おっさんによるおっさんのためのポケモン

ポケモン映画に3DSを持っていくのを忘れたときの対処方法

 

2018年のポケモン映画「みんなの物語」、あなたはもう見ましたか?

わたしも、もちろん見ましたよ!

そのときの感想はこちら

2018年 ポケモン映画 みんなの物語見てきた!(ネタバレなし)ポケモン、ゲットだぜ!ということで、見てきました!2018年 ポケモン映画 みんなの物語!!!!...

感動的なストーリーに、「ゼラオラ」の活躍っぷり!もうほんと何度でも見たくなる名作です!

ポケモン映画のストーリーの良さは毎年のことですが、それと同時にもらえる特典も嬉しいですよね。

2018年の今年は、前売りチケットでもらえる特別な技と特性を持っている「風のルギア」、劇場のみで配布される「ゼラオラ」と、非常に豪華でした。

わたしも子供と一緒に「ゼラオラ」をもらえるのを楽しみにしていましたが、当日3DSを家に忘れてしまうという、なんともまぬけな失敗をしてしまいました・・・

子供からは怒られ、わたし自身もあまりの不甲斐なさに自己嫌悪のダブルショック><

わたしと同じように、3DSを忘れてしまったという人はどうやら多いようで、「ポケモン映画 3DS 忘れた」といったワードで当ブログに訪れてる人が少なからずいます。

同じように困った人がいるのであれば、なんとかならないかと思い、いろんな方法を探してみたところ、2つの解決策を見つけることができました!

どうしても配布ポケモンが諦めきれない!という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 


3DSを忘れたときの配布ポケモンをゲットする方法

ポケモン映画では、毎年特典として幻のポケモンを配布していますが、3DSを忘れる人が後を絶ちません。

映画館に行く直前までは準備していたのに、時間が押し迫ってきてついつい忘れてしまった。

これはわたしのパターンですが、3DSを忘れた場合、本当に配布ポケモンを受け取ることはかなわないのでしょうか。

ここでは主に2つの解決策を紹介していきますが、ただしどちらもそれぞれ条件が必要です。

さっそくその方法を見ていきましょう。

解決策①映画館に3DSを忘れたことを伝える

こちらは、わたしが実際に試して、無事に解決した方法です。

その方法とは、「見に行った映画館に3DSを忘れたことを伝える」こと。

まずは、かなり手間ですが、3DSを取りに家に戻ります。そこから先程ポケモン映画を見た映画館へとんぼ返りしましょう。

 

うす毛のおっさん
うす毛のおっさん
め、めんどい・・・

 

自業自得なので、めんどうな気持ちはぐっとこらえて、子供の笑顔のために歯を食いしばって耐えてください。

映画館に着いたら、あとはスタッフさんに事情を伝えるだけです。

ただし、劇場内に入るには入場券が必要で、もう一度入るとなれば再度購入しなくてはなりませんよね。

配布ポケモンが受け取れるのは、劇場内のみなので、映画館にいるからと行ってどこでも配布ポケモンを受け取ることはできません。(中には受け取れたという報告もありますが基本的には無理なようです。

つまり、本来であれば入場料をもう一度払う必要があるわけです。

しかし、映画代と言っても家族で見にいけばかなりの金額になりますから、できればそれは避けたいところ。

そんなときに使えるのがこの方法です。簡単かつ、確実な解決策として、映画館のスタッフさんに事情を伝えて劇場内にいれてもらう。

マナーとしてはあまり良くありませんが、わたしの地元の映画館スタッフの方は嫌な顔ひとつせず劇場内に通してくれました。

この対応から察するに、わたしたちの想像以上に3DSを忘れるお客さんが多いのでしょう。

ただ、映画館側に迷惑をかけていることは間違いないので、少しでも手間を減らすために、一度ポケモン映画を見にきたという証拠を提示する必要があります。

・入場券の半券

・配布のしおり

・早期視聴特典(2018年の場合ピカチュウのキーホルダー)

特に半券は必須です。証拠としてはこれ以上のものはありませんので。

3DSを忘れたからといって、自暴自棄になって半券を捨てるのだけは避けましょう。

ちなみに、映画館のスタッフさんが、このような神対応をしてくれるかは確実ではありませんので、断られた場合は次の方法を試してみてください。

解決策②交換でゲットする

正直なところ、この解決策はかなり厳しいです。

どうしても配布ポケモンが諦めきれない人にしかおすすめできませんが、念の為紹介しておきますね。

映画の配布ポケモンのほとんどが「幻のポケモン」なので、基本的に交換でのゲットはハードルが高くなります。

というのも、幻のポケモンは手に入れる機会が非常に少なく、タイミングを逃したら数ヶ月、数年単位でゲットできません。

そんな希少価値の高いポケモンを交換するということは、それ相応のレアなポケモンをこちらも用意する必要があります。

わたしが今現在も探している幻のポケモン「ミュウ」を例にしたのがこちらの記事

【ポケモン】ミュウがほしいいいい(魂の咆哮)【入手方法】ミュウがほしいいいいいいいいい!もう、のどから手が出るほどほしいわけですよ!わたしくし「うす毛のおっさん」は40歳目前の...

こちらの記事を読んでもらえたら、どれだけ幻のポケモンが手に入りにくいのかが分かるはずです。

古くからプレイしているポケモンユーザーであれば、そういった希少価値の高いポケモンを用意することも可能かもしれませんが、わたしのようなウルトラサン・ウルトラムーンから始めたおっさんプレイヤーでは到底無理な話です。

希少価値の高いポケモンを用意する方法は、実はリアルマネーさえあればいくらでもなんとでもなったりします。

その方法はもちろん、それ以外の幻のポケモンゲット方法も上の紹介した記事に書いてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


まとめ

「ポケモン映画をせっかく見に行ったのに3DSを忘れてしまった・・・」

子供もがっかりしますし、自分もがっかりで、映画を心から楽しめないかもしれません。

今回紹介したような解決策もあることにはありますが、できればやはり3DSを忘れないに越したことはありませんよね。

前日に3DSを満タンに充電して、当日持っていくカバンや車の中に入れておく。

子供の笑顔を曇らせないように、しっかり前日から準備するように心がけることが一番の解決策と言えそうです。

ABOUT ME
うす毛のおっさん
30歳を過ぎたあたりから「あれ?おまえアタマやばくね?」と周りから言われるようになりました。 最初は「え!マジで!?」みたいな大きなリアクションをとっていましたが、今ではノーリアクション! うす毛なんか気にしない!・・・つもり Twitter始めたので気軽にフォローお願いします。@usugeburoger