エレキギター初心者のための記事たち

簡単!初心者にもわかりやすく解説したエレキギターの選び方

 

エレキギター初心者
エレキギター初心者
エレキギター欲しいけど、どれを選べば良いのかわからないよ。選び方とかあればいいのにな~

 

そんなあなたの悩みを解決します。

エレキギターとひとことで言っても、種類がとても豊富です。

初心者が最初につまづくのは、この種類の豊富さゆえに、どんなギター選んで良いのかわからないんですよね。

わたしも、もちろんそうでした。

エレキギターを買うぞ!と意気込んでショップにでかけたは良いけど、形も値段もさまざまで、迷うだけ迷って結局買わないっていう(笑)

初心者がエレキギターを選ぶためのコツは、大まかに分けて2つのポイントに気をつけるだけです。

1つは「値段」。そして、もう1つは「自分がどんなエレキギターが欲しいのか」。

この2つのポイントに気をつけるだけで、おどろくほど簡単にはじめての1本があなたのものになります。

今までに20本以上のエレキギターを試奏したわたしが、初心者にわかりやすく選び方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



エレキギターは「値段」と「欲しいギター」で選べ!

冒頭でもお伝えしたとおり、初心者がエレキギターを選ぶには、たった2つのポイントを抑えるだけでOKです。

値段」と「欲しいギター」でしたね。

値段に関しては、別記事で解説しているので、こちらを参考にしてください。

思わず納得!エレキギター初心者が買うべきギターの値段はこれ!エレキギターに興味をもったはいいけど、いざショップに行ってみたらびっくり!下は数千円のギターから、上は数百万円の...

ポイントだけまとめると

・安いギターは作りが荒かったり、不具合がおきやすいから注意

・ギター本体だけで3万円~5万円くらいが安心価格

・初心者セットは安物アイテムの詰め合わせだから絶対に買わない

こんなところでしょうか。

本記事でお話するのは、もう1つのポイントである「欲しいギター」についてです。

あなたは今現在、明確に欲しいと思っているエレキギターはありますか?

あるのであれば、それを買うのが悩むことはありません。今すぐにでも買ってしまいましょう。

ただ、あなたが欲しいギターは、あなたに合っているのかどうか、についてきちんと見極める必要がありますので注意してください。

どういうことかというと、やみくもに「このギター格好いいからこれにしよう!」と選ぶだけでは、失敗する可能性が高くなります。

あなたは「さっき、欲しいギター買えっていったじゃん!」と思っているはずですよね。

それ自体は間違えではないんですよ。だってそうでしょう?欲しくないギター買ったって、嬉しくないですよね。

わたしが言いたいのは、「最低限の知識を得た上で、欲しいギターを買いましょう」ということです。

エレキギター選びで必要になる最低限の知識とは、ギターの種類に始まり、各部位の名称と機能、それぞれの音の特徴あたりでしょうか。

何も知らない状態で買ってしまうと、「なんか弾きづらいし、音が好きじゃない・・・」となりかねませんので、ここでしっかり勉強しておきましょう。

ギター選びに必須の用語【最低限編】

初心者がギターを選ぶ時に必要な最低限の用語をまとめてみました。

そう多くないので、さくっと暗記しちゃいましょう。

ヘッド・・・弦がペグという金具で留められている頭の部分。

ネック・・・弦が貼られている細い部分。フレットという多数の銀色の棒で区切られており、ここを抑えることで音階が変わる。

ボディ・・・ギターの中で一番大きい部分。スイッチとか機械がいっぱいついているからわかりやすいはず。

ピックアップ・・・ボディに貼られている弦の下に1~3個取り付けられている楕円形の機械。PUと略される。この機械でギターの音を電気信号に変える、マイクのようなもの。

シングルコイル・・・PUの種類。PUが1つだけだったらシングルコイル。簡単に説明すると出力が弱めのマイク。アンプを通すと繊細な音が鳴ると覚えておこう。

ハムバッカー・・・シングルコイルが2つくっついているPU。簡単に説明すると出力が強めのマイク。アンプを通すとパワフルな音が鳴ると覚えておこう。

アンプ・・・エレキギターの音を増幅させる機械。初心者はギターとセットでおすすめされる可能性が高い。アンプはあった方がモチベもあがるからおすすめ。

歪ませる・・・ひずませると読む。音を電気信号で歪ませることでギュイーン的な音になる。アンプをおすすめされる時にこのワードが出やすい。

エフェクター・・・ギターとアンプの間に設置して、アンプから出てくる音を更にギュイーンな音にする機械。種類がめちゃめちゃある。エフェクターがあるとエレキギターだこれ!って音が鳴る。

エフェクターの種類・・・歪み系とか空間系とかいろいろあるけど、とりあえず歪み系のディストーションかドライブだけ覚えておこう。効果は文字通りギュイーンな音になる。

ピック・・・ギターの弦を弾くための道具。多分見たら「ああ、それね」って言うはず。これがないと弾けないので必須。

ストラップ・・・ギターを首からぶら下げてるときのベルトみたいなやつ。最初はあってもなくてもいい。立って弾くんだ!って人は必須。

チューナー・・・ギターは不完全な楽器と言われていて、弾いているとどうしても音が狂う楽器。それをチューニング(調律:音を合わせること)するための機械。絶対に必要。

ギタースタンド・・・ギターを立てかけておく道具。ギターは床に直置きしてしまうとひん曲がったりするので、ギタースタンドは必須。

ギタークロス・・・ギターを拭くための布。ボディは手垢がすんごい目立つし、弦は練習中の手汗で錆びるので、ギタークロスで練習後はこまめに拭くべき。あった方が良い。

実際にギターショップに行ったら、こういった単語がごろごろ飛び交うので、ここで紹介した用語を覚えておくとギター選びがスムーズになりますよ。

合わせて、「エレキギターを始めるときに必要なものがわからない!」なんてことにならないように、こちらの記事もおすすめです。

エレキギター初心者が最初に必要なものは5つのアイテムのみ!その気持ち、よっく分かります!!ネットで情報収集したら「アレも必要だ、コレも必要だ」、ギターショ...

エレキギターの種類を覚えよう!

続いて必要な知識として、エレキギターの種類はマスターしておくべきです。

エレキギターと一括りで言っても、実は種類があるんですよ。

ストラトキャスターエレキギターと言えばこれ。フェンダーという会社が販売したのが始まり。どんな音楽にも合わせることができる万能タイプのエレキギター。
レスポールB’zの松本さんが愛用しているひょうたんみたいな形のエレキギター。ギブソンという会社がフェンダーのストラトに対抗して作った。ロックな音が得意。
テレキャスター見た目はストラトにそっくり。PU部分に特徴がある。ジャギジャギした音が鳴る。
SGレスポールを薄くしたようなギター。ギター本体は軽いのにパワフルなサウンドが特徴。
VシェイプボディがアルファベットのVの形をしている。正直弾きにくい。

他にもエレアコ(エレクトリックアコースティックギター)やジャズマスター、ジャガー、ムスタングなんてものもありますが、一般的なのは上の表のギターたちです。

とりあえずここら辺の種類を頭に入れておくとギターショップでも十分に戦えます。


自分が欲しいエレキギターが自分に合っているかチェックする

最低限のギター用語が頭に入ったところで、いよいよギターの選びについて解説していきましょう。

あなたが欲しいギター、つまり、のギターでどんなジャンルの音楽をやりたいのか」を明確にすることで、選択の幅はかなりしぼることができます。

エレキギターなんだからロックでしょ!という人はレスポール、いろんな曲をやってみたい!という人はストラトキャスターといった具合ですね。

とくに「このギターはこのジャンルだけ!」という縛りがあるわけではないので、これについてはどんなギターを選べば良いのかわからない初心者向けと捉えてもらったほうが良いかもしれません。

レスポールでジャズを演奏したって良いんですよ。音楽ですから、音を楽しむことが何よりも重要。

自分が目指す音楽ジャンルが絞れない場合は、ストラトキャスターを選ぶのがおすすめです。

演奏シーンを選ばないので、迷ったらストラト!と覚えておきましょう。

ギターの種類が決まったら、あとはそのギターが自分に合っているかどうかチェックするだけです。

それぞれポイントごとに解説していきますので、ギター用語と合わせてしっかり頭に叩き込んでくださいね!

①まずはエレキギターを持ってみる

まずは購入候補のエレキギターを持ってみてください。

ギターのボディが自分のボディにぴったりフィットするかどうかを、最初にチェックしましょう。

弾きづらいと感じる原因の多くは、自分にギターが合っていないからです。弾きづらいギターでは、上達の速度にも影響がでてきますので、ここは慎重に選ぶべき。

上記の理由から、この工程がどれくらい大事かがおわかりいただけたかと思います。

しかし、初めてギターを持つわけですから、自分に合っているかどうかなんてわかりませんよね。

そんなときは、最初の時点で、候補を複数本選んでおいてください。そして、それぞれかならず持ってみましょう。

このようにすれば、手軽に比較検討ができるので、5本選べば5本の違いがわかるはずです。

あせらなくても、何本も持っているうちに、「あっ!これだ!」という感触のギターがでてきます。

そのギターこそが、あなたが選ぶべきギターです。

②ネックの握りやすさは重要

次にチェックすべきポイントは、ネックの握りやすさです。

ギターはもともと外国人向けに作られている楽器です。

日本人と外国人では体格に大きな差があり、それは手の大きさも例外ではありません。

外国人のサイズに合わせて作られているため、日本人にとってはギターのネックは幅が広いとされています。

ギター初心者の場合、初めてネックを握りますし、フレットを押さえることも初めてという方が多いはずです。

そんな初心者がネックの握りやすさなんてわかるわけがないと思われるかもしれませんが、ボディのフィット感と同様に、ギターは種類によってネックの太さや幅の広さがそれぞれ違います。

ですから、何本か握らせてもらえば、自分の手の大きさにフィットするギターと、そうでないギターの違いがなんとなくわかるようになります。

ネックは演奏技術に直結する部分なので、少しでも握りにくい、弾きづらいと感じたら候補から外して別のギターを探しましょう。

③エレキギター選びは見た目がすべてといっても過言ではない

エレキギターは見た目で選ぶこともかなり重要です。

散々フィット感だの握りやすさだの言ってきたくせに、見た目で選べって矛盾してるじゃん!

みたいな意見が聞こえてきそうですが、これにもきちんとした理由があります。

エレキギターあるあるなんですけど、ギターの見た目に飽きてくるんですよね。

最初は「かっけええええ!一生大事にするぜ!」的なモチベーションでも、時間が経つとそれがだんだんと普通になり、他のギターが格好良く見えるようになり、手元のギターに触れる回数がどんどん減っていきます。

それはそれでかまいませんけど、もう1本ギターを買う費用を考えると、はじめからお気に入りすぎるくらいのものを選んで使い続けたほうがお得ですよね。

他にも、難しくて挫折しかけているとき、妥協して選んだギターだったら「よし!もう1回がんばるか!」となりにくいんですよ。

その点、わたしのギターのように、見た目が最高に気に入ってたら、いつまでも大事にするし、練習に対するモチベーションも高い水準で保つことができます。

自慢のRPS(リードポールスミス)君です。

長い付き合いになる1本ですし、始めの1本というのは思い出にも深く残るものです。

妥協することなく、選ぶようにしましょう。

エレキギターの選び方をまとめてみると

・自分の目指す音楽ジャンルにあった種類のギターを選ぶ

・ボディがフィットするギターを選ぶ

・ネックが握りやすいギターを選ぶ

・見た目は100%自分の好みのギターを選ぶ

あとは、上の条件を満たしているギターが予算内で買えるかどうかです。

もし、予算オーバーであれば、最初は弾きやすさが何よりも重要なので、①見た目②ボディ③ネックの順番で妥協していくと良いでしょう。


エレキギター初心者がギターを選ぶときに注意したいこと

選び方がわかったら、次は買う時の注意点を頭に入れておきましょう。

これは、わたしが実際に失敗した体験をもとにしております。

買ってから後悔してほしくないので、ぜひ何度も読み返して下さいね。

初心者セットだけは絶対に買っちゃダメ!!

上で紹介した記事でも触れていますが、ギター初心者セットだけは絶対に買っちゃダメです。

もう一度リンク貼っておきますので、詳しくはこちらを読んでください。

思わず納得!エレキギター初心者が買うべきギターの値段はこれ!エレキギターに興味をもったはいいけど、いざショップに行ってみたらびっくり!下は数千円のギターから、上は数百万円の...

初心者セットは、「これさえあればすぐにでもギターを始められる」優れモノなんです。

それは間違えありません。

ですが、込み込みで価格が1万円くらいから販売されているので、ギター本体が劣悪なものであることが考えられます。

楽器は「値段=性能」なので、あまりにもリーズナブルなものは避けましょう。

その他の付属品に対しても同じことが言えるので、長い目で見るならスタートは少々値段が張るくらいのものを選んだ方が失敗は少ないです。

初心者はネットショップでエレキギターを買ってはいけない

初心者は、ネットショップでエレキギターを選んではいけません。

悪いことは言わないのでギターショップに行って購入してください。

実物を見たり、持ったり、握ったりしないで何が分かるのでしょうか?

ネットでわかるのはせいぜい見た目だけで、中古に至っては、細かい傷や使用感がわかりにくいです。

買ったはいいけど、想像以上に汚かったり、壊れていたりということもあり得る話です。

初めての1本ですから、選ぶ時はしっかり自身の目で見て判断しましょう。

まとめ

かなり長くなってしまったので、今回の内容をまとめてみましょう。

まとめ

・エレキギター選びには最低限の知識が必要(用語や種類)

・自分がどんな音楽を演奏したいのかでギターの種類をしぼる

・ボディのフィット感・ネックの握りやすさ・見た目が好みかどうかで選ぶ

・初心者セットは避ける

・ネットショップでの購入は初心者の場合はやめておく

初めての1本は思い出に深く残ります。

そんな大切なあなたの思い出に暗い影が落ちないように、ぜひ本記事をお役立てください。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger