エレキギター初心者のための記事たち

エレキギター初心者が最初に必要なものは5つのアイテムのみ!

 

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
エレキギターを買おうと思っているんだけど、最初に必要なものってなんだろ

 

その気持ち、よっく分かります!!

ネットで情報収集したら「アレも必要だ、コレも必要だ」、ギターショップに行ったら「初心者セット買えばOK」って、結局何が必要でどれを買えばいいのかわかりにくいですよね。

わたしも初めてギターを買ったときは、いろいろとお勉強して、必要と言われるものを全て書き出したりしてました。

ですが、それ本当に必要なもの?と、首をかしげるものが多かったのも事実です。

今回は、わたしと同じような、悩めるエレキギター初心者さんに向けた「ギターを始めるときに絶対に必要なアイテム5選」を紹介していきます。

この記事を読めば、すぐにでもエレキギターを始めることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

エレキギター初心者は5つのマストアイテムを揃えるべし!


エレキギター初心者に必要なアイテム5選

 

エレキギター初心者は、まず始めに何が必要なのかわかりませんよね。

ここでは、最低限必要なマストギターアイテムを5つに絞って紹介していきます。

これだけあればギターを買って家に帰ったらすぐに弾けちゃいますよ。

たった5つなので、しっかり頭の中に入れて、バッチリ揃えちゃいましょう!

・エレキギター本体

何はなくとも、これがないと始まりませんよね。

そう、エレキギター本体です。

エレキギターと言っても、実は種類が豊富で値段もピンキリです。

ここでもギター初心者の悩みのタネが発生していしまいそうですが、安心してください。

こちらの記事を読んでもらえれば、ギター選びで悩むことはありませんよ!

思わず納得!エレキギター初心者が買うべきギターの値段はこれ!エレキギターに興味をもったはいいけど、いざショップに行ってみたらびっくり!下は数千円のギターから、上は数百万円の...
簡単!初心者にもわかりやすく解説したエレキギターの選び方そんなあなたの悩みを解決します。エレキギターとひとことで言っても、種類がとても豊富です。初心者が...

・ピック

ピックも当然必須アイテムですよね。

ピックがなくても弾けると言えば弾けますけど、初めてギターを触るような初心者さんには到底ムリムリです。

念のために説明しておきますが、ピックとはギターの弦を弾くためのアイテムです。

ピックは主に3種類の形がありまして、さらにそこから材質は複数、厚さは3種類とどんどん分岐していきます。

選び方は、初めてだったら「ティアドロップ(ピックの形)」の「ミィディアム(中間の厚さ)」を選んでおけば間違いありません。

このピックがもっともスタンダードで使いやすいので、迷ったらティアドロップのミィデアムと覚えておきましょう。

・チューナー

チューナーもギターを弾く上では非常に重要なアイテムです。

チューナーとは、ギターの音を合わせる(チューニング)ための機械です。

ギターなどの弦楽器は、演奏中でも音が狂ったり、ほっといても音が狂ったりと、よく音がズレます。

そのたびにチューナーでチューニングすることになりますので、チューナーはギター本体と一緒に購入する必要があります。

チューナーの選び方としては、デジタル式のエレキギターに直接差し込める、クリップ式のタイプがおすすめです。

・ギタースタンド

ギターは、ほとんどの部分が木で作られています。

なので、落とせば割れたり傷がつきますし、最悪の場合ネック部分(左手で押さえる細長い部分)が折れることもあります。

そうならないためには、練習後に置いておけるギタースタンドが必要です。

床にギターを置いておくと、ネックが反ったりしますし、踏んだり蹴ったりといった心配もでてきます。

ギタースタンドに掛けておけば、そういった心配もなくなるので、ぜひ揃えておきたいアイテムのひとつです。

おすすめのギタースタンドは、理想は壁掛けタイプですが、壁にボルトで固定しなければならない壁掛けはハードルが高いかもしれません。次点として、吊り下げタイプが無難です。

ヘッド(ネックの先にある弦を留めている部分)で固定するタイプのギタースタンドで、ネックにかかる負担がやや少ないのでおすすめです。

・弦(交換用)

最後に紹介するのは、交換用の弦です。

実は、ギターの弦は消耗品だって知ってました?

弦にも種類とか太さとかいろいろあるんですけど、ほとんどの種類の弦は、練習中の指の汗などでサビたり摩耗したりします。

そうなるとフレット(ネックに打ってある銀色の棒)の減りの原因になったり、音自体も悪くなりますので、大体2週間~1ヶ月に1回程度は交換が必要です。

交換の目安としては、弦自体が見て分かるくらいサビていたり、色が変色していた場合は交換時期です。

良くわからないという人は、最低でも1ヶ月に1回交換しておけばOKです。

わたし自身模索中なので「この弦がおすすめ」というのははっきり言えませんが、ニッケル弦を選んでおけば良いでしょう。

メーカーは「アーニーボール」か「ダダリオ」あたりが老舗なので、安心して使えます。

サビに強いコーティング弦もありますが、値段が高いので、ギター初心者はニッケル弦をどんどん使って練習を重ねた方が良いです。


必要なものの他に「あったら」良いもの

 

5つのマストギターアイテムの他に「あったら」良いものも紹介しておきます。

これらのアイテムがあると、便利だったり、エレキギターがより楽しくなったり、より大切に管理できるようになりますので、マストアイテムを揃えて、予算に余裕ができたら少しずつ買い足していきましょう。

・ストラップ

まずはストラップですね。

ギターを肩からさげるためのアレです。

ストラップのメリットは、練習中にギターを落とさないようにできることと、立って練習するときにギターを安定させられることです。

座って練習するときでも、ストラップをしておけば、ギターの転倒防止になりますので、ストラップは非常に優秀なギターアイテムと言えます。

ただ、ギター初心者に必須かと言われたら、わたしはそこまで重要ではないと考えています。

あれば便利だけど、なければないで座って練習すれば良いだけの話です。

ひとつだけ言えることは、立って演奏するのがめっちゃ難しいので、できれば初めからストラップつけて立って練習した方良いですよ!ってことくらいですかね。

そんなに高いものでもないので、お小遣いに余裕があれば早めに購入することをおすすめします。

・アンプ&シールド

エレキギターの最大の魅力は、なんといってもギュイーンと鳴り響くエレクトリックなサウンドですよね。

ですが、残念なことに、エレキギター本体だけではそのギュイーンなサウンドを作ることはできません。

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
じゃー、どうすりゃいいのさ!

 

そんなギター初心者さんの質問には、「ギュイりたいなら、アンプを買っちゃいな!」と答えます。

エレキギターは、音を電気信号に変えることができる楽器です。その電気信号を、アンプという機械が増幅したり電子音に変換したりするのです。

エレキギターらしさを感じながら練習したいのであれば、アンプは必須アイテムに入ります。

ただ、アンプもストラップと同様に、なくても問題はないと言えばないものなので、無理して最初に揃える必要はありません。

ちなみに、エレキギターとアンプだけがあっても、音を電子音に変えることはできません。エレキギター本体とアンプをつなぐケーブル「シールド」が必要になりますので、注意してください。

「アンプとシールドはワンセット」と覚えておきましょう。

・エフェクター

アンプを揃えるなら、絶対一緒にほしいのが「エフェクター」です。

エフェクターは、アンプで変換した音にさらにいろいろな効果を与えるアイテムです。

種類が非常に豊富にありますが、下の3つがメジャーなエフェクターの種類になります。

・歪み系(ディストーション、オーバードライブ)

・空間系(ディレイ、リバーブ)

・揺らし系(フランジャー、トレモロ)

歪み系は、文字通り音を歪ませる(ひずませる)効果があり、エレキギターならではの迫力のあるサウンド効果をもたらします。

空間系は、音に奥行きをもたせて、空間に広がるサウンド効果があります。

揺らし系は、こちらも文字通り音が揺れるタイプのエフェクターで、とても不思議な、まるでギターとは思えないような音が楽しめます。

エフェクターの種類と数はおそろしく豊富なので、ここではとても語りきれません。そして、何がおすすめとか、どれが必須というのもありません。

とりあえず、上で紹介した3つの種類のエフェクターを1種類ずつ持っていれば不自由はしないはずですよ。

※アンプとエフェクターを兼ね備えたYAMAHA THR10がおすすめ

 

アンプとエフェクターについて触れましたが、アンプもエフェクターもそれぞれ揃えると場所もお金もものすごくかかります。

値段に関しては、どちらもピンキリで、数千円から数万円、上を見たら数十万円クラスも!

ギター初心者の最大の壁は、ギターアイテムは何を選べばよいのかわからないので、失敗しやすい点です。

特にギター本体とアンプは、ギターの肝部分なので、最初から実践的に使えるものを用意した方が、後から買い直したりする費用を抑えることができる上に上達の近道にもなります。

わたしが初めて買ったアンプは、非常に質の悪いもので、ノイズはすごいわ、音がこもって聞こえるわで散々でした。

アンプ選びを失敗してしまうと、決して安いものではないので、かなり後悔しますし、何よりもテンションが下がります(笑)

ギター初心者さんがそうならないためにも、わたしが今現在も現役で使っている練習用のアンプを紹介しますね。

それが YAMAHA THR10 です!

 

 

THR10は家庭の練習用アンプとしては、申し分ないほど優秀で多機能な高性能アンプです。

電源を入れると真空管アンプのようにほんのりオレンジ色のライトが灯って、とってもおしゃれ!

ギター初心者さんにTHR10をおすすめする理由としては、これ1台あればアンプとエフェクターが同時に手に入ってしまうからです。

アンプの中に数種類のエフェクターが内臓されているので、先程紹介した基本的なエフェクターはTHR10があれば必要ありません。

THR10の売りはそれだけでなくて

・小型アンプとは思えない迫力あるサウンド

・音のバリエーションがとにかく豊富

・電池駆動もアダプターでの使用も可能なので、演奏シーンを選ばない
・お気に入りのセッティングを記録できる

・ギター初心者にも分かりやすい、直感的にできる操作

・ヘッドホンを使用すれば、外に音が漏れないので近所迷惑防止にもなる

・ 音楽プレイヤーと接続することで、音源を流しながら同時に練習ができる

似たようなアンプはたくさんありますが、YAMAHAの高い技術で作りあげられたTHR10には、言葉にできない安定感と信頼性があります。

家庭で使えるアンプとしては群を抜いているので、少々値段は張りますが、買っても損するということはまずないでしょう。

わたし自身、あまりにもお高いので購入まで1ヶ月くらい悩みましたけど、実際に買ってから「買わなければ良かった・・・」という気持ちには1度もなったことがありません。

むしろ大満足しています。

もし、買って気に入らなければ、最悪中古として売ってしまうという手もあります。

いまだに人気の高いアンプですから、そこそこ良い値段で売れるので、大きく損はしないはずですよ。(2018年8月現在の相場で¥12,000~¥15,000。ヤフオクやフリマアプリなどで売ればもっと高く売れます。)

ただ、中古のTHR10を買うのはおすすめできません。

理由を簡単に説明すると

・販売から年数が経っているので、中古品は劣化具合が激しい場合がある

・部品の欠損もあり得る

・タバコのにおいや傷などの使用感がある

・メーカー保証が切れている

他にも細かい理由はたくさんありますが、安心して使うためには、新品を購入した方が絶対に良いです。

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
アンプとエフェクターって、何を買えばいいのかわかんない!

 

という初心者さんは、THR10があれば灰色のギターライフが劇的なまでに刺激的で色鮮やかな世界へと変化するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

・メンテンナンスグッズ

ギターをより長持ちさせるには、メンテナンスが必須です。

大がかりなリペアは専門店やショップに依頼するしかありませんが、日々のメンテナンスは個人個人で行わなければなりません。

たとえば先程紹介した弦の交換などがそれに当たります。

メンテナンスグッズの代表的なものとして、ギターを磨きあげる「ギタークロス」や「ポリッシュ」、ネックの乾燥を防ぐ「オイル」などなど、持っていて困るものはひとつもありません。

練習後は弦についた指の汗をクロスでふき取る、このちょっとした作業だけで弦の寿命が延びます。

ろくにメンテナンスをしていないと、弦だけではなく、ギター自体も徐々にダメージが蓄積されていくので、メンテナンスグッズもできるだけ早めに揃えておくと良いですね。


”必要なものが揃ってる”初心者セットは買うな!

 

ギターをただ弾くだけでも、いろんなアイテムが必要になります。

それらを1つずつ揃えていくと、時間もお金もかかってしまい、面倒に感じるかもしれません。

そんなときに

 

<strong>ギターショップ店員</strong>“></div>
<div class=ギターショップ店員
初心者セットなら、全部揃ってるよ!

 

こうきたら

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
えっ!すごい!それ買います!

 

となってしまいますよね。

別に間違いではありません。確かに初心者セットは全て必要なものが込み込みになっていますし、なおかつ値段もお手頃なものが多いです。

ですが、わたしはあえて声を大にして言います。

ギター初心者セットは買うな!と。

わたしが初心者セットをおすすめしない理由はいくつかありますが、もっとも重要なこととして、セットに含まれているアイテムの品質がとにかく悪い!ことをあげさせてもらいます。

アンプの部分でお話ししましたが、わたしが初めて買ったアンプは、実は初心者セットに同梱されていたアンプです。

他にも、ギター本体はもちろん、全ての必要なものが揃ったフルセットの初心者セットでしたが、今現在、最初に買ったセットのもので残っているものは何ひとつありません。

最初は良し悪しわからなくても、使っているうちにかならず不満がでてきます。

全ての初心者セットがそうであるとは言い切れませんが、総じてそういう内容であることが多いことだけは、ぜひ覚えておいてください。

初心者セットについて詳しく書いているこちらの記事を読んでいただければ、納得してもらえるはずです。

思わず納得!エレキギター初心者が買うべきギターの値段はこれ!エレキギターに興味をもったはいいけど、いざショップに行ってみたらびっくり!下は数千円のギターから、上は数百万円の...

まとめ

ギター初心者がギターを始めるには、たくさんの知識と必要なものがあります。

それらの知識や必要なものを全て揃えていないとギターはできないのか、と言われたらそうではありません。

最低限必要なものを揃えておけば、いつだって、誰だってエレキギターを始めることはできます。

本記事を読んだら、早速ギターショップで「必要なもの」を揃えて、ギターデビューしちゃいましょう!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger