エレキギター初心者のための記事たち

エレキギター初心者に教則本とかぶっちゃけ必要なし!その理由と根拠を教えちゃうぞ☆

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
エレキギター買ったのはいいけど、最初って何したらいいんだろ?やっぱり教則本で練習するのが良いのかな?

そんなエレキギター初心者あるあるのお悩みをズバッと解決しちゃいます!

エレキギターにあこがれて始めたのはいいけど、練習の仕方や方法がわからない!

その気持ちよくわかります。

ギターを購入した初日はテンションマキシマムで、もう興奮のるつぼですよね!

だけど、ふと冷静になったとき、なにすればいいんだろ?ってなるまでがワンセットです(笑)

そこで登場するのが教則本様ですよ。

ギターショップや楽器店でギターを購入した場合、店員さんが合わせて教則本をおすすめしてくることがあります。

いろんな不安から、ついつい一緒に購入しがちな教則本ですけど、それほんとうに必要ですか?

あなたよりも少し先輩のわたしから言わせてもらえば、教則本とかマジいらないですよ。

その理由と根拠について、濃厚に語っていきたいと思います。


エレキギター初心者に教則本とかマジ必要ないから

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
やっぱり教則本ってすごい!いろんなことが書いてあるし、1から100まで情報が網羅してあるから安心だね!

いや、実際そのとおりなんですよ。

教則本は初心者に特化して作られているから、読むだけでもめちゃめちゃ勉強になります。

ギターの各部位の名称から、役割、必要なアイテム、演奏の仕方、基本的なギターテク、過大曲、弦の交換方法まで(こんなもん?)用意されているので、自分のペースに合わせながら練習できちゃうすぐれものです。

ですが、わたしは絶対に必要ないと断言します。

なぜなら、わざわざ教則本にお金かけてまで必要な知識や技術か?と言われたら、確実に”NO”だからです。

実はですね、教則本で学べるすべての知識と技術は、ギターに対する情熱さえあれば誰でも無料で簡単に手に入るんですよ。

なのに、教則本を購入する意味ってなくないですか?

しかも、迷いがちな練習方法についても、エレキギター初心者におすすめする練習方法は、実はひとつしかなくて、好きなアーティストの好きな楽曲を練習するのが一番なんです。

といっても、絶対に弾けるわけないんですけどね(笑)

別に弾けなくてもいいんです。最初はエレキギターに慣れるのが最大の目標ですから。

諦めずに繰り返していれば、その内なんとなくでも形になってきます。最初は慌てずにゆっくりできるまで反復練習あるのみ。

エレキギター初心者におすすめする練習方法については、こちらの記事で詳しくお話ししていますので、ぜひチェックしてみてください。

エレキギター初心者におすすめの練習方法はこれしかない!インターネッツを意味もなく徘徊していると、「ギター 初心者 練習」で検索している人が多いことに気がついちゃいました。せっ...

少し話が脱線してしまいました。

まずは、エレキギター初心者に教則本が必要ない理由と根拠についてお話ししていきたいと思います。


教則本が必要ない理由と根拠を徹底的に解説しちゃうぞ☆

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
教則本がいらないだって?そんなのぶっちゃけありえな~い!

エレキギター初心者に教則本が必要ないと断言する理由と根拠、それは2つあります。

・教則本で得られる情報はすべてネット上で手に入る

・動画の方が圧倒的にわかりやすい

正直言って、教則本は前時代の遺跡レベル程度の価値しかありません。

お金を払ってまで購入する意味はなく、ネットで調べればあなたの疑問に対するアンサーはすぐに見つけることができます。

2つのポイントについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

教則本で書かれている知識や技術は、ネット上ならそこら辺中に落ちてますけど?

教則本のメリットは、ギター初心者に必要な知識や技術が1冊の本にまとまっていることです。

わからないこと、うまくできないことがさくっと調べられるのは非常に便利ですよね。

ですが、ネットなら教則本よりも深く、よりわかりやすい方法で練習することが可能なんです。

というのも、教則本で得られる知識や技術は広く浅いため、上達に必要な”コツ”などがざっくりと説明されています。

たとえば、ギター初心者だと単音を弾くのがむずかしいと思います。

押さえる左手はまだしも、ピックで弾く方の右手はなかなか狙った弦を的確に弾くことすらできないものです。

これが教則本だと「できるまで何度も繰り返し練習しよう!」で終わってしまいます。

ギター練習の真髄は反復練習にあるので、それ自体は間違っていません。

一方、ネット上にいくつもアップされている動画やサイトを見ると、単音を上手に弾くためだけにフォーカスした動画や記事がいくつも見つけられます。

つまり、単音をいかに初心者がうまく弾けるようになるかについてだけ解説しているわけです。

教則本のようなざっくり「がんばって練習してね(はぁと)」とは違い、そういった専門性の高い記事が網羅されているので、結果としてより上達が早くなります。

これが教則本が必要でない理由です。

見にくい教則本より動画の方が初心者にはわかりやすい

教則本に限ったことではありませんが、エレキギター初心者はとにかく本よりも動画を見た方が良いです。

教則本の解説ってわかりづらくないですか?

写真見ながら同じ弦を押さえようとしても、いったいどのフレットとの何弦を弾くんじゃ?ってなりません?

その点動画だと、立体的に見えるから押さえる場所もわかりやすいですし、こまかく口で解説してくれるし、さらにどんな音がなるのかという正解までわかっちゃうんですよ。

教則本を見ながら練習しても、音が間違っていることは気づきにくいです。

これは大きなデメリットですよね。

ヘタしたらそのまま音が違うことに気づかずに練習を続けてしまう可能性もありますから。

動画の場合「人差し指が6弦の5フレット、薬指か小指のどちらかで5弦の7フレットを押さえてください」といった感じで、””として認識できます。

画面を”目”で見つつ、解説という”音”がある分、教則本よりも理解度が高まるというわけですよ。

だけど、動画で解説してる人って素人なんだろ?全然信用できないよ

そんな意見も聞こえてきそうですが、実はそんなこともなく、プロのギター講師が解説していることがとても多いです。

わたしが一方的にお世話になった瀧澤克成さんは、話しも動画も面白いのでおすすめですよ。

これが、わたしが教則本は必要でないとする根拠です。


教則本に頼るくらいならギター教室通った方がはるかに上達しまっせ!

 

<strong>エレキギター初心者</strong>“></div>
<div class=エレキギター初心者
ネット上の情報の方が優れているのはわかったけど、やっぱり教則本みたいな信頼性のある練習がしたいなぁ

ネット上の動画や解説は、いまいち非正規な気がして信用ができないと感じるのもわからなくもありません。

しかし、教則本だけの完全独学では、よほどの才能でもない限り、いずれかならず壁にぶちあたります。

最悪の場合、そこで挫折してしまい、「やっぱりギターはおれには向いていない」と勝手な自己判断をくだすことにもなりかねません。

そんなあなたにおすすめなのが「ギター教室」なんです。

教則本よりも詳しく、さらに、動画よりもあなたに寄り添った、よりピンポイントな指導がもらえるギター教室は、初心者であればあるほどおすすめします。

どんなことにでも当てはまりますが、その道のプロから直接教えてもらうのがもっとも効果的かつスピーディーな上達方法です。

できるだけ早く上手になりたい!きれいな演奏がしたい!といった理想をもっているのであれば、迷わずギター教室に通うべきでしょう。

同じギター初心者の仲間もできますから、お互いに切磋琢磨できておもしろいですよ。

ギター教室の唯一のデメリットは、教則本よりもはるかにお高い月謝がかかるくらいなので、お財布と相談して余裕があればぜひ検討してみてください。

エレキギター初心者は教則本に頼らない方が結果的に早く上達するよって話し

 

エレキギター初心者に教則本はありません。

目で読むよりも動画などの音で学んだ方が早く頭に入りますし、指の動かし方も確認できるので、イメージが頭と体に染み込みやすいです。

教則本が悪いというわけではありません。

初心者にとって必要な知識はすべて詰め込まれていて、さらに必要なアイテムなんかもたった1冊の本で学べます。

ですが、お金を払ってまで教則本に頼る必要はなく、そこら辺の必要な知識や技術はネットの方がよりわかりやすく解説しているものです。

ネットでの情報がわかりにくいと感じたり、信用できない場合はギター教室に通いましょう。

独学よりも確実に、そしてスピーディーにあなたの腕前は上達するでしょう。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger