30代のおっさんにささる恋愛トーク

彼女ができない原因はすべてがあなたにあるわけじゃありませんよ?

 

恋愛に関する記事を書くようになってから、よく昔のことを思い出すようになりました。

20代の頃のわたしは、とにかく彼女が欲しくて欲しくて仕方がありませんでした。

ですが、どんなにがんばっても、どんなに努力しても、ただの一度も彼女ができることなくあっさりと30代に突入しました。

30代の彼女ができない男性にこそ読んでほしいわたしが実践した方法うす毛で低身長、見た目は完全なオタクのわたしです。こんにちは!とあるブログを読んでいたところ、30代のブログ...

20代の方でも、30代の方でも、がんばっているのに彼女ができないことに疲れていませんか?

https://takaburo.com/girlfriend-cant-tired

同じ境遇にあったわたしは、みなさんの気持ちが痛いほどによくわかります。

「なんで彼女ができないんだろう・・・」

あまりにも努力が実らなさすぎて、日々の積み重ねが不毛に思えてきちゃうんですよね。

そして最終的には、自分の容姿やコンプレックスを原因だと決めつけてしまうんですよね。

もう結論から言っちゃいますけど、彼女ができない原因は全部が全部自分のせいではありません!

今回は、その彼女ができない原因について、そしてその改善方法についてお話していきます。


 

彼女ができない原因はいっぱいあるから悩むよりも改善しようって話


彼女ができない原因を考えてみよう

さっそく、「彼女ができない原因」について考えていきましょう。

わたしの少ないながらも体験してきた過去を振り返ってみて、これが原因だったんだろうなーというものを7つほど考えてみました。

先に大事なことから言ってしまいますけども、彼女ができない原因なんて腐るほどいっぱいあります。

人によって置かれている状況、環境が違いますので、これからあげる「原因」が真理ではないはずです。

わたしが今から紹介する原因は、あくまでもわたしの場合です。みなさんに必ずしも該当するとは限りません。

ですが、参考にすることはできますし、もしかしたら自分では気がついていない部分が見えるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

・見た目や容姿

彼女ができない原因の第一位はこれかなーって思います。

やっぱ見た目とか容姿って、かなりのハンデになるんですよね・・・

わたしもそうですけど、自分の顔が大好き!って方、ほとんどいませんよね?(いたらごめんなさい)

よほどのイケメンでもない限り、見た目に負い目を感じるのは仕方のないことだし、自然なことだとも思ってます。

でも、10人にも満たないけど、わたしがお付き合いをしてきた結果としては、ぶっちゃけ見た目ってそんなに重要じゃないですよ?

どちらかというと、見た目よりもしゃべりだったり、気遣いだったりが重要かなーと思いますけどね。

「どうせそんなこと言っといて、イケメンなんだろ!」と思われた方は、わたしの黒歴史をぜひお聞きください。

高校生の時に、好きな子から「おまえの顔見てたら目が潰れる」と言われたことがあります(にっこり)

ふおおおおおおお!思い出したらなにこれ死にたい・・・

他人に普通ここまで言われます?しかも好きな子からですよ?ほんと時代が時代なら自らそっと人生の幕を降ろしているところですよ!

恋愛に臆病な人は、わたしのように過去に見た目やコンプレックスのことでトラウマになる傷を負ったことがある方が多くいらっしゃる印象を受けます。

なかなか吹っ切れずに、ふと思い出したときにとても辛い気持ちになるかもしれませんが、彼女さえできればそんなのすべてチャラになります。

だって、彼女=自分のことが好きなんですよ?

最強の味方(彼女)が隣にいれば、辛い過去もわたしのように笑って話せるようになりますよ(頬に冷たい一筋の涙を流しながら)

・自分のコンプレックス部分

次に大きな原因となるのはコンプレックスですかね。

誰だって1つや2つはコンプレックスを抱えているものです。

ルックスや容姿に対するコンプレックスが強すぎると、女性に対して積極的になれなくないですか?

これが良くないのはわかってはいますけど、でもコンプレックスがあるとなかなか難しいですよね・・・

わたしの場合は、若いときからの薄毛と低身長、あとオタク顔(じゃがいもに似てると言われたことがあります死にたい)

例えば、たまたま好きになった女性が自分よりも身長が高かったらどうしますか?あきらめちゃいます?

女性はよく男性の身長の話をしますが、背が低い女性ほど男性の身長を気にしない傾向にあります(わたし調べ)

実際に、わたしの奥さんはわたしより5cmほど身長が高いです。わたしはそれに対してコンプレックスを強く感じていますが、奥さんは気にしてないそうです。(ヒール履かれたらお姉ちゃんと弟のような身長差(笑い))

みなさんが思っているよりは、このような考えの女性は世の中に多く存在しています。

コンプレックスをコンプレックスとして考えているのは、実は本人だけなんです。

まわりの人は案外どうでも良いと思っているか、何も感じていないものですよ。

ですから、コンプレックスを気にして行動に移せないのはちょっともったいないなーと今は思います。

・女性に対する接し方

わたしが今でも後悔しているのは、女性に対する接し方がなってなかったことです。

男性も女性もいろんな人がいて、マニュアルどおりの接し方なんてありませんし、正解があるのかどうかもわかりませんよね。

優しく接するのが良いのか、オラオラ系で接するのが良いのか、考えすぎてどう接していいかわからなくなっちゃって、20歳のときに彼女ができそうな大きなチャンスがあったんですけど

「薄毛くんて、冷たいよね」

と、言われてしまい、撃沈したことがあります。

わたしとしては、クールで格好良いつもりだったんですけど、相手にとってはそうではなかったんです。

この事件がきっかけで、クールキャラ(笑)は封印しました。

今でも女性に対する接し方は、決してうまいとは言えませんが、愛想は良くしておいて損はしないんじゃないかと思ってます。

・自慢などの独りよがり

これは女性に対して一番やっちゃいけないやつです!

ほんと、気をつけてください!

自慢話とか、独りよがりトークは、男性の性といっても過言ではないんですけど、女性はこの自慢話が大嫌いなんですよ。

 

「オレ、昔は結構ヤンチャしててさ」
「ほーん(クソつまんね)」

 

ほんとこうなりますよ!

男性が自慢話をしたがる理由としては、相手よりも自分が優れていることを確認したいからなんです。

つまり、オスとしての本能的な行動なわけですが、女性にとってはそれがビビるくらいおもしろくないんです。

女性は共感を得てほしい生き物なので、独りよがりの男性は嫌われる傾向にあります。

そんなことも知らなかったわたしは、飲み会の席で「オレ、歌上手いって良く言われんだよね」なんて鼻の穴膨らましてよく自慢してました・・・

みなさんは、わたしの二の舞にならないように気をつけてくださいね!

・自分に対して自信がない

彼女ができない人に共通しているのが「自分に自信がない」ということです。

「どうせオレなんて!」って思ったことありませんか?

気になる女性にアピールすることができない、良い感じの関係は築けてるけど告白するのが怖い

これは自分に対する自信がないから、肝心な部分で一歩踏み出せないのが原因です。

わたしは、始めてお付き合いした方には、結局最後まで告白らしい告白をしないままフラレてしまいました。

ですから、付き合っていたのかそうではなかったのか(わたしは付き合っているつもりでした)が非常に曖昧な関係でした。

なぜ告白しなかったのか。

自分が女性と付き合うことに自信を持つことができなかったので、告白してフラレるのが怖かったんです。

女性と付き合うという経験がなかったわけですから、当然といえば当然ですが、みなさんもこんな経験をしたことはありませんか?

自信を持つ方法はずばり経験です!

失敗を恐れず、いや、恐れてもいいので、何度もチャレンジしてください!

その失敗が糧になり、信じてトライすることがかならず自信につながりますよ!

・出会いがない

田舎に済んでいる方は、出会いがないという問題を抱えているかもしれません。

わたしもそのひとりで、北海道の田舎に住んでいます。

東京などの大都市に住んでる方にはイマイチ、ピンとこないかもしれませんが、コンビニは歩いて5分以内にありませんよ?

へたしたら車で数分から数十分かけてようやく見つかるレベルです。

つまり、女性もそれだけ少ないということです(例えがヘタ)

ただですね、わたしはこの問題に対しては否定的な考えを持っています。

出会いなんてそこら辺中にごろごろ落ちていますよ。

コンビニのバイトさん、居酒屋の店員さん、会社の同僚、誰だって気に入ったならいいじゃないですか。

コンビニもないほど田舎であれば、近くの大都市に足を運びましょうよ。

スマホ全盛期の現代では、出会い系でもマッチングアプリでも出会いの場はいくらでも作れるはずです。

あとは、自分が行動するかどうか、ただそれだけです。

 

・女性への理想が高すぎる

みなさんの女性の好みって、どんな人がタイプですか?

女優並の顔面偏差値に、モデル並の容姿だったりしませんか?

彼女ができない原因のひとつに、女性に対する理想が高すぎる問題があります。

ちなみに、女優並の顔面偏差値のモデル体型の女性はほとんどCGだと思っておいてOKです。

いや、確かに実際にいますよ?ですけど、それ、自分の顔面偏差値と比較した時につり合い取れてます?

少なくともわたしでは月とスッポン状態なので、そもそも好きにもならないです。

ただ、どうしてもそのようなクォリティの高い女性とお付き合いしたいのであれば、それ相応どころか、死ぬ気でがんばる必要がありますし、彼女ができないことに愚痴を言っている場合ではありません。

もし、なりふり構わないのであれば、女性を選べる立場ではないことを認識して、妥協して選ぶことを考えてみましょう。

こんな言葉があります。

「美人は3日で飽きるけどブスは3日で慣れる」

綺麗な女性って、わたしのようなブ男からしてみると、とてもきらびやかに見えるんですよね。それこそ高根の花って言う言葉がほんとぴったりです。

そのせいか、近寄りがたい部分もあって、わたしなんかが話しかけてもいいのだろうか?とすら思ってしまいます。

その点、失礼ながら美人ではない一般的な容姿の女性であれば、気兼ねなくお話しすることができますし、お付き合いする・しないという観点でも敷居が低く感じられて、積極的に攻めることができます。

あまりにも彼女ができないという男性は、一度、現在好きな女性や気になっている方、今まで好きになった女性の顔面偏差値を客観的に見直してみてください。

それがダメ!というわけではありませんが、彼女ができない原因になっていることはぜひとも認識してほしいです。

美人ではない女性だって、魅力的な方は山ほどいらっしゃいます。

少しでもかわいいと思える方を見つられたら、それは守備範囲に入っているので、アプローチしてみてはいかがでしょうか?

・女性に好かれようとしていない

女性に好かれようと努力していないパターンも、彼女ができない原因につながっているはずです。

典型的な例がわたしなんですけども、どういうことかというと、自分ばかりが好意をアピールしすぎてて、相手の気持ちを考えていないんです。

もしかしたら、こちらの好意を迷惑に感じてるかもしれませんよね?

押しの一手も時と場合によっては効果的ではありますが、理想の形としては、お互いの気持ちのバランスが釣り合っている状態に持ち込むのが成功率をあげる極意です。

自分ばかりがお熱をあげても、女性は冷める一方、なんてこともザラにあるので、徐々に女性から好かれるように行動してみましょう。

オレがオレが!では、そりゃー彼女なんかできるはずないので、搦め手で攻めるなどして工夫してみましょう。


彼女ができない原因について悩むのは無駄

彼女ができない原因について、わたしの例と一緒にお話ししてきましたが、正直なところ、当てはまるものがないと共感して頂けないかもしれません。

冒頭でも申し上げました通り、彼女ができない原因なんて千差万別なんですよ。

原因についてリサーチすることは確かにとても大事なことではありますけど、原因なんていっぱいあるので、悩む時間が無駄ですし、原因のすべてが自分にあるわけではありません。

だって、そうでしょう?

彼女をつくるべく、みなさんがんばられてますよね?努力してますよね?

それなのにできないんですもん、どうしようもないです。

だけど、手をこまねいていたって、うじうじ悩んでたって彼女はできません。

すべてを自分のせいにするのではなく、それを改善することが重要だということに気が付いていほしいんです。

・「悩む」のではなく「改善」する

原因の追求なくして改善は不可能ですから、さきほどわたしが例に挙げたように、自分を客観視してある程度原因を絞り込む必要はあります。

絞り込めたら、そこで出た答えを改善点を実践していくだけです。

これだけのことで、周りからは今までと違う自分であることがかならず伝わります。

それを見たり、感じた女性たちは、みなさんに対しての評価をがらりと変えてくるでしょう。

悩んでいるだけでは決して得られなかった高みが、改善することで自分の足元まで下りてきます。

30代になるまで一度も彼女ができたことのないわたしも実際に取って成果をだした作戦なので、彼女ができないことに悩んでいる同じ30代の男性にこそ、ぜひ実践してほしいマインドだと思っています。


彼女ができない原因を改善する方法

原因の1つ1つを改善することは当然として、更に彼女ができる確率をあげることのできる改善方法を3つほど紹介します。

もし、何を直したら良いのかわからない!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

・女性の目線に立って自分を見る

わたしたちが相手にするのは当然「女性」です。

目的の女性とお付き合いできないということは、その女性がわたしたちに対して何らかの拒否意識を持っているはずです。

その拒否意識がなにかが理解できれば、お付き合いへのハードルは多少さがります。

しかし、相手に直接「オレのどこがダメなの?」と尋ねるのは少々勇気が必要です。

では、一体どうしたら良いのかと考えたところ、答えはシンプルに「女性の目線に立って自分を見る」ことに行きつきます。

具体的なやり方としては、今の自分を鏡に映して外見をチェック、内面をノートに書き出してチェックしてみるのが効果的です。

客観的に自分をあらゆる角度で見ることによって、女性から見てどこがダメなのかが分かります。

ぼさぼさの髪型であったり、生え放題の眉毛&髭、よれよれのシャツにしわしわのパンツでは勝負になりません。

内面も同じで、自分本位になっていないか、女性の話を聞いてあげられているか、女性に気を遣えているか、チェックすべきポイントはいくらでも見つかるはずです。

こういった、すぐに改善することができることから始めていくと、目に見えて効果が出るのでおすすめです。

・短所を長所に変える

これは考え方のお話しになりますけど、自分の欠点である短所を、長所に変えることができたら最強なんですよ。

でも短所って、コンプレックスな部分が絡んできたりするので、なかなか難しいんですよね。

だけど、自分の短所を把握しておくことくらいはできるはずなので、そこを前面にださないようにするだけでも効果あります。

気が短いなら、できるだけ我慢をてみる。我慢が少しずつ効くようになったら、そのキャパシティを増やしてみる。

ここまでできたら「大人の余裕」へと昇華されているので、立派な長所と言えるようになります。

若い女性は大人の男性の余裕に弱いというデータ(わたし調べ)があるので、これは充分な武器として振るうことができます。

短気を例にしてみましたけど、自分が短所だと思う部分を良い方向に伸ばしあげてください。

それが育てば、女性攻略へのカギになりますよ。

・自分に自信をもつ

先にお話しした部分と内容がダブってしまいますが、自分に自信をもつのって本当に大事なんですよ。

自信を持ってないと、女性の前に出てもおどおどしちゃいますし、女性と対等の立場で渡り合えなくなっちゃいませんか?

女性にイニシアチブを取られてしまうと、最悪の場合一方的に何もできずに終わってしまうこともあります。

そうならないようにするためには、やはり風堂々とした態度で女性と対峙できるように自信をつけることです。

自信をもつことで、彼女ができない原因を払拭する(コンプレックスなど)ことにもつながってきます。

彼女を作るためには、まずは女性に対して自信がもてるように改善していくと良いと、わたしの少ない経験の中で学びました。

まとめ

彼女ができない原因についてお話ししてきましたが、思い当たる節はありましたでしょうか。

万人に刺さる内容とは言えませんが、当てはまる部分があれば、少しずつ改善していきましょう。

では、本日の記事をまとめてみます。

まとめ

彼女ができない原因についてリサーチする

原因について「悩む」のではなく「改善」する

女性の気持ちを理解し、短所をなくし、自信をもつことが重要

原因を探ることは、結果として自分磨きになりますので、しっかり改善していきましょう!

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger