ポール・スミス)のカスタム24シリーズというギターです。

非常に人気のあるギターとして有名で、音もすごくパワフルで重厚、かと思えば繊細な音もだすことができる、演奏ジャンルを選ばない、ギター初心者にこそおすすめしたい1本と言えます。

でも、続けられるかどうかもわからないのに、いきなり8万円は高すぎのような気が・・・

そんな声が聞こえてきそうなので、エレキギター初心者が選ぶべき具体的な価格を、もう少し詳しく解説していきますね。

ギター初心者が選ぶべきギターは3万円~5万円くらい

ギター初心者におすすめの値段は3万円~5万円くらいが妥当です。

詳しい理由は後述しますが、このくらいの価格帯のギターは作りがしっかりしているし、何より音が良いものが多いです。

1万円以下のギターはおもちゃ、1万円からぎりぎりギター、3万円から合格ラインですかね。

1万円~2万円のギターが悪いというわけではありませんが、試し弾きが趣味のわたしの経験をもとにした結論です。

簡単!初心者にもわかりやすく解説したエレキギターの選び方そんなあなたの悩みを解決します。エレキギターとひとことで言っても、種類がとても豊富です。初心者が...

何本ものギターを手にすれば、なんとなくわかるものですが、安いものと高いものでは、フィット感がまるで違います。

しっくりくるなと思ったギターは、だいたいそれなりにいい値段のものばかりです。

はじめての1本はとても大事なギターになりますので、失敗しないように3万円以上のものを選ぶようにしましょう。


ギターを値段で選ぶべき根拠

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
値段についてはわかったけど、なんでそこまで安いギターを選ぶのはダメなの?

 

エレキギターを選ぶさいに、値段を重要視する理由は前述したとおり、安かろうは悪かろうだからです。

ただ、それだけではいまいち根拠に乏しいですよね。

ここからは、安いギターを選んではいけない「根拠」についてお話していきます。

あなたは、「ギター初心者セット」をご存知ですか?

念の為、ギター初心者セットについて説明しますね。

簡単に言うとスターターパックみたいなもので、ギターを始めるために必要なものがだいたいセットになって揃っています。

値段は1万円くらいから購入可能なので、これからギターを始めるにはうってつけの価格帯です。

・ギター本体

・チューナー(音を合わせるもの)

・アンプ(エレキギターの音を増幅する機材)

・換えの弦(ギターの弦は消耗品)

・ピック(弦を弾いて音を出すもの)

・ストラップ(ギターを首からぶら下げるもの)

・教則本(ギターのノウハウが書かれている本)

・ギタースタンド(ギターを立てかけておけるもの)

この内容で、1万円程度で買えるのは、初心者にはとてもありがたいものだと思います。

ちなみに、エレキギターを始めるときに必要なアイテムがわからないのであれば、こちらの記事に詳しく書いているので、合わせて読んでみてください。

エレキギター初心者が最初に必要なものは5つのアイテムのみ!その気持ち、よっく分かります!!ネットで情報収集したら「アレも必要だ、コレも必要だ」、ギターショ...

一見すると、とても便利な初心者セットですが、実は大きな罠が仕掛けられていることを初心者は知りません。

ギター初心者セットのギターはおもちゃレベル

わたしがさきほどおすすめしたギターの値段は、しつこいようですが、3万円~5万円でしたよね?

初心者セットの価格はピンきりですが1万円~3万円くらいが相場です。

わたしがおすすめするのは、「ギター本体”だけ”の価格が3万円~5万円」です。

ここから導き出される答えは?

あなたなら、もうおわかりですよね。

ギター初心者セットのギター本体は、5、6千円のおもちゃギターである可能性が高いということになります。

当然ですが、いろいろな便利アイテムが詰め込んであるのに1万円~3万円ということは、ギター本体の値段はお察し状態です。

そんなギター初心者セットを買うということは、弾きづらい、質の悪いギターを押し付けられると同義語ではないでしょうか。

そんなのおまえの妄想だろ!」と思われるかもしれませんが、これは、わたしの体験をもとにした事実です。

わたしが初めてギターを選んだとき、ショップの店員は他のギターを見せることなく、初心者セットをすすめてきました。

なんの知識もないわたしは「なんて便利なんだ!」と、迷わず購入。たしか、価格はセットで3万円くらいだったと記憶しています。

ピカピカのギターで早速練習を開始したところ、ものの数分で音が狂うことに気が付きました。

不審に思いつつ、チューニング(音を合わせること)しますが、やっぱりすぐに狂ってしまう。

さらに、多少経験してきた今だからわかりますが、とにかく弾きづらかったです。

初心者はギターという楽器に触れることも初めてだし、普段使うことのない不器用な左手で弦を抑えるという行為は想像以上に難しいもの。

当時は、慣れてないからできないんだと思っていましたが、いろいろなギターを試奏したときに、わたしのギターは弾きづらいギターだとはっきりわかりました。

わたしだけの経験なら、たまたまだったかもしれません。ですが、ネット上では実際に同じような経験をした方がいっぱいいるんです。

検索したらすぐに分かることですが、わたしのこの意見に疑問を抱かれるようでしたら、実際にネットで「ギター、初心者セット」で検索してみてください。

良い!」という意見ももちろんありますが、「悪い!」という意見の方が目につくはずです。

ここまでギター初心者セットについてネガティブな意見ばかりお伝えしてきましたが、すべての初心者セットが悪いわけではありません。

中にはメーカーさんが本気で作り込んだものもありますし、わたしがハズレを引いたという可能性もあります。

ですが、わたしの失敗談のようなリスクを避けたいのであれば、はじめからお高いギターを選ぶべきです。

あらためて、安かろうは悪かろうを頭に入れておいてくださいね。

わたしが3万円~5万円のギターをおすすめする根拠は以上です。

けっして安い買い物ではありませんから、吟味して、よく考えてから購入することが極み眼て重要で、できれば最低限の知識は備えておきましょう。

これがギター選びに失敗しない、最良の方法だと断言できます


まとめ

エレキギターは、値段がピンからキリまであって、一見するといくらくらいが妥当なのかわかりにくいものです。

おもちゃレベルのギター買わないようにするには、とりあえずお高いギターを買ってしまえばOK。

ただ、続けられるか自信がないなら、3万円~5万円の少しお高いギターを買うようにしましょう。

きちんとしたギターを買えば、腕前もぐんぐん成長しますよ。

逆に、おもちゃギターは弾きづらくて、成長のさまたげになりかねません。

本記事を参考にして、自分にぴったりの1本をさがしてくださいね!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger