エレキギター初心者のための記事たち

エレキギター初心者でもできる!パワーコードのミュートのコツ

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
はぁ・・・なんでこんなに雑音が鳴っちゃうんだろ・・・

 

その気持ち、痛いほどわかります!

プロのギタリストとか、youtubeの弾いてみた的な動画を見ても、雑音鳴ってる人なんて1人もいませんよね。

なのに、自分のギターからは悲しいくらいに雑音が・・・

わたしもギターを始めたばかりのときは、あなたと同じ雑音で悩みました。

ですが、安心してください!だれでも絶対に雑音を鳴らないようにできる3つのポイントがあるんです!

いろんな動画を見たり、教則本も見たけどなかなかうまくいかないという人は、この3つのポイントをマスターするだけで確実に雑音を消すことができます。

ギター歴2年の初心者だからこそわかる初心者目線で雑音を抑える奏法「ミュート」のやり方とコツをお伝えします。

 


 


エレキギター初心者の雑音が鳴る原因

 

ギターを弾いていて雑音が鳴ってしまう原因は「ミュート」ができていないせいです。

ミュートとは、狙って弾いた音以外の音が鳴るのを防ぐ奏法のことで、わかりやすく例えるとテレビのリモコンを見てください。ミュートのボタンがありますよね?押してみるとテレビの音が消音されたはずです。

ギターのミュートも、消音するためのテクニックと覚えておきましょう。

ミュートはギターを弾く上で必須テクニックのひとつです。ミュートができるのとできないのでは演奏に雲泥の差がでるので、できれば初心者でも確実に習得した方が良いです。

ギターで憧れの曲や弾きたい曲を練習してて、原曲のようにきれいな曲にならないという人は、ミュートをしっかりマスターしましょう。


パワーコードのミュートのやり方とコツ

 

ギター初心者が最初に会得するべき奏法は、パワーコードとミュートの2つです。

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
今度はなんだ?パワーコード?

 

ミュートに関しては先程説明した通りですが、もうひとつ、覚えておきたい奏法としてパワーコードがあります。

いわゆる「エレキギター初心者におすすめの練習曲」の多くは、このパワーコードが多用されているので、ここではミュートとセットにしてやり方とコツを解説していきますね。

 

エレキギター初心者は黙ってアニソンを弾け!おすすめの練習曲紹介エレキギター初心者は、かならずこんな疑問を抱きます。その気持ち、痛いほどにわかります!どんな曲を練習したらい...

 

パワーコードのやり方

パワーコードはエレキギター初心者必須テクの代表格です。

コードという単語がでると難しいイメージを持たれるかもしれませんが、そんなことはないので安心してくださいね。

なにせ初心者が必須なくらいですから、めちゃめちゃ簡単です。

まず左手の人差し指で6弦(一番上の一番太い弦)の5フレット(ネックから数えて5番目)を押さえてください。

次に5弦(6弦の1つの下の弦)の7フレット(ネックから数えて7番目)を薬指か小指で押さえてください。(わたしは薬指派です)

その状態で押さえてる6弦と5弦を弾いてみてください。

なんかいい感じの音が鳴ったと思います。これがパワーコードです。

もしアンプやエフェクターがあれば、ぜひつなげてパワーコード弾いちゃってください。すんごいロックな音でテンション上がります!

アンプなどの初心者が揃えたいギターアイテムに関してはこちらの記事が詳しいです。

 

エレキギター初心者が最初に必要なものは5つのアイテムのみ!その気持ち、よっく分かります!!ネットで情報収集したら「アレも必要だ、コレも必要だ」、ギターショ...

 

パワーコードのコツ

パワーコードのコツは、ずばり手の形にあります。

先程は5フレットと7フレットを押さえましたよね?それをそのままの手の形で、7フレットと9フレットにスライドして同じように弾いてみましょう。

またいい感じの音がなりましたよね?

パワーコードは、指の形そのままで、押さえるフレットをずらすだけで曲が弾けちゃうんですよ!

これがギター初心者必須たる所以ですね。

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
むずかしそうな名前だけど、やってみると簡単!

 

最初はできなくて当たり前なので、諦めずに何度もきれいに鳴るまで練習してみてくださいね。

ミュートのやり方

次に本題のミュートのやり方について解説していきます。

その前に、なぜパワーコードのやり方を説明したのかと言うと、ギター初心者の雑音が鳴るタイミングは、パワーコードをずらす時に発生しやすいからです。

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
言われてみたら、たしかにそうだ!

 

パワーコードの雑音を減らせば曲のクォリティがあがりますので、ミュートのやり方をしっかりマスターしておきましょうね。

ミュートのやり方をパワーコードを交えて説明していきます。

まずパワーコードの手の形を作ってください。この時に意識するのは、指の腹で4~1弦に軽く触れておくことです。

ギターの弦は、ピックではじくことで音が鳴りますよね?逆に考えると、はじかなければ鳴らないことがわかります。

つまり、はじかれて弦が震えないようにすれば、音が鳴らなくなる(ミュート)のです。

そのために、押さえていない指の腹で軽く弾かない弦に触れておくんですよ。

鳴らなくなるといっても、軽く濁った音はしますが、きれいに狙ったフレットの音が鳴っていればほとんど聞こえません。

6弦を人差し指で押さえているパワーコードの場合だと、人差し指の腹で4~1弦に触れちゃいましょう。

5弦を人差し指で押さえているパワーコードは、人差し指の先で6弦に軽く触れつつ指の腹で3~1弦まで触れてミュートします。

6弦パワーコードはミュートが簡単ですが、5弦パワーコードはやや難しいのでコツをお伝えしますね。

ミュートのコツ

ミュートのコツには3つのポイントがありまして、それをマスターすればだれでもバッチリミュートできるようになります。

では、さっそくひとつずつ見ていきましょう。

ミュートのコツ①指の腹で軽く触れる

ミュートのコツは、なんといっても指の腹で軽く触れることです。

軽く触れるだけなので、特別むずかしいことはありませんが、触れ加減には気をつけたいところです。

というのも、あまり力を入れてしまうと押弦(弦を押さえている状態)になって音が鳴ってしまいます。逆に軽すぎても開放弦(何も触れていない状態)になって音が鳴ります。

力加減については、何度も繰り返しているうちに自然と身についてきますので、自分なりに調整してベストな加減を探してみてくださいね。

ミュートのコツ②パワーコードをスライドしたときは手の形そのまま

曲の練習をしていると、曲のテンポが早すぎて、ついついミュートが甘くなって雑音が鳴ってしまうことがありますよね。

それを防ぐには、パワーコードの手の形をきちんとキープすることが重要です。

ミュートができている状態でそのまま横にスライドさせれば、余計な音は鳴りません。

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
そんなこと言ったって、手の形キープしてスライドするのむずすぎる!

 

ギターテクは、一朝一夕で身につくものではなくて、しつこいようですが、何度も何度もできるまで練習して体得するものです。

むずかしいテクニックでも、ひたすら練習していればかならずコツがつかめるようになりますので、今はできなくても、できないなりに練習しましょう。

ミュートのコツ③押弦は指を立てる

最後のコツは、ミュートしたくないのにミュートになってしまう、そんなときに使えるテクニックです。

押弦するときに、できるだけ指の先を立てて狙ったフレットだけを押さえるようにしてみてください。

例として、6弦のパワーコードだった場合、6弦と5弦を人差し指と薬指or小指で押さえることになりますが、6弦を押さえる人差し指が5弦にかかってしまうと5弦がミュートされてしまい、6弦の単音になってしまいます。

人差し指が5弦に触れるのを防ぐために指先を立てるわけですが、このテクニックはミュートに限らず、きれいに音を鳴らす基本ですから、ぜひ意識してみてくださいね。

もし、ミュートがむずかしいと感じたら、指の腹でどの弦に触れているかを目視で確認してみてください。確認しつつ触れたい弦に触れることができたら、その指の形をしばらくキープ!

すると指がその状態を記憶してくれるので、この練習を何度も繰り返すことで正確性が高まるのでおすすめです。

これができるようになると、ミュートで悩むことはほぼなくなりますよ!


まとめ

エレキギター初心者にとってのミュートは、慣れるまで苦労する「最初の壁」かもしれません。

きれいな音が鳴らないのは実は当たり前のことで、最初からなんのヒントもなしにきれいな音が鳴らせる人はほんのひとにぎりです。

自分だけができない!なんて思う必要はありません。

ゆっくり焦らずに正確な練習を積み重ねることが、ミュートの、ひいてはギターの上達につながりますよ。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger